じゃばみの作った音楽を紹介してます!ここをタップしてね!

【大阪・梅田】ふるさと山口の味を求めて「瓦そば すずめ」に行ってきました

瓦そば すずめ

じゃばみ(@jabamichan)です。

私は山口県の萩市出身。

たまたま西宮で知り合った宇部市出身の友達が、大阪で山口の郷土料理「瓦そば」が食べられるお店があると教えてくれたので、行ってきました。

この記事で詳しくご紹介します。


【瓦そば すずめ とは】

瓦そば すずめ

店は、各線梅田駅から徒歩10分の場所にあります。

事前に調べたところ、席が17席しかないとのことだったので、予約をして行きました。

外観は、ちょっとビビってしまいそうな上品なたたずまい。

中に入ると和装のお姉さんが案内してくれました。

瓦そば すずめ

テーブルにつくと、瓦をイメージするコースターと箸置きが。

大きいお店ではないものの、店内は落ち着いた雰囲気があって、大人なデートにもぴったり。


【瓦そば とは】

口県ではメジャーな食べ物ですが、知らない人も多い「瓦そば」。

具体的にどんな料理かと言うと「錦糸卵や甘辛く炊いた牛肉が上にのった、焼き茶そば」といったところでしょうか。

西南戦争の時代に、野戦で食べられていたのがはじまりと言われています。

食べ方は、つけ麺のように、麺つゆにつけていただきます。

山口県内のスーパーでは、麺つゆと蒸した茶そばがセットになったものが焼きそばの付近に売られています。

うちでもよくホットプレートで作って食べていました。

瓦そば

上の写真が、お店でいただいた瓦そば。

実家で食べたものより上品!

甘辛いお肉とふんわり卵、茶そばの香りをいっぺんに楽しめます。

レモンともみじおろしも合う。

なんでこんなにおいしいのかな〜と思ったら、甘み、酸味、塩味、苦味、うまみの「五味」が楽しめるからなんだと思います。

ぜひ全国のみなさんに食べてほしいです。


【瓦そば以外にも郷土愛を感じるメニュー】

そばのお店ではありますが、それ以外にも山口の郷土愛を感じるメニューが楽しめました。

萩の特産品、夏みかんのサワーと、茶そばスナック。

ぷりっぷりの宇部かまぼこ。

山口の日本酒も!

瓦そばをつつきながら、友達とのトークも進み、本当に楽しい時間を過ごすことができました。


【瓦そば すずめのお店情報】

瓦そば すずめ

 

住所:大阪市北区太融寺町1-9

(各線梅田駅より徒歩8〜10分)

 

席数:17席(カウンター9席・テーブル4×2席)

関連リンク 瓦そば すずめ ホームページ

山口出身の人もそうでない人も、ぜひ行ってみてくださいね。

この記事が参考になりましたら幸せます。