西宮酒ぐらルネサンスと食フェアってどんなイベント?

夫婦円満ユーチューバー KŌJIYA じゃばみ(@jabamichan)です。

突然ですが、みなさんは日本酒は好きですか?

 

私は西宮市に住んだことがきっかけで酒造りの文化を知り、今では大の日本酒好きになりました。

そうして実家の山口県萩市に帰って改めて地元のお酒について知ったり。

そもそも、私たち夫婦でやってるユーチューバーユニットKŌJIYA(こうじやと読みます)の名前の由来は、江戸時代から続いている私の実家の門名なんですが、つい最近、うちの実家がかつてこうじを販売していたことがあったということを知りました。

そういうわけで、大げさかもしれませんが、日本酒を通じていろんな出会いがあることに運命的なものを感じております。

なので、日本酒の魅力をもっともっとたくさんの人に知ってもらいたいな〜と常々思っているのですが、今日は、私の住んでいる西宮市で毎年開催されております恒例の「西宮酒ぐらルネサンスと食フェア」についてご紹介したいと思います。

 


 

【2019年西宮酒ぐらルネサンスと食フェアはいつ?】

 

2019年の西宮酒ぐらルネサンスと食フェアは10月5日(土)と6日(日)に開催されます。(終了しました。)

 

【2019年 西宮酒ぐらルネサンスと食フェアの開催時間】

 

10月5日(土)12:00~19:00

 

10月6日(日)10:00~18:00

 

雨天決行

 

詳しくは西宮商工会議所のホームページをご覧ください。
西宮商工会議所のホームページはこちら

 


【西宮酒ぐらルネサンスと食フェアってなあに】

 

西宮酒ぐらルネサンス

西宮酒ぐらルネサンスと食フェアは、10月1日が日本酒の日であることにちなんで、毎年10月初旬に西宮神社で開催されるイベントです。

西宮の各蔵元と神戸の蔵元が一堂に会し、有料試飲ができるというもので、小さいプラカップに100円〜300円ほどでお得に味見ができちゃうという日本酒ファン必見のイベントなのです。

 

実は、2015年までは有料ではなく無料の試飲だったんですが、さすがに来場者数が多すぎて大赤字だったようで、2016年からは有料試飲になりました。笑

もともとは阪神淡路大震災の復興を願って始まったイベントだったようなので、ようやく有料にすることができたと考えていいでしょうかね。

今まで復興のために頑張ってこられた酒蔵を、今度は我々お客さんが盛り上げていく番ってことですね!

 

さてさて、そんな「西宮酒ぐらルネサンスと食フェア」ですが、私の相方のようにお酒が飲めない人にも十分に楽しんでいただける内容になってますよ^^

神社境内では、西宮市内の飲食店や団体による物販やフードの販売があったり、音楽ライブや神楽、大道芸など楽しい催しがあります。

 

そして、このイベントは神社の中だけにはとどまりません。

西宮神社の東に位置します西宮中央商店街では「戎参道まつり」と称してステージやミニ屋台があります。

 

他にも、無料ループバスが運行され、酒蔵地帯を実際に見に行くことができます。

神社境内はかなり混み合いますので、ゆったり楽しみたいという方はサテライト会場でしっぽりと楽しむのも全然アリです!

無料ループバスに関しては、時刻表がのっているパンフレットを持ち歩くのが一番使い勝手がいいかなと思います。

パンフレットは、イベント日が近くなると阪神西宮駅戎口改札前の「阪神西宮おでかけ案内所」に置かれると思います。

(もちろんイベント中は西宮神社内総合案内にも置いてると思います。)

 

 

とは言え、酒ぐらルネサンスの西宮神社がどんな雰囲気か知りたいですよね??

ということで、続きまして神社境内の様子をご紹介したいと思います。

 


 

【西宮酒ぐらルネサンスと食フェアの雰囲気】

 

混み具合はこんな感じ

 

2019年の酒ぐらルネサンスは、以前と配置が変わって、飲食店の屋台と日本酒の販売ブースが1箇所にまとまっていました。

食べ物や飲み物を買うお客さんと、飲食するお客さんで境内はかなり混雑していました。

写真を撮るのも一苦労なほどです。

2018年は台風で中止だったので、その反動もあったのでしょうか。

それにしても、年々来場者数が増えているような気がします。

写真を見てお分かりのように、子供と一緒でも楽しめるようなお祭りです。

 

通路の両サイドにはレジャーシートを敷いてくつろぐ人がたくさん。

荒えびすの時にもこんな状態になるので、見慣れた光景ではあります。

くつろぐのはいいんですが、飲みすぎて人に迷惑をかけるなんてことにならないようにご用心を。

 

酒蔵ブースもご覧の混み具合。

有料試飲も楽しんでほしいですが、日本酒ファンとしては、気に入ったお酒があったら瓶も買って帰ってね、ということをお伝えしたいです!(あんた誰やねんですけど)

 

トイレはこんな感じ

 

2019年には赤門(正門)近くのトイレが建て替わって綺麗になっていました!

西宮神社 トイレ

綺麗に利用して快適に楽しみたいものですね^^

ただ、入場者に対して十分な数とは言えないと思いますし、阪神西宮駅周辺には公衆トイレがないので、なるべく済ませてから行くのがいいと思います。

 

喫煙所は?

2019年には、上の正門前トイレの横と、手水舍の横に喫煙所が配置されていました。

ただ、兵庫県の受動喫煙に関する条例によって、今後どうなるかはわかりません。

お出かけ前にご確認をお願いします。

 


 

【西宮酒ぐらルネサンスと食フェアに持って行くと便利な物】

 

これまでイベント内容について書いてまいりましたが、毎年行っている私だからこその、西宮酒ぐらルネサンスと食フェアを最大限に楽しむために、持って行くと便利なものをご紹介したいと思います。

ウェットティッシュ・ハンカチ

有料試飲はプラカップになみなみ注いでもらえるんですけど、人混みの中でプラカップを持って飲む場所を探しているとどうしてもこぼれちゃったりします。

なかなか手を洗いに行くのもしんどいので、ウェットティッシュがあると便利だと思います。

 

和らぎ水

一般的に「和らぎ水」って言葉はあんまり使われていないんですが、和らぎ水とは日本酒の合間に飲む水のことです。

チェイサーとも言うかしら。

 

水でもお茶でも、かばんにペットボトルを1本しのばせて行きましょう。

和らぎ水は、次のお酒を飲む前に口直しができるので、たくさんの種類を飲みたい人は持っておくべき。

また、深酔いを防ぎ、二日酔いの予防にもなります。

私も飲むのを忘れていつも反省してしまいますが、日本酒を飲む時のエチケットにしてもいいなと思うくらい大事です。

 

場内でも和らぎ水を買うことができますので、忘れてもご安心を。

 

自分の荷物が入る大きさのレジ袋やビニール袋

 

飲食ブース付近は大変混雑するので、無事に買ったとしても食べる場所に往生してしまったりすることも。

荷物を持っていたら余計に困ってしまいますよね。

そんな時にレジ袋があれば、自分の荷物を入れて足元に置くことができ、落ち着いて食べ飲みすることができます。

西宮神社で食べ飲みする場所は地面が砂なので、レジ袋1枚で劇的に過ごしやすくなると思いますよ!

 

レジャーシートに関しては、私個人の意見ですがおおっぴらにはオッケーとは言えないと思うんですよね。

場所取りした人が陣取ってしまうと、後から来場される方が均等に楽しめないような気がして。

まあそのへんは個人の判断にお任せします!

お酒のお祭りですし、お互いにマナーを守って気持ちよく、楽しみましょうね。

 

雨具・タオル

10月と言っても最近は気温の高い日もあります。

急に天気が変わるなんてこともあるので、雨具を持っておくと安心です。

 

 

是非参考になさってください^^

 

 


 

西宮酒ぐらルネサンスと食フェアって、今年ももうそんな季節か〜

って風に、毎年秋の訪れを感じさせてくれるイベントです。

 

秋は夏を越えて熟成されたひやおろしが美味しい季節でもあるし、新しい日本酒の仕込みの時期でもあります。

日本酒が味わえることに感謝して、楽しみたいものですね^^

 

この記事をご覧のみなさんも、お出かけの際にはぜひお気に入りの西宮郷の日本酒を見つけてくださいね!

 

では、今日はこのへんで。