【活動後記】2019.12.21 『歌の華束vol.45』@北野坂HAPPY LAURA

夫婦円満ユーチューバーKŌJIYA の じゃばみ(@jabamichan)です。

2019年12月21日に北野坂HAPPY LAURA(ハッピーローラ)で開催されましたライブイベント『歌の華束vol.45』に出演してきましたので、今日は活動後記を書きたいなと思います。

 

私のブログに何度も登場している『歌の華束』は、お酒と音楽と女の子が大好きな(笑)、通称グルグルさんという方が北野坂ハッピーローラで企画しているライブイベントです。

今回はvol.45ということですが、グルグルさんいわく私はvol.2から出演しているそう。

 

つまり8割は出演してると思うのですが、そんな私にとって、『歌の華束』はあったかくて大好きな場所なんですよね〜。

離婚した時も、結婚した時もみんなに話聞いてもらって、歌を聴いてもらって。

MCでも言いましたが、私、家族や親戚の前だと「いい子でいなきゃいけない」みたいな、ありのままの自分でいづらいと思ってるとこがあるんですよ。

でも、『歌の華束』には、私のありのままを受け入れてくれるような空気のやわらかさがあって。

 

きっとそれは主催のグルグルさんがかもし出しているやわらかさ(甘やかしともとれるが。)なのかな、と最近は思います。

今年はグルグルさんが足を骨折してしまい、なかなかライブイベントが開けない状況も続いたので、こうしてまたハッピーローラで会えて歌えることって本当にありがたい。

そう、「また次も」なんて確証は1つもないんだもんね。

 

だから、感謝と嬉しい気持ちで、ステージに立たせていただきました。

 


 

【ライブレポ】

 

この日は、いわいあや子さん、ミノカナコさんと我々KŌJIYAの3組の出演だったので、1組40分、みっちりと歌わせていただきました。

ミノ カナコさんのツイッターからお写真拝借いたしました。感謝。

セットリストは以下の通りです。(全てオリジナルソングです。)

 

1 きみといつまでも

2 きみを見ていたい

3 秋のワルツ

4 ding dong

5 my life

6 世界はバラ色

 

バカップル全開のラブソング特集w

でも、歌ってる時の「愛してる」も「あなたに会えてよかった」も、私はいつもお客様のことを思いながら歌っています。

技術的な反省を述べると、ギターもベースもミスタッチが目立ってしまったので、急なアクシデントにも落ち着いて対応した上で、安定的なプレイがいつでもできるように精進せねばと思います。

 

MCも、もう少し落ち着いて、メリハリのあるトークができたらいいのになといつも思っています・・・滝汗

 

 

さて、今回はトップバッターを務めさせていただいたので、ライブが終わったあとは片付けを手早くすませて、ビールと名物おでんを堪能。

ハッピーローラの冬の風物詩。

 

おいしいお酒と、おいしいおでんと、おいしい音楽・・・

これ以上の贅沢はないと思いますね。

これがあるからやめられんのですよww

 

 

さて、2番手は いわいあや子さん。

前回『歌の華束』に出たときも共演させていただいたんですが、いわいさんの繊細なギターと伸びのある声が奏でるブルージーな音楽って絶妙なバランスなんですよね。

そこに、刺さる歌詞が乗っかっていて、誰のものでもない、まさに「いわいあや子」の音楽になってるって感じ。

前回同様トークも軽快で、親しみやすく、それでいてイヤミを感じさせないのがすごくいい。

 

いわい・・・ねえさん、そうだ、この際ねえさんと呼ばせていただこう・・・

ねえさんは、私のことを「いい子だねぇ」と褒めてくださったのですが、ねえさんの方がずっといい人だと思います。

年を重ねても、学びたいという姿勢を持っていて、年下の私にも何でも聞いてくださる。

苦労話も隠すそぶりもなく話してくださる。

 

そういう人柄がライブそのものに投影されていると思います。

私も、年を重ねてもいばったり、おごったりせずに、ねえさんのような素敵な音楽を奏でたいなと思いました。

CDを買うつもりだったのに、結局私たちのCDと交換ということになったので、今度の休みにゆっくりと聴かせていただこうと思います^^

 

ねえさんが自家焙煎しているというコーヒーは、翌日にいただきましたが、すごく澄んだお味で、苦味と酸味のバランスがちょうどよく、やっぱり「いわいあや子」味だなと感じました。

このブログを読んで気になった方はぜひライブを見てほしいなと思います!

いわい あや子 オフィシャルサイト

 

 

3番手、トリはミノ カナコさん。

バンドを脱退し、ソロで活動をし始めたというミノさん。

やっぱりバンドサウンドが恋しいんだろうな〜と、ギターを聴きながら思っていました。

そう思うと、自分の経験にないサウンドなんて出せないってことですよね。

 

彼女はまだ20代ということで、歌詞も楽曲の構成もフレッシュさがあって、アラフォーの私としては「いいな」とか「私も若い時はそんな感じだった」なんてババくさいことを考えてしまっていました。笑

相方にも「若い時のじゃばみを見ているようだ」と言われながら。

多分、これから弾き語りを続けていけば、音の足し引きなど、弾き語りをより効果的に聴かせられるスキルをどんどん身につけていかれることと思います^^

 

MCでは、自分は根暗だとおっしゃっていましたが、「こらこら、本当の根暗(自分)はもっと暗いぞっ。」と思うくらい明るいキャラクターで、初対面でもすごく気持ちの良い方だな〜と思いました。

飲みっぷりも素晴らしく、『歌の華束』の雰囲気にぴったり!

またご一緒したいです^^

 

気になる方はぜひサイトをチェックしてみてください♪

ミノ カナコ ホームページ

 

 


 

そんな感じで、『歌の華束』としても、我々KŌJIYAとしても年内最後の夜はとってもあったかくて、素敵な時間となりました。

いつも思うことですが、この素晴らしい夜は、その場所にいたどの人が欠けても成り立ちません。

お客様、共演のいわいあや子さん、ミノカナコさん、主催のグルグルさん、ハッピーローラなつきさん。

そして大切な相方。

本当に感謝です。

 

昔は「後悔しない人生を」なんて思ってたんですけど、最近は後ろ髪を引かれる人生の方がいいなって思います。

「また会いたいな」

「また一緒にお酒を飲みたいな」

「また一緒に歌いたいな」

そんな未練でいっぱいになるような、素敵な夜は何度来たっていい。

 

だから、人はまた頑張ろうと思うのだと思います。

 

T様に撮っていただいた写真。ありがとうございます^^

 

 

なんちて。

ブログに書くくらいなら歌詞書けよwww

 

では、今日はこのへんで。