【体験レポート】おそうじ本舗に掃除機能付きエアコンクリーニングしてもらった

夫婦円満ユーチューバーKŌJIYA の じゃばみ(@jabamichan)です。

さて、今日は主婦ブログ的なことを書こうと思うのですが、みなさんはおうちのエアコンの掃除はどうしてますか?

エアコン掃除って業者に頼むと高くつくから、できるだけ自分でやりたいって人は少なくないとは思います。

・・・かつて私もそうでしたし。

 

そんな中、昨年末の大掃除でのことです。

今年は丁寧に掃除してみようと思って、電化製品類の説明書を読みながらメンテナンスするってことをやってみたんですよ。

食洗機とか洗濯機とかね。

 

で、我が家のリビングにあるエアコン、お掃除機能付きなので安心していたわけですが、エアコンも一応説明書にしたがってメンテナンスしてみることに。

フィルターはそんなに汚れてなかったですが、取り外して水洗い。

 

で、その時に内部のファンに目が行ったわけですよ・・・

 

 

ん、、、なんか黒いカビのようなものが。。。

 

そういえば、夏に使った時なんか臭かったな。

(我が家は冬はエアコン使わないのです。)

 

 

で、手の届く範囲で拭き取ってみるとやっぱり黒カビ。。。。。

 

ふき取ろうにも手前のフィンが邪魔で拭けない、、、

ちょっと拭いてみて、無理だと諦める。

そこまではよかった。

 

説明書には「送風運転をして内部を乾燥させましょう」的なことが書いてありました。

何も考えずにコンセントを入れて、送風ボタンを押した瞬間・・・

 

エアコン カビ 送風

ぶわぁぁぁ〜っと部屋に舞い散る黒カビ。

唖然としました。

すでにカーテンの洗濯や床の掃除などは終えてしまっていたのです。

 

泣く泣く掃除しなおしました。。。

カビが広まってなきゃいいんですが、、、

 

こりゃ業者に頼むしかない・・・とさすがに思いました^^;

 


 

【おそうじ本舗のエアコン掃除 体験レポート】

 

ということで、おそうじ本舗さんに来てもらいましたので、さっそくエアコン掃除の様子をレポートしたいと思います^^

 

まずはお部屋の養生から。

作業中に部屋が汚れないようにブルーシートをしきます。

なので、エアコン周辺はスペースを開けておかないといけません。

おそうじ本舗 エアコン

機材はこんな感じでたくさん。

私は部屋の中央に寄せたこたつで写真を撮りながら作業を観察することに。

 

今回お願いしたのは、富士通のお掃除機能付きエアコン「AS-R28E」。

家電量販店でおすすめされるがままに買ったものですが、正直お掃除機能は不要です、、、

と言うのも、その機能がついているがためにエアコン掃除費用は倍近く跳ね上がるから。

分解に時間がかかるみたいですね。

 

そんな分解の様子がこちら。

おそうじ本舗 エアコン

そんなに愛想がいいわけじゃないけど、黙々と作業をされる方。

「おそうじ本舗」って言うけど大半は下請けだろうと思いますので、キャラクターは人それぞれなんでしょうけども。

 

おそうじ本舗 エアコン

あっと言う間にエアコンが丸裸に。

写真ではわかりにくいですが、ほこりとか結構ついてて汚いです。

 

おそうじ本舗 エアコン

分解して取り外した部品は浴室で洗ってくれます。

(お風呂用スリッパは業者の方の持参物です。)

 

バルコニーにスロップシンクがあるご家庭はそちらを使われるのかしら?

なので、エアコン掃除の前に浴室や洗面室の片付けはしておいた方がいいですね。

 

夜にお風呂を見ましたが、特に汚れた感じはなかったので問題はありませんでした。

 

続いて、エアコン本体の掃除。

おそうじ本舗 エアコン

逆光なので見づらい写真ですみません。。

まずは洗剤を全体にふりかけます。

オプション料金を払えば、この洗剤をエコなやつにかえてくれます。

 

私は特に問題はありませんでしたが、塩素のにおいが苦手な人はエコな洗剤の方がいいかも。

 

続いて、水洗い。

おそうじ本舗 エアコン

内部のファンも手で回転させながら洗浄していらっしゃいました。

 

水洗いには、汲み上げポンプ?のようなものを使用されていました。

おそうじ本舗 エアコン

これがまあまあデカイ音がするので、ペットや赤ちゃんがいるおうちは気をつけて、違う部屋に逃してあげた方がいいと思います。

 

ちなみに、汚水はどうなるかと言うと・・・

おそうじ本舗 エアコン

※画像は一部加工しております。

こんな感じで、貼り合わせたビニールシートが大きなじょうごのような役割を果たしていて、流れた汚水がバケツに入るようになっています。

そうそう、窓際にエアコンがある場合は上の写真のようにカーテンを開けることになるので、外に洗濯物を干す派の人は片付けておいた方が恥ずかしくないです。笑

 

 

これで内部の洗浄は終わりです。

おそうじ本舗 エアコン

全体的に汚れが取れて、黒い金属の色になりました。

水分を拭き取った後、部品を元に戻して作業終了です。

 

作業時間は1時間ほど。

思ったより早く終わりました。

料金は20900円。

お掃除機能がなければ半額くらいだと思います。(泣)

おそうじ本舗 エアコン

拭き取りだけでは不安だったので、帰られた後3時間ほど暖房運転しました。

少し塩素臭がしましたが、時間とともになくなります。

 


 

【エアコン掃除 予約のとりやすい時期】

 

実は、おそうじ本舗さんにエアコン掃除をお願いしたのは今回が2回目。

1回目は引っ越した時に今回してもらった以外のエアコン掃除をお願いしました。

その時は7月、エアコン掃除の繁忙期だったらしく、すぐには来てもらえませんでした。

 

今回(2月)は依頼して3日後に作業してもらえました。

気になることは早く済んだ方が気持ち的にもスッキリしますよね。

 

ということで、エアコン掃除を依頼するのに最適な時期を考えてみました。

(あくまでも個人的な見解ですのでご参考までに。)

 

・1月 △

年末に掃除が間に合わなかった人の余波がありそう。

また業者さんが年始の休暇をとってる場合も。

 

・2月 ◯

エアコンで暖房を使わないなら◎。

 

・3月 △

引っ越しシーズンはお掃除業者を使う人が多いかも?早めの予約がおすすめです。

 

・4月、5月 ◯

夏に向けてメンテナンスするならこの時期がいいでしょう。

 

・6月、7月 △

だんだんと汗ばむ日が多くなる時期、久々にエアコンを使う人が増え、カビ臭に気づく人が多いのでは。

 

・8月、9月 △

業者的にはそんなに仕事は多くなさそうですが、この時期にエアコン掃除すると自分が暑い。

 

・10月、11月 ◎

カビは内部で結露の起きる夏に発生しやすいと思うので、それをきれいにしてエアコンを休ませる期間としてはこの時期が最適だと思います。

空気も乾燥していますし、過ごしやすい時期なので、お金に余裕があれば毎年この時期にしたいものです。(遠い目)

 

・12月 ✕

年末の大掃除と重なり、エアコンクリーニング以外にも掃除関連の仕事が多くなる時期。

 

 

こんな感じかな〜と思います!

空いてる時期の方が業者さんもキゲンがよさそうです。笑

 


 

【エアコン掃除の業者選び】

 

最初にエアコン掃除をどこに頼もうかなと思って、まず見てみたのがWeb広告で目に止まった「くらしのマーケット」でした。

↓こちらです。


「くらしのマーケット」のいいところは、口コミ評価を見ることができるので、初めて利用する業者でも吟味して選ぶことができること。

顔写真があるのも安心感があります^^

そして、空きの予定や料金も一目でわかるので、スケジュールが立てやすく、料金比較もしやすいです。

 

業者にはこだわらないけど、とにかく安くしたい!

空いてるスケジュールに合う業者にお願いしたい!

という方におすすめです。

 

 

で、私も相方に

「ここなら安いよ〜?」

と聞いてみたんですが、用心深い相方は反応がよろしくなく。

多少高くてもいいから大手を使いたい、ということだったので、うちはお掃除業者としては一番有名な「おそうじ本舗」を使うことにしました。

↓詳しくはこちらをご覧ください。


web上で見積もりをして申し込むと、引き受け店舗から電話がかかってくるので、日時を決めます。

かかる費用もその電話でわかります。

私の頼んだところは、カード決済もできると言われていましたが、全てがそうかはわからないので、気になる人は確認してみてください。

 


 

 

そんな感じで、昨年末から引きずっていたエアコン掃除をやっと完了することができました!

分解しやすい構造にしてくれたら自力でも掃除するんですけどねぇ・・・

 

エアコンは内部にフロンガスが使用されているので、無理やり動かしたりすると、ガスが抜けたりして思わぬ事故になりかねません。

また、業者さんに聞きましたが、市販のエアコン掃除用のスプレーは、汚れが全て落ちるわけではないのと、スプレーの成分が逆にカビの栄養になってしまうため全くおすすめできないということです。

まあどっちも商売だから、どっちを信じるかは人それぞれですが。笑

 

なんでもDIYできる世の中ではありますが、無理はせず、業者に頼むところは頼んで、快適で安全な生活を送りましょうね。

 

 

この記事が参考になれば幸せます^^

では、今日はこのへんで。