山口県民も愛してやまない「マンハッタン」久しぶりに食べてみた

夫婦円満ユーチューバーKŌJIYA 嫁のじゃばみ(@jabamichan)です。

私、ふるさと山口県萩市から兵庫県に移り住んで早15年。

もうすぐ生まれ育った山口県よりも兵庫県民でいる方が長くなるな〜・・・なんて物思いにふけったり。

 

とは言うものの、やっぱり生まれてから高校時代まで過ごしたふるさとっていうのは、私っていう人間に色濃く反映されていて。

15年経った今でも、私の気を引き続けるのです。

 

最近妙に山口県の食べ物、特に小さい時に食べていたものが恋しいのです。

 

 

そんなわけで今日は、最近食べた懐かしの食べ物をご紹介します。

 


 

 

【関西では見ることのないマンハッタン】

 

ここまで山口県押しな文章を書いていて恐縮なんですが、今日紹介する食べ物は山口県発祥ではありません。笑

山口県は本州と九州の間に位置していますが、両隣が広島県と福岡県というめっちゃ個性の強い県に挟まれています。

ちなみに、プロ野球は全国放送をやっている巨人ファンと、割と観戦しに行きやすいためか広島ファンが多い印象です。

また、福岡の企業だからかホークスの音楽が流れているスーパーがあります。

そんなところなので、山口県には広島と福岡の文化が少しずつ入ってきているんですね。

 

というわけで、今日ご紹介するのは、福岡の企業 株式会社リョーユーパンの「マンハッタン」です。

リョーユーパンは、山口県民は遠足でパン工場に見学で行くところだと私自身は認識しております(定かではありませんが・・・)

私自身、小学校の遠足で工場見学に行って、おみやげにメロンパンをもらって帰った記憶があります。

フジパンやヤマザキといった全国展開しているメーカーは除くとして、関西でパンと言えば「神戸屋」なんかなと思いますが、山口県民にとってそれがリョーユーパンなんだと思っています。

 

 

前に山口県出身の友達と飲みに行った時、話題に上がったのがこの「マンハッタン」。

「関西では全然見ないよね〜」

「また食べたい〜」

そんな会話になるほど、人気のパンなのです。

 

実家に帰省した際、運良く思い出してスーパーで買って戻りました^^

早速いただきました。

 

パン・・・というより堅揚げしたドーナツにチョコレートをコーティングしたものなんですが。

本来は袋のままかじりつくのがいいんですが、写真用にわざわざ袋から出しました。笑

ザクザクとした食感に、チョコレートの甘さが非常にジャンクな感じでいい!!!!!

そうそう、この味!!

 

部活とかで疲れてお腹すいた時に食べると、疲れが癒える上に満足感が半端なかったのを覚えています。

1個あたり430kcalと大人にはちょっとハイカロリーですが、食感が楽しいのでそんなの気にしないでペロッと完食しました。笑

 

改めて調べてみると、この「マンハッタン」は1974年に発売された商品なんだそう。

なんと、私より10年も先に生まれていました!

ニューヨークのマンハッタンで売られていたものを参考にして作られたとのこと。

ドーナツとかプレッツェルとかそういう食べ物を参考にしたんでしょうかね^^

 

多分最後に食べたのは中学生くらいじゃないかと思うので、実に20年ぶりにいただきました。

感動です。

リョーユーパンのホームページを見てみると、カフェオレ味のマンハッタンもあるみたい。

今度帰省するときは、カフェオレ味も試してみたいなと思います^^

 

ちなみに、この「マンハッタン」、かの有名なグルメ漫画『クッキングパパ』第61巻に描かれているようです。

リョーユーパンのホームページに載っているので是非見てみてください^^

リョーユーパン ホームページ

 

姫路に出張所があるようなので、姫路まで行けばお目にかかれるのかしら。

 

 

 


 

 

今回はリョーユーパンの「マンハッタン」をご紹介しましたが、もう1つどうしても食べたいのに関西に売っていないものがあるんですよ。

いつかまた、運良く思い出してゲットできたらご紹介しようと思います。笑

 

今まで当たり前に買えると思ってたものが、関西に来ると売ってないってことに気づいたときには

「あ・・・あたしずいぶん遠くにやって来たんだな」

って思いました。笑

 

そういうわけで、山口県に旅行しようと思う人には是非おすすめしたい商品の1つです^^

40年以上にわたって愛され続けている「マンハッタン」。

見つけたら是非ご賞味くださいね♪

 

 

では、今日はこのへんで。