母親の呪縛からの解放『原点』

LINEで送る
Pocket

今日は先日アップされた動画をご紹介。
今年の初物『原点』
2/25にGALWAYで行われたライブでの映像です。

MCでも言ってるのですが、今年のお正月は私にしては珍しく、実家に帰ることができませんでした。
そんな引きこもりのお正月は、自分の過去を遡るという時間を過ごしました。

作詞をするにあたって、かさぶたを剥がす作業、傷をえぐり返す作業を私はよくやりますw
泣きながら歌詞を書くこともある。

…というのも、やっぱり自分の歌に対して誠実でありたいし、人生を見つめた上で自分なりの答えを歌に提示したいから。

「どんなに暗い歌にも希望のエッセンスを必ず入れる」

これはアコギでの弾き語りを始めてからの私の決め事の1つです。

そのようにして生まれた『原点』

娘にとって、同性の母親は厄介な存在であるということはネットでも話題に上がっていることではありますが、うちの場合もそうでした。

割とすんなり生まれた私に比べて、何度かの流産の末やっと生まれた兄は、我が家系で20年ぶりに生まれた男の子であり、おまけに小さい頃は兄は体が弱かったので、それはたいそうかわいがられました。

性格も穏やかで、お母さん子だった兄。

それに比べて、兄ちゃんを馬乗りにして遊ぶわ、口は悪いわ、やんちゃくれな私。
同じ家に生まれてどうしてこうも違ったのかしら。

そういうことで、兄とはいつも比べられて育ってきました。

 

実はこれだけ私が歌にこだわるのは、自分が歌が好きってことは大前提ですが、中学生の時家族でカラオケに行った際に母が兄の歌ばかりを褒めたことにかなり嫉妬したということがあります。

後に、高倉健が文化勲章をもらった時のインタビューで「私は母親に褒められたことがなく、それだけを目標にやってきた」という言葉を聞いて、自分の執着は悪いことではなかったんだと思いましたが。

兄は中学でも高校でもクラスで1位2位を争うような優秀な学生でした。
私もそれなりに頑張りましたが、兄ほどではなく。
おまけに中学時代~高校時代は反抗期も重なって、早く家から出たいがために大学進学を志します。

そういった流れで今日まで生きてきました。

もちろん今私の目の前にある幸せな生活は、そうやって歩いてきた一歩一歩の積み重ねで、1cmでも違う方向に歩いてたら今の私はいないので、今更過去をどうこうと言う気はありません。

でも、私も大人になり、姪っ子や甥っ子がいて、自分もできたら親になれたらいいなと思っているところで、あの時苦しかった自分はどんな言葉が欲しかったんだろう?とずっと考えていました。
そして、この『原点』の歌詞を考えているうちに、

あの時の私みたいに今苦しんでいる中学生や高校生がいるとしたらどんなメッセージを残せるだろう?

そんな風に思いました。
だからこそ、あえて分かりやすい言葉で、中学生の自分に歌ってあげる気持ちで歌詞を書きました。

そうそう、先日電話で
「『原点』の動画見たよ〜」と母。
恐る恐る「どうやった?」と聞くと、
「あの時からあんたとのバトルは始まっとったんやねぇ。でもいい歌と思うよ」と。

私も一生懸命やったけど、母も同じように一生懸命だったんだとは思っています。
・・・バトルねw
こんな風に客観的に母のことを考えられるようになるまで30年もかかりました。
でもこれでやっとあの時の呪縛(ずっと抱えてきた母親に対するわだかまり)から解放されたような気がします。

私は言われたことを真っ正面から受け止めるような素直な子やったんですが、世の中はそれじゃやっていけないってこともやっと分かってきたし。

だから、もし母親との関係性について悩んでる人がいるなら、「まともに受け取らず意見の一つとして捉える」ということを意識すると冷静でいられるのかなと思います。
他人だったらできるんやけど、母親の言葉の力って絶大やから、それができたら苦労はしないんやけどね。。汗
心配してくれていると分かっているからこそ悩むんよね。
だから、そこは感謝するとして。
口喧嘩してお互い嫌な気持ちになって、母親の心配性がエスカレートしてしまうと元の木阿弥やから、「心配してくれてありがとう、でも大丈夫。私はこう生きるわ」って、キラッキラの笑顔で母親を黙らせる方がいいと思う!

『LIFE IS ONCE〜転がっても進んでくんだ〜』の歌詞にも「遠くで見守ってる人がいるから 強がったって笑ってるんだ」と書きましたが、これからも私は強がったって笑っていようと思っています。

なんかよく分からんブログになりましたがw
中高生に向けて作ったつもりが、このブログを通して大人向けになったらしいwww

でも、
中高生や、母親との関係に悩む女性、そして中高生を持つお母さん、
1人でもこの歌を聴いて心が楽になってくれたら嬉しいです。

7518836368_img_0865.jpgでは、今日はこのへんで。