西宮神社 十日えびすを100倍楽しむために知っておきたい豆知識

夫婦円満ユーチューバーKŌJIYA 嫁のじゃばみ(@jabamichan)です。

今日は私の住んでいる兵庫県西宮市の新年の風物詩、西宮神社の十日えびすについてご紹介したいなと思います。

十日えびすとは、毎年1月9日・10日・11日に西宮神社で開催される行事で、毎年100万人にのぼる参拝者が西宮神社に訪れます。

宵宮祭や十日えびす大祭などの神事がメインだと思うのですが、参拝者は神社へのお参りと兼ねて、この1年の無病息災や商売繁盛を願い、福笹などの縁起物を買って持ち帰る(古いものはお返しする)、というのが恒例となっています。

私もかれこれ10年近く毎年参拝していますが、神事とかそういうのは見たことがありません^^;

 

この3日間、神社内外ともに出店が立ち並び、西宮神社周辺は大変なにぎわいとなります。

この記事では、十日えびすが大好きな私が、十日えびすに行く前に知っておくと便利だよってことをまとめてみようと思います。

少しでもお役に立てたら嬉しいです。

 

【この記事のトピックス】

・十日えびすは交通規制に注意
・じゃばみ流 十日えびすの楽しみ方
・十日えびすを楽しむために準備すべきこと

 


 

【十日えびすは交通規制に注意】

 

さて、この十日えびすの期間である1月9日〜11日の3日間は西宮神社周辺が交通規制になるので注意が必要です。

十日えびすの西宮神社周辺の交通規制
1月9日〜11日の3日間(9:30〜23:00)国道2号線と国道43号線に挟まれた一帯と浜脇小・中学校周辺が歩行者用道路となります。区域内に駐車場のある人のみ自動車の進入ができますが、基本的には自動車は入れません。

2号線沿いのドン・キホーテくらいまで離れると早めに行けば駐車はできるかも。

とはいえ、本当に混雑しますので、なるべく公共の交通機関を使うのが無難だと思います。

どうしても車で行きたい場合は、コインパーキングや商業施設の多い甲子園駅周辺で駐車して電車に乗るのが良いと思われます。

お隣の今津駅や香櫨園駅はコインパーキングがほとんどありませんのでご注意を。

 

 

そういうわけで、ほとんどの人が電車で来られると思いますが、西宮神社最寄りの阪神西宮駅には出口が2箇所ありますよ。

駅員さんも誘導していらっしゃいますし、大きな看板も出ていたと思うので間違う人はいないと思いますが念のため・・・阪神西宮駅では「えびす口」で降りてくださいね♪

そして歩行者のみなさんにも交通規制がある場合があります。

例年夕方17時あたりから、多いところにさらに人が増えるので、神社への入場規制がかかる場合があります。

これは2018年の十日えびす、えべっさん筋(県道193号線)で撮影した写真です。

2019年も同じメッセージだったので、どうせならインスタポイントにでもしたらいいなと思います。笑

兵庫県警の粋なはからいを感じますね。

寒い中、警備や交通規制にご尽力されておられますので、参拝されるみなさんもご協力のほどお願いします^^

入場規制になった場合は、参拝者を大まかに線引きして、かたまりごとに順に入場するように案内がなされます。

走ったり押したりは危険ですので絶対にやめましょうね。

どうせ並ばなくちゃいけないなら、並ぶ時間でさえも楽しめるような心の余裕を持ちましょう◎

 

ちなみに、3日間とも17時以降はどっ混みと思ってもらっていいです。汗

逆に参拝しやすい時間帯は午前中です。

せっかく参拝するんだったら、招福大まぐろを見たり、福笹やおみくじを買ったり、出店でいろいろ買って食べ飲みしたりしたいですよね。

そのどれもが行列だったら(しかも寒い中です)テンション下がっちゃいます。。。

毎年曜日もバラバラなので、難しい人もいるとは思いますが、ゆったり午前中の参拝をしてみるのも、清々しい気持ちになっていいですよ^^

 


 

【じゃばみ流 十日えびすの楽しみ方】

 

さて、混み具合はだいたい分かってもらえたかと思いますので、次に私の西宮神社 十日えびすの楽しみ方をご紹介したいなと思います。

①駅前で日本酒or甘酒をゲット

こちらは私がいつもお世話になっている立飲み屋さん、阪神西宮駅前の北本酒店さん。

十日えびすの時は毎年店頭で甘酒やにごり酒、酒粕の販売をしています。

寒いのでとりあえず駆けつけ一杯、体を温めながら神社へ向かいます。笑

 

②境内に入ったらまず古い福笹をお返し

例年、赤門(西宮神社正面の表大門のことです)を入ってすぐのところに左右2箇所、古い福笹をお返しする場所があるので、そこで福笹をお返しします。

1年無事に過ごせたことに感謝しながらそっと置きたいところですが、最終日には山のようになるので仕方なく放り投げる感じになる時もあります。。。

これは2019年1月10日の午前9時半頃の写真です。

私が行った時も実際に放り投げてた人いましたね^^;

 

また、納札所近くにおたばこを吸われる方のための喫煙スペースが設けられていました。


人目を気にせずたばこを吸えるよう配慮がなされています。

 

 

③参拝を済ませて福笹をゲット

十日えびすは人が多すぎて、参拝するのもひと苦労なんですよね。

こちらの写真は2014年1月10日お昼の12時すぎに撮影したものです。

この人だかりの最前列におさいせんを入れるところがあります。汗

諦めて小銭を後ろから放り投げる人もいるくらい。(気をつけてくださいね。。)

 

心に余裕があれば、招福大まぐろを見に行きます。

招福大まぐろ用の行列があるので、そこに並びます。

この招福大まぐろ、身におさいせんを貼り付けて「お金が身につくように」と願うんですが、貼り付けるのはなかなか至難の技です^^;

 

④福笹を買う

忘れないうちに福笹を買っておこうと、私はいつもこのタイミングで福笹を買います。

神社の外の出店でも熊手みたいのとか売っていますが、何かよくわからないところから買うのも嫌なので、私はいつも巫女さんが売っているものを買っています。

福笹は大(3000円)と小(1000円)の2種類あります。

ちなみにおまつりの方法ですが、(以下引用)笹の正面が南か東を向くようにし、神棚、もしくは目線より高く清浄な場所(玄関でも可)に立て掛けるか、壁に貼り付けるようにしておまつり下さい(引用終わり)、とのこと。(引用元:西宮神社 十日えびす特設ページ)

うちはリビングのカウンター上の壁が南向きなのでそこを神様スペースにしておまつりしています。

そうそう、早めに福笹を買うのはいいんですが、福笹に付いているお札は紙でできているので、家に帰る前にちぎれたりしないように気をつけます。

 

⑤お楽しみタイム

十日えびすの3日間は阪神西宮駅一帯が食べ物のにおいで包まれます。笑

西宮神社の境内には、居酒屋のように中に入って食べ飲みできるようなお店もあります。

寒い中飲む熱燗は最高に美味いのであります^^

 

尚、西宮神社近くにあります西宮中央商店街では十日えびすに合わせて店頭販売を行っていますよ。

戎参道と言うくらいなので、是非西宮中央商店街にも足を運んでみてくださいね。

 

さて、買うもの買って、食べるもの食べて、しっかり楽しんだら、家に帰るまでが十日えびす。

気をつけて帰りましょうね。

これが、私のお決まりのパターンです^^

 

招福まぐろのことを書いたので、ついでに書きますが、毎年1月10日の午前6時には、福男選びが開催されます。

開門と同時に走り参りをし、一番に本殿にたどり着いた先着3人を一番福、二番福、三番福の福男として認定する毎年恒例の行事となっています。

福男選びは、全国ニュースでも流れるので結構有名だと思います。

ちなみに、私たち夫婦円満ユーチューバーが制作するYouTube紙芝居「もちろん!!もちのすけ」第13話では、主人公のもちのすけが福男選びに挑戦するシーンが登場します。

是非ご覧ください^^


よかったらチャンネル登録お願いします♪

 

1月10日の午前9時前後には、福男選びの号外が配られます。

こちらは2019年の号外です。

こんなの配ってるのも知らなかったので、ゲットできてラッキーでした^^

 

 


【十日えびすを楽しむために準備すべきこと】

 

最後に、十日えびすを最大限楽しむために準備しておくといいことをまとめてみようと思います。

防寒対策

言わずもがなですが、十日えびすの時期って本当に寒いんですよね・・・。

時間帯にもよりますが、スムーズに参拝できても20〜30分は寒い中歩き回ることになると思います。

出店では温かい飲み物や食べ物の販売もありますが、防寒対策をしておくにこしたことはありません。

使い捨てカイロや、水筒にあったかいお茶を用意して行けば無駄な出費はおさえつつ暖をとることができますよ。

お酒を飲みたい人は、酔いすぎないためにもあったかいお茶があるといいですね。

手袋、マフラー、ニット帽などで暖かくしてお出かけくださいね。

 

トイレは絶対に済ませてから

ただでさえ、阪神西宮駅周辺って一般の人が使えるトイレが少ないんですけど、十日えびすの時はトイレに行くのでさえ大変になります。

コンビニやスーパーはありますが、本当にトイレありません。

トイレがあったとしても長蛇の列になること間違いなし。

なので、トイレは必ず済ませてから行きましょう!

ちなみに私は近隣のテナントビルで勤務していたことがありますが、勝手に使うわ、使い方が悪いわでとっても迷惑でした。

不法侵入にもなりかねませんので、マナーを守って気持ちよく参拝しましょうね◎

えべっさんが見てるかもよ。笑

 

小銭

世の中はペイペイやらLINEペイやら、キャッシュレス決済の時代になってきていますが、神社にはQRコードはありません。汗

たくさんの人が行き来する中で、なおかつお店の人もせわしなく働いていると思うので、なるべくおつりの出ないように準備しておくとスムーズでいいですね。

交通系ICカードを持っていない人は帰りの切符も準備しておきましょう◎

 

福笹を入れるための袋

先ほども書きましたが、福笹を持って歩き回るとお札がちぎれてしまう可能性があります。

大事に家まで持って帰るためにも、福笹が入るような袋を持っておくといいと思います。

縦長の紙袋とか、エコバッグみたいなものでもいいかと。

 

ハンカチ・ウェットティッシュ

十日えびすに限らず、私はお祭りには必ずハンカチとウェットティッシュを持って行くことにしています。

お祭りの食べ物ってベタベタするものが多いですし、歩きながら食べたり飲んだりすると不意にこぼしてしまったりすることもあります。

トイレに行くにも遠かったりですぐに手が洗えるわけでもないので、そんな時に備えがあれば気持ちよく過ごすことができますよ。

同じ理由で、白い服など汚れの目立つ服は避けるようにしています。

服装のついでに、西宮神社は砂地の部分もあるので、汚れても問題ない靴でお出かけするのがいいですよ。

 

 

気持ちよく参拝できる人には、気持ちよく参拝できる理由があると思います。

寒い!トイレない!なんかベタベタする!最悪!って人は自らすすんで最悪になってると思うんですよね。

私の大好きなえべっさんなので、みなさんにも準備万端で楽しく参拝してもらえたらと思います。

 


 

私は、毎年えべっさんに

「去年はありがと。今年も頑張るから見といてよね。」

てな具合に拝んでいるのですが、初めて参拝した時はとってもひもじかった時期だったので、今の幸せがあるのはえべっさんのおかげだな〜と思っています。

毎年十日えびすで福笹を買うのも、今では私にとって大事な行事になりました。

去年のお礼をして、新しい年を「良い年にするぞ!」って心を新たにするから、えべっさんで福笹持ってる人ってみんな良い顔してる気がするんですよね。

福笹に付いている鈴が、歩くのに合わせてコロンコロンと鳴るんですけど、その音も心地よくて。

私の大好きな西宮の音です^^

 

では、最後になりましたが、この記事をご覧のみなさんが十日えびすを楽しんでくださることを願っています。

一つでも参考になることがあったら嬉しいです^^

 

では、今日はこのへんで。