【妊活日記】妊活中のバイト探しは意外と苦労するかも。

じゃばみの妊活日記

夫婦円満ユーチューバーKŌJIYA 嫁の じゃばみ(@jabamichan)です。

さて、この記事では妊活中のバイト探しについて書いてみたいと思います。

以前、5年ほど働いていたパートをやめた時に「妊娠したいから仕事辞めてきた」っていう記事を書いたんですが、

じゃばみの妊活日記【妊活日記】妊娠したいから仕事辞めてきた

あれからさらに1年。

 

まだ授かりません^^;

 

クリニックにも行って、いろいろ検査もして、私たち夫婦には何の問題もないことがわかりました。

そして意を決して臨んだ通院。

卵管造影の痛みにもこらえ、ゴールデン期と言われる時期にクリニックに通い、ちゃんとタイミングもとったのにもかかわらず。

最近はもうほとんど諦めモードの私。

クリニックはお金かかるし、気持ち的にもしんどいのでやめました。

 

さて、そんな私ですが、前のパートをやめてから専業主婦になるも、3ヶ月で離脱。

時間がたっぷりあるのはよかったんですが、おこずかいが圧倒的に足りない。

そういうわけでバイトを探すことになりました。

すぐに見つけて始めたバイトは、人手不足だったのですぐに雇ってもらえました。

しかしながら、働いて数ヶ月後に職場が移転するという珍事件に遭遇。

交通費は500円までしか支給してもらえないということで、しばらく通っていたのですが、だんだん会社の方針についていけなくなってバイトをやめました。

 

そこから、またバイトを探さないとな・・・

と、この時点で私、34歳です。

資格は運転免許(メッキゴールド)くらいで、特に仕事に使えそうなものはありません!

この記事は、そんな私の感じた妊活中のバイト探しのお話です。

 


 

【妊活中のバイト探しが意外と難しい理由】

 

さて、この記事を読んでいるあなたは妊活中でバイトしようか悩んでいる、または今働いているフルタイムの仕事をやめてバイトにしようか迷っている人だと思うんですけど、妊活中のバイト探しって思ってるより難しいです。

というのも、妊活中の主婦って一見フリーターのように時間があるように思われますが、

 

早朝や深夜はNG

土日はNG

いわゆる繁忙期(盆・正月・GW・クリスマス)はNG

なるべく17時までには帰宅したい

でもそこそこのお給料はほしい

 

って感じで、条件がかなりわがままになるからです。

私も2ヶ月くらいず〜っとネットのバイト情報を見続けて、しまいにはタイトルだけ見たらどこの募集かがわかるほどにまでなりましたが、「ここだ!」って思う仕事はなかなか見つかりません。

「ここだ!」というところを見つけても、面接で落ちてしまったところもあります。

そういうわけで、希望を全て叶えるバイトに出会う確率はかなり低いと思っておくべきです。

 

とは言うものの、無理しなくちゃいけないようなバイトは長く続きませんよね。

飲食店や、各種全国チェーン店、スーパーなどは比較的シフトを融通してもらいやすいので、業種にこだわらず広い視野で考えてみるといいと思います。

 


 

【妊活も仕事も・・・はわがまま?】

 

今回バイト探しをする中で、私と同じく妊活中でバイト探しをしている人が、ネットのお悩み相談に質問しているのをたまたま見つけました。

 

働き始めて、もしすぐに妊娠したらバイト先に迷惑でしょうか。

私は働くべきではないのでしょうか。

 

というような内容でした。

そのような心配をしている人も多いのでは、と思います。

 

その答えとしては、

「私も同じように悩んでいましたが、面接の時にきちんと伝えて働き始めてもう1年になります。」

「バイトはそもそも責任はそこまでないから、気にしなくて大丈夫!」

というようなポジティブな回答がある中、

 

「妊娠したいのか、働きたいのか、どっち?都合がいいんじゃないの?」

というネガティブな回答も見られました。

 

妊娠したくてもできない中で、働くこともできなかったら自分の存在意義って一体何なのか・・・

生理がくるたびに自分のことを責めてしまう・・・

悲しいけれど、そんな気持ちは妊活している人にしかわからないのかもしれません。

だから、上のネガティブな回答を見た時は、心ない人だなと思いました。

 

 

この質問者さんは、責任感が強く、まじめで誠実な人だということがうかがえます。

自分の人生、妥協したくないからたくさん悩むんですもんね。

 

私個人的には、「人に迷惑かけてナンボ」というあつかましさが多少はあってもいいと思います。

というのも、誰もが生きてたら誰かしらに迷惑かけて生きてるものだからです。

バイトを続けられない理由が、妊娠なのか、ストレスなのか、親の介護なのか、自分の病気なのかの違いなだけで、妊活中じゃなくたって急にバイトをやめざるを得なくなるシチュエーションなんて誰にも起こりえます。

そもそも、このご時世に「妊娠してすぐにやめた」なんて文句言うような企業はバッシングの対象になってもおかしくありません。

実際に、私が面接を受けた2社はどちらも妊活には協力的な姿勢(表面上かもしれませんが)でした。

 

だから、迷惑だからやめておこうなんて思わずにチャレンジしていいと思います。

結果的に妊娠できなくても、バイトで得た経験や知識・・・少なくともお給料は自分を助けてくれますよ。

それに、妊娠したとしてもすぐに働けなくなるとも限りません。

 

もっとつっこんで言うと日本国憲法の第十三条に

すべて国民は、個人として尊重される。生命、自由及び幸福追求に対する国民の権利については、公共の福祉に反しない限り、立法その他の国政の上で、最大の尊重を必要とする。

とあります。

参考 日本国憲法衆議院

妊活も、妊活中のバイトも、生命、自由及び幸福の追求だと思うんですけど、私たちにはそうする権利があるってわけです。

 

なので、自信持ってバイト探ししましょう^^

 


 

【派遣という選択肢もあり】

 

最近はバイトと言ってもさまざまで、派遣会社に登録して希望に合う仕事を紹介してもらうという選択肢もあります。

単発であれば、急な出費にも対応できますし、スケジュール調整もしやすいと思います。

 

しかしながら、派遣にもデメリットがあります。

単発では、いつも勤務地が異なり、一緒に働く人もバラバラなので、孤独感が強く、働きやすさは運次第みたいなところがあること。

 

私も大学時代に派遣会社に登録し、単発でペットボトルの検品や洋服の袋つめ、スーパーでの試食販売などいくつか仕事をしたことがありますが、1回1回の仕事に行く心の負荷の大きさを感じました。

毎回違う場所なので、場所の確認もそうですが、慣れない仕事に行くのに緊張感もあり、また職場でもみんな同じように派遣なのでストレスを共感できる人がいない。

なので、お給料自体は悪くはないけど長くは続かなかったですね。。

ですが、気晴らし&おこづかい稼ぎとして割り切るなら選択肢としてはありだなと思います。

 

長期で同じ職場に行く場合には、自分に合う仕事だと思っても契約次第では職場を変わらなければいけないという不安定さがあること。

長期の派遣は私はしたことがないので、イメージがわかないんですが、自分で探すよりは派遣会社の人の方が情報を多く持っていると思うので、自分の条件にぴったりの職場を気長に探したいという方は登録しておいてもいいかなと思います。

 


【面接では妊活のことを伝えるべき?】

 

さて、希望のバイト先が見つかったらいざ面接!ですが、面接で妊活のことを伝えるべきかどうか悩みますよね。

私個人的な考えとしては、妊活のことは伝えるべきだと思います。

それで落とされるなら、残念ながら縁がなかったと諦めましょう。

 

というのも、妊活を理解した上で雇ってもらった方が、お互いに誠実な関係が築けると思うからです。

 

実際、私は今回2社の全国チェーンの飲食店で面接をしていただきましたが、1社は落ち、1社は採用が決まりました。

落ちた方の原因を考えてみたところ、土日は入ってほしいという気持ちが強そうだったので、音楽優先にするって言ったことが一番の原因かなと思います(笑)。

どちらも、妊活に対しては肯定的な対応でした。

まあ、現在の企業って少なくとも妊活ということを頭から否定するようなことはできないだろうな〜とは思います。

特に全国チェーンなど組織が大きくなればなるほど、従業員のロイヤルティ(組織に対して抱く好感)を意識してるのかな、と今回面接して思いました。

 

そういう意味では、全国チェーンってのも選択肢としてはありですね!

 

どこの職場でもそうだと思いますが、面接で自分の希望をきちんと伝えておくことで、後々の働きやすさに影響が出ると思うので、妊活のことも含め、希望は臆することなくきちんと伝えましょう!

後からは絶対に言いにくいですし。

ですが、あまりにわがままだとどこも採用してくれないと思うので、多少の柔軟性は必要だと思います。

 

 


【自分らしく生きるために】

 

私は結局、採用してくださった1社で働くことにしました。

シフトの融通がきいて、自宅から徒歩圏内ということが最大の決め手でした。

そこのお店は駅から遠いので、面接の時には「近所の人に来てもらえたら助かります」って言っていただきました。

何より嬉しかったのは、上にも書きましたが「妊活中と聞きましたが、そういうタイミングの時は言ってくださいね^^」と言ってくださったこと。

探せばそういう職場だってちゃんとあるんじゃん!と思った次第です。

初めての全国チェーンでのバイトですが、研修体制もしっかりしていて、制服貸与だし、いろいろ安心だな〜と働く前からウキウキしています。

 

こうしてバイトを決めて、正直なところ

私、飲食店で働くことをどこか敬遠してたなって改めて思いました。

 

飲食店のバイトは私自身は好きなのに、心のどこかで見下してしまっていた部分があったかもしれません。

どんな仕事でも、需要があるから成り立っているわけで、そこに優劣なんかないのに。

 

以前バイトしていた飲食店の店長は、今でも自分の娘のように気遣ってくれています。

そんな職場、他には1つもありません。

それなのに、その後に経験した仕事、私の学歴、これだけ経験してるんだからもっと給料もらえて当たり前、もう肉体労働なんかしたくない・・・

そんなおごりがいつの間にか生まれてしまっていたんだと反省しています。

 

だから今度働くお店では、初心に返って一生懸命働こうと思います。

あ、もちろんYouTubeや音楽活動も頑張ります!汗

 

 

この記事をご覧のみなさんも、妊活中だからって自分らしい生き方を諦めることはありませんよ!

授かったらその時に一生懸命考えたらいいと思いますし、逆に自分の生き方に真摯になれてないのに、子供の生き方に真摯になるなんて不可能と思うのです。

 

勇気をもって、自分らしく妊活もお仕事も、楽しんでいきましょう^^

私も頑張ります!!

 

では、今日はこのへんで。