音楽配信始めました!各配信ストアで「じゃばみ」もしくは「jabami」をチェック♪

【体験談】着床熱かと期待してたらまさかの膀胱炎からの腎盂腎炎で死にかけた話

夫婦円満ユーチューバーKŌJIYAの じゃばみ(@jabamichan)です。

今日は妊娠を期待するあまり、判断を見誤った私の身に起こった悲劇をお届けします。苦笑

なんか、運が悪いことが重なったというか。

結果から言えば「生きててよかった」ってことです。

この記事を読んでくださる方にも、ぜひ体のこと気をつけてほしいので、自分への教訓と注意喚起の意味を込めて書きたいなと思います。


【初期症状】

る日のこと、バイト先で寒気とだるさ、腰痛を感じ「しんどいなぁ」と思いながら働いていました。

午前中だったので、お昼まで様子を見て無理そうだったら帰ろうかな、と。

その後お昼ごはんを食べたら少しマシになったので、バイト終わりの時間まで働きました。

 

帰りにバス停でバスを待っている時に、身震いするほどの寒気におそわれました。

この日の天気は晴れで、5月でも全国的に記録的な暑さとなったほど。

乗り込んだバスにはエアコンが効いていて、その冷気で私はガタガタと震えていました。

 

「なんかいつもと違うな〜」

 

妊活してると、ほんっとささいな体の変化にも期待しちゃいますよね。

ガタガタと震えながらも、スマホではちゃっかり「妊娠 熱」なんて調べてる私。

 

「着床する頃に38度くらいの熱が出て、妊娠していました!」

なんて体験談がまあまあ出てくる。

 

もしかしてこれが着床熱か・・・?

 

ってことは、ついに私も??!

そういえば、ここ数日夜中にトイレに行きたくなって目がさめたりしてたし、おかしいなって思ってたんだよね。

な〜んて妄想をふくらましたりして。

 

なんとか帰宅して、晩ごはんの準備をして相方の帰りを待つ。

相方が帰ってきた時に体温を計ると38.6℃。

「ねぇねぇ、着床熱ってのがあるらしいよ〜」

「妊娠してたらいいけど、とりあえずロキソニン飲んで寝なさい」

「薬は飲みたくないよ〜」

 

なんて会話をして、相方にうながされ、しぶしぶロキソニンを飲んで、その日はふとんをかぶって寝ました。


【悪寒戦慄が始まる】

日の朝、体温は39.6℃に。

うっすらと「妊娠はないかな」と思いつつも、まだ諦めきれない自分がいました。

 

「もしインフルエンザだったら職場に報告しなあかんから、調べてもらってな」

「は〜い」

相方を仕事に送り出した私は、汗を流すためにシャワーを浴びて、その後内科にかかりました。

シャワーを浴びてから行ったせいか、内科で計った熱は36.7℃でした。

 

「発熱してから半日ではインフルエンザの検査をしても結果が正確に出ない可能性があります。熱が続くようであればまた来てください。」とのこと。

「妊娠を希望しているのでなるべく影響の少ない薬を処方してください」とお願いしたので、軽めのとんぷくの解熱剤を処方してくれました。

 

帰宅後、また悪寒におそわれる。

毛布とふとんの中、ガタガタと震えながらとんぷくの薬が効くのを待つ。

薬が効いてくると汗をかき、震えはなんとかおさまった。

もうろうとする中、寝ると言うよりは、意識が遠のくと言う方が近いって感じで眠りにつきました。

4時間ほどで薬が切れ、目がさめるとまた悪寒。

とんぷくの薬には「6時間はあけてください」と記載が。

悪寒と、寝返りをうつのもつらいほどの腰痛、頭痛に苦しみながら2時間を過ごし、薬を飲んで・・・の繰り返し。

この日は相方が仕事で帰って来ない日だったので、めっちゃ心細かったし、つらかった。

 

眠れない時間は、気を紛らわすためにスマホを見たりも。

ガタガタと震えるような悪寒のことを悪寒戦慄と言うらしい。

そんな症状が出る病気の一覧を見ていると、気になる項目が。

 

もしかして腎盂腎炎?

 

 

実は、この熱が出る2日ほど前、私はレディースクリニックにかかっていました。

デリケートゾーンにかゆみがあり、排尿時に痛みがあるような気がしたからです。

もし何かの病気とか感染症だったらどうしようと心配になり、検査を受けましたが、結果は1週間後と言われていたので、この時にはわかりませんでした。(検査結果は特に何もなくてよかったです。)

 

おしっこがなんとなく濁っているような気がしていましたが、じわじわとした変化だったので「気のせいかな」と思ってしまってました。

しかも、性感染症になったらおりものの増加によっておしっこが濁ることがあるってのも見ていたせいで、頭がそっちにしか考えられなくなってた。

「腎盂腎炎かも」と思い始める頃には、すでにおしっこは向こうが透けて見えないほど濁っていました。(汚くてすみません。。。)


【地獄の5日間】

晩中、悪寒→薬飲む→汗かく→寝る→薬切れる→悪寒→薬飲む→・・・のループを繰り返し、朝がくるのを待ちました。

そういう無限ループ地獄の話、どっかで見たぞ。

薬が切れて眠れない時間が一番の苦痛で、座っていても、横になっていてもしんどい。

泣きたい。。。。

 

翌日、仕事から帰宅した相方が私を病院に連れて行ってくれました。

病院で計った熱は40.3℃。

人生初の40℃超え!

ここまでくると38℃の熱って楽勝やな〜と思いました。

 

看護師さんに

「昨日言えなかったんですが、おしっこが少し濁っているような気がするんですが」

と言うと、すぐに検尿をすることになりました。

あわせて血液検査とインフルエンザの検査もされました。

 

結果、炎症の有無を診断するCRP値が、基準値0.30mg/dL未満のところ12mgと高い数値を示しており、「おそらく膀胱炎からの腎盂腎炎になりかかっている状態ですね」ということでした。

 

「抗生物質の点滴をして様子を見ますが、場合によっては入院もありえますので。」

 

初の40℃超えの後は、初の入院か。

令和元年にふさわしい、お初のオンパレードや〜

 

そうそう、熱はあっても脳みそは元気なので、眠れない時間はずーっっっっと考えごとをしていました。

目の奥で頭痛がしていなかったら、ブログくらいは書けたとは思います。笑

 

2時間ほどの点滴を終え、なんとか入院をまぬがれた私。

とんぷくの解熱剤はより強いものになり、抗生物質と一緒に処方されました。

抗生物質の点滴したんなら熱も落ち着くやろうと思っていましたが、それから先はまた、悪寒→薬飲む→汗かく→寝る→薬切れる→悪寒→薬飲む→・・・の地獄ループ。

熱でしんどいのにおしっこに行きたくなったら行かなくちゃいけない。

寝返りをうつのもしんどいほどの腰痛と、熱でふらふらする頭でトイレに行くのは苦痛でした・・・。

苦しむこと4日。

その間に点滴を2回受けに行き、やっと熱が下がりました。

最後に受けた血液検査で、CRPの数値が正常値になっているのを確認し、完治ということになりました。

 

完治するまでにかかったお金は、薬代も含めてトータルで15,360円

入院していたら、もっとかかっていたと思います。

主婦には痛い出費となりました。トホホ。。。


【なぜ膀胱炎からの腎盂腎炎になってしまったか】

んで膀胱炎からの腎盂腎炎になったんだろう、と考えてみると、不運なことがいくつも重なってたんですよね・・・。

 

・職場のトイレが故障して使えなくなったため、トイレに行くのを我慢してしまった

・前の週に神戸まつりを見に行って混雑でトイレに行くのに時間がかかってしまった

そんなことが重なったのと

 

・膀胱炎よりも先に、性感染症の方を疑ってしまった

 

これによって症状が悪化してしまったあげく、

・おしっこの濁りに気づけなかったために尿検査が遅れた

 

そうこうしているうちに、私の体は40℃も熱を出さなくちゃいけないほどになってしまったんですね・・・

うっかり死ぬところでした。

本当、曜日が曜日なら死んでいたかもしれません。

 

熱が下がったと同時に、今度は生理が始まりました(T_T)

今回もなかなか重たいやつできつかった・・・。

今期はタイミングをしっかり意識していただけに、期待しちゃってた部分っていうのは少なくともあったと思います。

でも、期待するのもほどほどにして、冷静に判断しなきゃなと思いました。

 

頻尿も、排尿時の痛みも、尿の濁りも、熱も・・・婦人科かな?と思えばそういう風な考え方しかできなくなってしまう。

「ちょっとでもおかしいかな」と思うことがあったら、気のせいでもいいから、これからはちゃんとお医者さんに伝えようと思いました。

あと、おしっこの濁りって意外に重要なんですね。。


【日常から意識するべき膀胱炎の予防方法】

調べてみると、女性は男性の5倍以上も膀胱炎にかかっているという統計もあるようです。

また、一度膀胱炎になると、再発しやすくなるということも聞くので、今後こうならないために、膀胱炎の予防方法をまとめてみました。

膀胱炎の予防方法

・水分を多めにとること

・おしっこはなるべく我慢しないこと

・性行為の後は排尿すること

・腰まわりを冷やさないようにすること

・トイレ時は前から後ろにふくこと

 

また、膀胱炎になりやすい人はウォシュレットは使わない方がいいそうです。

これからは気をつけようと思います。。

 

この記事を読んでくださってるあなたも期待を持って妊活を頑張っておられると思います。

でも、まずはお母さんになる人の体が元気じゃないと大変なので、どうぞお体には気をつけてください。

「おかしいな」と思ったら、必ずお医者さんにみてもらいましょうね・・・!

 

この記事が参考になりましたら幸せます。