【妊活日記】西宮のとあるレディースクリニックの無料相談行ってみた

じゃばみの妊活日記

夫婦円満ユーチューバーKŌJIYA 嫁の じゃばみ(@jabamichan)です。

以前、『病院に行かないという選択もいいと思う』という記事を書いたのですが・・・

関連記事 じゃばみの妊活日記【妊活日記】病院に行かないという選択もいいと思う

 

それでも、やっぱり毎月、毎月、期待しては落ち込んでしまう自分がいて。

その間にも、SNSではひっきりなしに「妊娠しました」「出産しました」なんてお知らせが容赦なく投下され、そのたびに「素直に喜んであげられない自分」に対する罪悪感と「どうしてうちには来てくれないの」というはがゆさにうちひしがれ、心はズタボロになってしまうのであります・・・。

かと言って、なぐさめられたり、励まされたりするのもしんどい。

なので、友人にもフォロワーの方にもお願いしたいことは、妊娠した場合は何の報告もいらないので、すぅ〜っとフェードアウトしてほしいってこと。

まだまだささくれだっちゃうお年頃なの。(期待しちゃうからなんだろうな。)

こちらからフォローを外させていただくこともありますし、実際に大学時代の友達はSNS関係はほぼフォローを外してしまいましたが、自分の心を守るためなのです。

そうして私は孤独を選んでしまうのですね。苦笑

(でも、元気な赤ちゃんを産んでくれることを願っています。)

 

 

しかしながら、この私がただ指をくわえて見ているだけで気がすむはずがなく。

 

どうせできないにしても、きちんと調べられることは調べて、結果に対してできることがあればできるだけは努力したい。

 

ふつふつとこみ上げた気持ちを相方にぶつけてみました。

 

もしできないとわかったら、生き方を選択する上で考え方が変わってくるやろうな。

子供ができないとわかれば、もっとアグレッシブにいろんな活動をできるやろうし、将来のことや貯蓄の考え方だって変わってくる。

子供ができる可能性があるなら、人工授精や体外受精まではしないまでも、今までどおり頑張ればいい。

 

話し合いの末、「できない原因を知りたくない」という考えから、「できないならそのように人生を考えよう」という考えにシフトしていきました。

一度きりの人生、全部を叶えるってことはなかなか難しいですし、無駄なく・・・というと変な言い方ですが、頑張れるとこは頑張って、諦めるとこは早々に打ち切って、なるべくやりたいことや好きなことに時間や労力を使いたい。

そういう部分で、私たち夫婦の意見が一致しました。

 

「クリニック、行ってみようか。」

こうして、私たち夫婦は、とりあえずレディースクリニックの無料相談に行ってみることにしました。

 

 


 

【クリニックの無料相談の内容】

 

私たちが行ったクリニックは、無料相談を診療時間外で行っていたので電話で予約をして行きました。

結果から先に言うと、無料相談というよりは、主な不妊治療の流れを説明してもらったという感じ。

以下に、会話の内容をまとめましたので、「不妊治療って具体的にどんなことするの?」って思っている人や、これから不妊治療をしようかどうか迷っている人の参考に少しでもなればと思いますが、クリニックによって考え方とか方針が違うと思いますので、実際に行って確かめるのが一番だと思います。

実際にお話した内容を元に、読者のみなさんが読みやすいように編集しているので、実際の会話とは異なる部分がありますが、あいまいなこと・間違っているかもしれないことはカットしておりますので安心して読んでくださいね。

 

お医者さん

現在は何か治療を受けていますか?
受けてないです。

じゃばみ

 

お医者さん

こういった相談は初めてですか?
はい。

じゃばみ

 

お医者さん

妊娠を考えてからどれくらいになりますか?
2年は経っています。

じゃばみ

お医者さん

基礎体温はつけていますか?
ストレスだったのでやめてしまったのですが生理日は毎月チェックしています。

じゃばみ

お医者さん

生理はどれくらいの周期ですか?
ほぼ32〜33日くらいです。

じゃばみ

お医者さん

まあそれであれば安定していますね。

 

こんな感じで淡々と質問に答える感じ。

このクリニックの先生は、物静かな印象で、全然ガツガツしてないな〜って感じ。

不妊治療ってナイーブな問題だし、こういう淡々とした先生の方がうっとうしさがなくていいなと思いました。

 

お医者さん

タイミングが合っていれば通常であれば半年から1年で妊娠されるケースが多いんですが、そうでない場合は妊娠しにくいってこともありますので、原因を探ることが必要になってきます。

 

 

まずは検査をして、妊娠しにくい原因を探りながら、原因が見つければその都度対処していくっていう流れなんですね。

 

 

どのような検査になりますか?

じゃばみ

お医者さん

女性の場合は、排卵しているかどうか、卵管の通りがどうか、子宮自体になにか大きい病因がないか、ホルモン的なもので異常がないかをみていきます。

 

 

男性の場合は基本的には、精子の数と運動率をみれば分かるので、どうしても女性側の検査が中心となっていくんだそうです。

 

 

お医者さん

きちんと排卵しているかどうか、タイミングがきっちりとれているかどうか、精子に問題がないかどうかを確実にみていくというのが、大まかな検査の内容です。

 

 


 

【周期に応じた具体的な検査内容】

 

大まかな説明があった後、生理周期に応じた具体的な検査内容を説明してくださったので、自分の頭の整理のためにも周期ごとにどんな検査をするのか、ざっくりとまとめてみます。

※実際に通ってみて、他にもやった検査があれば随時記事を更新していく予定です。

 

生理開始〜生理中

・ホルモンバランスをみるための血液検査(卵巣および下垂体機能の評価)

 

生理終了直後(子宮内膜が薄い時期)

・子宮卵管造影

卵管が通っているかどうかをみるためのもので、他に子宮腔内の形態や腹腔内の癒着の有無を調べます。

 

低温期

・卵胞観察

卵胞がどんどん大きくなっていくと排卵がいつ頃か予測できるので、卵胞を計測して卵胞の発育の様子や、どちらで排卵するかっていうのを調べます。

 

排卵期

・ヒューナー(フーナーとも)テスト

タイミングをとった後に精子がきちんと到達しているかどうか、精子の数や運動率を調べます。

なので、このヒューナーテストをすれば、男性の間接的な検査はできるそうです。

悪い結果が続けば、精液検査でより詳しく調べます。

 

高温期

・黄体ホルモンの値を調べるための血液検査

 

 

お医者さん

他にも、子宮鏡検査やホルモン値を見る検査、卵巣機能を見るような検査など保険がきかないものもありますが、多くの検査は保険がきくものなので、一度の検査で何万円もかかるということはあんまりないと思います。

 

この時点でこのようにおっしゃったので、少しほっとしていましたが、後日かゆみがあったため、検査で訪れたら約4000円。

同時期に内科にもかかっていて、そっちも検査で6000円くらいが吹っ飛んだので、不妊治療に行くたびにするするっとお金が飛んでいく感覚ってこんなんか・・・と思いました。

保険適用とは言え、主婦にはかなりしんどい出費です。

不妊治療しなくても死ぬわけじゃないんだけどね、、

授かりたいために頑張って無理してしまう人がたくさんいるのも分かります。

タイミングによっては仕事を休まなくちゃいけない人もいる中で、治療費はかさむのに収入は減るっていう・・・ジレンマですよね。。。

なるべく思いつめないように、頑張りすぎないように、妊活=不幸にならないように、気をつけないといけないな〜と思っています。

 

お医者さん

内容としてはこのような検査を1周期、時間がとれなければ2〜3周期に分けて時期に合わせた検査をしていくというのが流れとなります。

 

どの検査からスタートするのかと聞くと、次に診察に行った時のタイミングで、できる検査から始めましょう、ということでした。

 

 


 

こんな感じで、淡々と、ざっくりと説明をしてくださいましたが、この検査で分かるのは全体の3分の2くらいで、3分の1は今の医療では分からないそうです。

上に書いた検査は排卵までのことがほとんどで、排卵後の子宮の状態は検査しようがない部分がある、だから体外受精などの技術は進んでいても、結果が頭打ちで止まってしまっているのは、受精卵が得られるまでのことは解明されてきたが、着床するというところがまだまだ解明されていないからなんだそうです。

「生命の神秘」と言うか「神の領域」と言うか。

いずれ医療でも解明されていくんじゃないかとは思いますが・・・

解明されたところで人は幸せになれるんでしょうかね?

 

まあ、それなりに頑張ってはみますけどね。

 

 

でも不妊を「不幸」にしちゃうのは

「女は子供を産むべき」っていう社会通年だったり、

「子供がいない夫婦は不幸」っていう周りからのレッテル貼りだったりすると思うんですよね。

 

私は不妊だけど、不幸なんかじゃありません。

 

世の中の女の人は、妊活中の人もそうでない人もみんな幸せであってほしい・・・

とまで言うとうさんくさいですが、

まあ、でも全然不幸じゃねえからかわいそうとか言うな!とは思いますね。

うん、「かわいそう」って言葉が一番嫌い。

うるせー!お前より幸せじゃ!って言い返してやるんだから。

 

 

さ、今日は今から子宮卵管造影の検査に行ってきます。

正直めっちゃ怖いよw

財布の中もめっちゃ怖いよw

 

妊活ってさ、プロセスより結果重視やん?

妊活続けてる人には、ぜひ結果よりプロセスを重視してほしいと思います。

というわけで、私は今日検査を頑張った自分のためにビールを冷やしておきます!

 

よくわからない文章になりましたが、最後まで読んでくださってありがとうございます^^

妊活を頑張っている方、一緒に頑張りましょうね。

では、今日はこのへんで。