お彼岸ってなあに?YouTube紙芝居でお彼岸を楽しもう♪「もちろん!!もちのすけ」

夫婦円満ユーチューバーKŌJIYAの嫁 じゃばみ(@jabamichan)です。

さて、もうすぐお彼岸なんですが、みなさんはお彼岸って何のことだか知っていますか?

 

今日はお彼岸についてお話しつつ、KŌJIYAが丹精込めて制作しておりますコンテンツ、「もちろん!!もちのすけ 第9話探し物で肝だめし」のことをご紹介したいと思います。

 

※「もちろん!!もちのすけ」は、KŌJIYAが脚本・イラスト・編集・音楽・声優の全てを手がける完全オリジナルのデジタル紙芝居です。(効果音だけは無料素材を使用させていただいております。)

 

江戸時代の西宮を舞台に主人公もちのすけが繰り広げるほのぼのストーリーは、大人から子どもまで幅広い世代に楽しんでいただけます。

 

毎月最終日曜日に配信しております。

 

 

もちろん!!もちのすけ 第9話「探し物で肝だめし」はこちらです。


 

 

【第9話のテーマ、お彼岸とは】

 

 

9月ということもあり、お彼岸をテーマにしてみました。

お彼岸ってお墓まいりという漠然としたイメージがあったんですが、具体的にどんな日なんでしょうか。

 

調べてみると、

秋のお彼岸は「秋分の日」を中日として前後3日間、計7日間のことをさすようです。

今年(2018年)で言うと、9月20日〜9月26日ということになりますね。

秋分の日というのは、昼と夜の長さが等しい日。

そんな秋分の日には、「彼岸(あの世)とこの世が通じやすくなる」とのことで、この時期にご先祖を供養することで、ご先祖が迷いなく冥福に導かれるよう願う風習ができたようです。

※春のお彼岸は、秋分のところを春分にしてください。

 

海外にはたくさんの仏教国がありますが、彼岸という概念は四季のはっきりしている日本独特の文化だといえますね。

参考 2018(平成30)年春秋のお彼岸、期間はいつからいつまで?

 

 


 

【第9話のみどころ】

 

 

「もちろん!!もちのすけ」第9話のみどころですが、

お彼岸といえばお墓、お墓といえば・・・

で連想してみると、やっぱり肝だめしですよね^^

 

じゃばみ、こんなベッタベタな作品づくりが大好きなのです。笑

最近のお話って奇をてらいすぎてて、しんどくないですか?

なので、私の作品は歌でもお話でも、悪く言えば「ありきたり」だけど、良く言えば「安心できる」ものです。

ドキドキするというよりかは、ほっとするようなアーティストなのであります!

ほら、なんじゃこれっていう創作料理の中に、お母さんの卵焼きが入ってるようなもんです。笑

 

 

・・・コホン。

 

さて、もちのすけの話に戻りますが、今回は視聴者のみなさんが、一緒に驚き、楽しんでいただけるように、動画編集にも工夫をこらしました。(相方がね。笑)

是非ご覧ください♪

もう一度動画を貼り付けておきますね。

気に入ったらチャンネル登録・高評価よろしくお願いします!

 


 

 

さて、昨年の11月から配信を始めたYouTube紙芝居「もちろん!!もちのすけ」、次回やっと記念すべき第10話を迎えます!

毎回締め切りとの戦いですが、楽しく制作できているのも、観ていただいているファンの方がいてくださるからです。

本当、ありがとうございます^^

 

これまでのお話は、後から思い返してみれば、イントロダクションみたいな位置づけなんですが、第10話からはストーリーが少しだけ展開していきます!

西宮の文化、そして江戸時代の文化を盛り込んだお話をどんどん作っていけたらいいなぁと思っていますので、是非次回もお楽しみに。

そして、お彼岸の時期には、ご先祖様に感謝しましょう^^

 

では、今日はこのへんで。