Canon EOS Kiss X9で初心者が月の撮影してみた(ISO感度別比較)

夫婦円満ユーチューバーKŌJIYA 嫁のじゃばみ(@jabamichan)です。

 

先日のこと。外を見たらきれいな満月が。

スマホでは月はきれいに撮影できないってことは前に試したことがあるので知っていました。

じゃあ、一眼レフで月を撮影したらどうなんだろうと試してみることに。

 


 

【月の撮影には予備知識が必要】

 

はい、これが素人じゃばみが予備知識ゼロで撮った写真です。

IMG_1187

 

はっはっはwwwwwww

 

きれいな満月ってことだけは分かるwwwwwwww

これじゃスマホと変わらんwwwwwwww

 

 

カメラは以前このブログで書きましたCanon EOS kissX9

関連記事 雪辱の卒園式!!初心者の私がキャノンEOS Kiss X9を選んだ理由

 

ちなみにレンズは55-250mmの望遠を使用です。

 

やっぱり、もーっとすごい望遠レンズじゃないと撮れないんじゃん、とがっかりして夕食の洗い物をしていたら、相方がごそごそと動き出した。

これ見てーと相方が撮った写真を見たらなんと!
IMG_1197えー!!?これどうやったん??すごいきれいに撮れてる!!!

相方曰く、グーグル先生はなんでも教えてくれるんだとw

 

とりあえず、撮影する時に気にしなくちゃいけないのが、シャッタースピード、ISO感度、絞り数値みたい。

 

で、よくわからんので今回はISO感度にだけ焦点を当てて、写真を比較してみたいと思います。

じゃあ、ISO感度って一体何という話なんですが、私も調べてコピペな知識になっちゃうので割愛!

 

とりあえず、シャッタースピードと絞り値を一定とすると、ISO感度は露出(写真の明るさ)を調整する値と言えそうです。

 

 

それと、初心者はカメラやレンズのことばかりに気を取られがちですが、意外と盲点なのが三脚の重要性

特に暗い場所での撮影は写真がブレやすいので、三脚は必須アイテムですよ!

そこでおすすめなのが、ベルボンの自立式一脚。

必要に応じて一脚、ミニ三脚、自立式一脚として利用できる優れもの。

狭い場所でも安定感があるので、ベランダでの撮影はもちろん、入学式・運動会などの混雑した場所でも省スペースでオッケーなのでいろんな場面で活躍してくれます^^

大きな三脚だと人の多い場所で広げるのは気が引けますが、この一脚なら安心して使えますよ。

 

さて、道具の準備ができたら、月の撮影にチャレンジしてみましょう!

 


 

【初めてのISO感度】

 

では、さっそく、シャッタースピード1/500、絞り数値F8.0で比較してみます。

上の値については、富士フィルムさんの月の撮影に関する記事を参考にしました。
参考URLhttp://fujifilm.jp/support/information/moon/

 

以下、写真はトリミングして月が大きく見えるよう加工しています。

ISO100 IMG_1207

ISO200IMG_1209 ISO400IMG_1210 ISO800IMG_1211 ISO1600IMG_1212

 

だんだん明るい写真になりましたね!

まだまだ全然知識がないので説明ができずに申し訳ないです。。。

 

何か役に立つ比較ならいいのですが。

とりあえず、ISO感度は写真の明るさを調整するものっていうことはわかりましたね!笑

日の出と違って、月は比較的ゆっくりと時間をかけて撮影できるので、今回はISO感度のみいじってみましたが、いろんな数値をさわることでカメラにより早く慣れることができるんじゃないかなと思います^^

 

しかしながら相方がいなかったらせっかくのカメラを宝の持ち腐れにしてしまうところでした。。。苦笑

 

 

さて、この月、どこまできれいに撮れてるんでしょうかね。

引き伸ばしてみると・・・

IMG_1214

アップにしてみると、クレーターの凹凸まで写っています。

 

改めて、カメラの性能の良さに驚愕。

こんな私でも知識さえ身につければ(それが一番難しいw)月だってこんなにきれいに写真撮れるんだ!!と嬉しく思いました。

 

今後のスーパームーンやなんかの時には絶対に良い写真を撮るぞ!!とモチベーションも上がりまくり。

 

カメラ、本当に面白いです。

また新たな発見があったら随時アップしていきたいな〜と思います。

 

 

 

さて、後日花火大会の撮影に挑んだ私ですが、それについての関連記事では三脚の重要性をもっと知っていただけるのではないかと思います。苦笑

是非合わせてご覧ください。

↓↓

関連記事 【失敗談】初心者が花火大会で花火を撮影したらこうなった

 

では、今日はこのへんで。