【4コマ漫画】テトロドかあさん #12 ついつい

テトロドかあさん タイトル画像

夫婦円満ユーチューバーKŌJIYA 嫁の じゃばみ(@jabamichan)です。

4コマ漫画「テトロドかあさん」は、アダルトチルドレンだと自覚するじゃばみが、アダルトチルドレンを克服するために描いているノンフィクション漫画です。

まずは、今日の4コマ漫画をどうぞ。

テトロドかあさん 4コマ漫画

 


 

【炎天下の車内で待たせる母】

 

今回は、炎天下の車内に取り残される子供がテーマです。

年に数件はこの類のニュースを見聞きしますが、本当に悲しいニュースですよね。

「パチンコに行っていた」なんて理由が多いのかな、と思い調べたところ

 

「パートナーが保育園に連れて行ったと勘違いしていた」

「寝ていたのでそのままにしておいた」

「車からおろすのを忘れていた」

「車に乗せたことを忘れていた」

など信じられない理由で子供が亡くなっているケースがあるようです。

亡くなった子供の年齢ですが0歳〜9歳、特に乳幼児が多いようです。

 

かく言う私も、車中に放置されたこと何度もあります。

母は、仕事の書類を事務局に持って行く時によく兄と私を連れて行きました。

いつも決まって

「すぐ戻ってくるからね」

って言うんですよ。

 

夏の待機時間は本当地獄でした。

母の「すぐ」っていうのは一体何分くらいなんでしょうか。

長い時で40分近く戻ってこなかった時があります。

 

当時は、当然ながらスマホも携帯ゲームもありません。

「熱射病」という言葉はあったものの、「熱中症」という概念は当時にはありません。

水分補給という考えもありませんでした。

締め切った車内はあっという間に温度を増し、兄と2人、汗を流しながらひたすら母を待っていました。

従順な2人は、言いつけをきちんと守って車内でおとなしく待っているしかありませんでした。

 

やっと母が戻ってきて、

「いつまで待たせるん?」

と兄と2人で非難を浴びせますが

「ごめんごめん、ついつい話が長引いちゃってね〜」

と悪びれもしない。

これが日常茶飯事でした。

 

ちなみに1990年8月の山口県の平均最高気温は34℃前後。

昔だから気温低かったのかなと思ったら全然そんなことなかった!怒

JAFのサイトでは、晴天下の車内の温度変化上昇のテスト結果が掲載されていますが、それによると8月の晴天下の車内温度は、エンジン停止からわずかな時間で上昇し、エンジン停止15分後には熱中症指数は危険レベルになるそうです。

詳しくはJAFのサイトをご覧ください。

 

たまたま私たち兄妹が熱中症にならなかっただけです。

よかったね、子供がついつい死ななくて。

 

また、熱中症の危険は夏だけではなく、春〜秋まで広く注意が必要だそう。

この記事をご覧のみなさんは、子供やお年寄り、ペットをちょっとの時間でも車内に残さないようにしてくださいね。

 


 

【人を平気で待たせる母】

 

このことにもまあまあ憤りを感じますが、もっと腹立たしいのは、母は人を待たせるということを何とも思わないことです。

しかも「ついつい」というのが多すぎる。

 

最近でも、帰省の際に新幹線を降りて迎えに来てくれるはずがいつまでたっても来ない。

やっと来たかと思ったら

「ついつい畑仕事が長引いてしまった」

と。

私だけならまだしも、相方も一緒だったので失礼だなと思いました。

もちろん迎えに来てくれるのはありがたいですが、娘の顔を見ることよりも畑仕事の方が大事なんだなと感じましたし、それならもう実家帰らなくていいかな・・・と思われても仕方ないんじゃないかと。

 

それだけじゃなくて、ほんっと時間通りに来ることがないんです。

 

人の時間を大切にできない人っていうのは、自分が人の時間を盗んでるってことに気づかないんですよね。

 

母はいつもお金のことばっかり気にしてるけど、タイムイズマネーということわざがあります。

帰省している時間にバイトでもすれば、それなりに収入になります。

でも、その時間を割いて、わざわざお金を使ってまで帰省するのは、家族に会いたいし、お墓まいりもしたいし、ふるさとが大好きだからです。

野菜が食べたいから帰るわけじゃない。

だから畑仕事は無理ない範囲ですればって散々言っているのに。

 

娘はちょっとくらい待たせても平気、という甘えもあると思います。

 

そして、そういった相手の時間を尊重できない人への対処法

 

付き合わない

 

ってことしかネットには書いてありません。

 

時間が守られないことは、こっちにとってはストレスでしかありません。

自分の時間と同時に、健やかな心身も奪われていると言っても過言ではありません。

なるべくして娘に避けられてしまったんですね。

ついつい、ね。

 

ふふ、娘もだいぶ毒がまわってるみたい。

 

つづく