知る人ぞ知る山口県の鮎専門店 竹泉で高コスパの鮎定食

夫婦円満ユーチューバーKŌJIYAの嫁 じゃばみ(@jabamichan)です。

今日は私のふるさと、山口県萩市のお隣、阿武町にありますちょっとコアな鮎の専門店をご紹介します。

 

その名も「竹泉」

山口県阿武郡阿武町奈古河内452にあります。

奈古駅周辺の住宅街を離れ、車でドライブすること約15分。

こんなところに・・・と不安になりそうな山中にあります。笑

駐車場となっている敷地には、キウイや栗の木なんかが生えていて、自然豊かな場所です。

我が家では、お盆に家族で食事に行くのが近年の定番になってきました。

生けすでは鮎が元気よく泳いでいました。

こちらでは鮎の養殖をされているようですね。

厨房からおじさんが網ですくいに来ていました。

 

では、さっそく店内へ。

 


【竹泉の雰囲気は飾らない昭和レトロなお座敷スタイル】

 

 

私が行ったのはお盆で、竹泉の営業期間のうちで一番混み合う時期だと思います。

と言うのも、竹泉は6月中旬から11月中旬の期間限定の営業だからです。

ふるさとに帰省した親戚一同で来店するという人が多いんでしょう。

この日も満席でしたが、母が予約を取ってくれていたのですぐに座れました。

他のお客様の迷惑になってもいけないので、店内写真はこの1枚のみになりますが、雰囲気が伝わるでしょうか。

テーブル席もありますが、お店の大部分は背の低い座卓が並んでいて、大人数でも座れるような感じになっています。

ちなみに、扇風機はありますがエアコンはありません!

8月の猛暑の中、店内は蒸し地獄・・・なのかと言うとそうでもありません。

山中にあり、平地よりは気温が低いということもありますが、その涼しさの秘密はお店の外にありました。

 

窓の外を覗くと、雨が降ってるわけでもないのに、上から水が降っているんです。

実は、このお店、屋根と屋根の間に水が流れるような仕掛けがしてあり、そのおかげでエアコンがなくても過ごせるようになっているんです。

外から見るとこんな感じです。

実にエコ。

現在はどこのお店に行ってもエアコン完備で過ごしやすいのがスタンダードになっていますが、逆に言うとせっかくある日本の四季をどこに行っても感じられないということでもあります。

夏は暑いって当たり前のことなんですけどね・・・

(ちなみに私は今年の夏はほぼエアコンの効いた我が家で過ごしました。苦笑)

 

・・・そういうわけで、真夏に竹泉に行くと正直暑いです。汗

でも、「それも雰囲気や」と楽しめるような心の広さが、お客さんにもあってもいいかなと思います。

ちなみに、お店で働いている方々の接客もお客さんファーストとは決して言いがたいんですが、それも竹泉の味のうちかな、と私は思うことにしています。

 

そう、それを押しても食べたい鮎定食なんです!!笑

 

 


 

【竹泉の誇る高コスパ・絶品の鮎定食】

 

それでは、そのイチオシの定食をご紹介します!

まずは鮎のせごし

新鮮な鮎でないとせごしでは食べられません。

きっとさっきまで生けすで泳いでいたんでしょう・・・いただきます!!

ポン酢をつけていただきます。

噛むとぷりっとした身の食感とサクサクとした骨の食感が同時に楽しめて非常に美味しいです。

付け合わせの玉ねぎのスライスとの相性もバッチリです。

 

次に出てきたのは鮎のフライ。骨せんべい(写真は4人前)もついてきました。

もともと淡白な味の鮎、フライも美味しいに決まっています。

ざくざくとした衣の食感と、中からじゅわっと広がる鮎の脂は絶品です。

 

続いて、定番の鮎の塩焼き。(写真は4人前)

ふっくらジューシーに焼きあがった鮎は、塩加減も絶妙で本当に美味しいです。

やっぱり私は、鮎は塩焼きが一番やと思います。

鮎の塩焼きの上手な食べ方
頭を押さえて、お箸で体の部分を外から内につかむようにして身をほぐし、骨が切れないように頭と身を切り離して頭を引っぱるときれいに頭から骨の部分が引っこ抜けます。※うまく説明できてなくてすみません。。

 

そして極めつけの鮎ごはんとお吸い物

そして、最後にスイカも出てきました。(写真は3人前)

少なくとも鮎3匹は食べられる定食です。

お腹いっぱいで大満足。

 

気になるお値段は冒頭の店内写真に映っておりますが、2200円と破格のお値段なんです!

ちなみに、関西圏で鮎の定食を食べようと思ったら多分5000円はすると思うんですよ。

 

これだけでもお盆に帰省する価値はあると思っています。(・・・コラ!)

 

 


 

 

そんな感じで高コスパな鮎定食がいただける竹泉ですが、繁忙期はお料理が出てくるのに結構時間がかかります。

なので、時間にゆとりを持ってのんびりとした気持ちで行くのがいいかなと思います。

 

実際、私が小学校の時に(もう20年以上前の話ですが)両親と行って、いつまでたっても料理が出て来ずに待ちきれなくなった父が怒って食べずに帰ってしまったことがあります。苦笑

期間限定のお店なので、中で働いている人も臨時で慣れない仕事なのかなと思いますが・・・^^;

 

そんなこともありましたが、それでもまたリピートしてしまうお店なんですよね。

せっかくのお食事なのでゆったりとした心構えで、待ち時間も楽しみたいですね。

 

そして、補足ではありますが、竹泉のトイレは外にあります!

お座敷なのでわざわざ靴を履いて行かないといけないので、済ませてからお店に行く方がいいかなと思います。

(私は怖くてこのトイレ入ったことありません・・・笑)

夜は多分もっと怖い・・・

ま、こんなのも田舎ならではでいいでしょ。

 

そして、もう1つ。

facebookで気になる情報を入手したんですが、こちらの竹泉のイチオシ商品はまさかの「プリン」なんだとか!!

いつか食べてみたいな〜と思います^^

 

てか、鮎ちゃうんか〜い!!!!!

 

【お店情報まとめ】

竹泉
住所:山口県阿武郡阿武町奈古河内452
営業期間:6月中旬〜11月中旬
営業時間:11:00〜21:00(L.O.20:00)
電話番号:08388-2-2829
※期間限定のお店なので、営業日はお店に行く前にお電話にてご確認ください。

 

ちなみに、萩から島根県にかけてはツーリングされている人には人気のエリアとなっています。

私も大学時代に二輪で走ったことがありますが、日本海側の美しい景色を楽しみながらゆったりと走れるコースなんです。

ツーリングやドライブのお昼休憩に、(ちょっと寄り道ではありますが)鮎の絶品定食はいかがでしょうか^^

このブログをご覧のみなさんにも、是非高コスパ鮎定食に感動してほしいなと思います!

 

では、今日はこのへんで。