萩で買える山口のういろう「豆子郎」食べてみた

夫婦円満ユーチューバーKŌJIYAの嫁 じゃばみ(@jabamichan)です。

山口の外郎(ういろう)と言えば、このブログで以前ご紹介しました御堀堂の外郎が私は一番おすすめなんですが・・・

 

とは言うものの

じゃばみ

他の外郎を知らずして御堀堂が一番おすすめだなんて説得力がなさすぎる!

ということで、萩に帰省したついでに買ってきました!

 

ひとつ ふたつ み〜つけた〜♪

とうしろうさん とおりゃんせ〜♪

のCMで山口県民にはおなじみの豆子郎(とうしろう)の外郎を今日はご紹介します!

 


 

 

【豆子郎の外郎ってこんなん】

 

こちらが豆子郎で売っている外郎です。

こちらの特徴は、あずきと抹茶の2種類が1セットになっているというところ。

そして、女性でもパクッと食べやすいスティックタイプになっています。

いろいろな味を食べてみたい人には嬉しいサイズ感です。

特に女性って、いろんな味をちょっとずつ食べたいって人が多いと思うので、見事にニーズに答えた商品だなと思います。

 

今回は日持ちがする真空パックを購入しましたが、お店には生タイプの外郎も売ってあります。

日持ちは真空パックで10日ほどだったと思います。

 

それではさっそく食べてみましょう^^

お!

豆子郎の外郎には、あずきの粒が入っていますね^^

お味は滋味深い御堀堂とは対照的で、さっぱりとした味となっています。

もちもち・ぷるっと感は御堀堂の方が強いかなと感じました。

山口の外郎はわらび粉で作られているのが特徴なんですが、配分の違いが個性を生み出しているんですね。

 

パッケージをよく見ると

温めると尚一層美味しく頂けます」との文言が。

 

試しにレンジで10秒。

熱々をいただいてみました。

そのままより温めた外郎の方が柔らかく、口当たりが良いです^^

なるほど、豆子郎の外郎はあったかい方が本領を発揮するようです。

外郎もお店によって違うので、お気に入りの外郎探しをしてみても楽しいですね♪

 


 

【豆子郎の名前の由来】

 

さて、この豆子郎、名前の由来を調べてみました。

昭和23年に創業した豆子郎、創業者は元々満州鉄道に勤務するエンジニアだったが、終戦で帰国した後、大好きだった外郎を売っていた老舗のお店が廃業すると聞き、自ら外郎を作ることにチャレンジしたことが始まりだったそう。

どシロウトが開発した豆入りの外郎・・・ということで、

どシロウト→トウシロウ→豆子郎

っていうことだったんですね。

また、おごることのないように、初心を忘れない戒めの意味もあるようです。

 

↓こちらのページを参考にしました。
参考 原材料にこだわる株式会社豆子郎【第115回】ATACSグループ

 

エンジニアから和菓子職人への転身は、それは苦労の連続だったと思います。

でも、エンジニアの人って結構分析が得意だったり、推測と実行と修正の繰り返しが生業みたいなもんだと思うのであながち離れた職業じゃないのかもね・・・

それよりも、創業者の外郎愛がすごい!!と思いました^^

 

そして、食べやすさのこだわりは、ともに創業した奥様の意見が反映されたのでは?と想像をふくらませました。

私たち夫婦もユーチューバーとして活動しているわけですが、豆子郎さんの創業者も夫婦円満だったのかな〜^^

 

 


 

【萩で外郎買うなら豆子郎です】

 

外郎って、山口の山陽方面はお店がたくさんあると思うんですが、私のふるさと萩は山陰でして、山陽に比べたら人口も少ないし、お店も少ない。

ってことで、外郎が買えるお店って限られてるんですよね。

私の一番好きな御堀堂の外郎は山口市まで行かないと買えないのです。

 

というわけで、萩に店舗をかまえて販売してらっしゃる「豆子郎」さんは、萩の外郎ファンにとっては救世主みたいな存在だと思います。笑

 

こちらの店舗は、菊ヶ浜の向かいにあるお店です。

 

 

ちなみになんですが、菊ヶ浜って萩が誇るこんな美しい海です!


よかったらチャンネル登録お願いします♪

 

 

豆子郎の菊ヶ浜店では、ご丁寧にお茶を出していただいて、お客さんへの心遣いがしっかりとしたお店だなと感じました。

御堀堂ばっかりじゃなくて、豆子郎もいいなと思った私でした。笑

 

さて、気になるお値段ですが、豆子郎さんのホームページではご進物に使われる方のために非公開となっております。

なので、私も公開するわけにはいきません。笑

あずきと抹茶の2種類がいただけるっていう点、パッケージも高級感があるという点で、御堀堂より高い値段設定なのかなと個人的には思っています。

それだけお客さんからの信頼感を勝ち得ているってことですね。

関連リンク 豆子郎 ホームページ

 

是非、みなさんも豆子郎の外郎を食べてみてくださいね^^

 

 

こちらの記事もよかったらご覧ください♪
【山口みやげ】ういろうは御堀堂を買えば間違いなし!

では、今日はこのへんで。