我が家のフェイスタオル活用術。最後までとことん使い切って楽しい毎日に。

フェイスタオル バスマット

じゃばみ(@jabamichan)です。

唐突ながら、みなさんは、お風呂入った後どんなタオルで体をふきますか?

大きめのバスタオルはラグジュアリーな気分にさせてくれる一方、洗濯する時にかさばる、乾きにくい、干すスペースを多くとる・・・というデメリットがありますよね。

 

私は、最近は毎日洗濯機をまわすようになりましたが、少し前は結構まとめて洗濯をすることが多かったんです(汗)。

なるべく家事に遣う時間を短縮したいと思っていたんですよ。

(今はこまめに洗濯した方が1回の洗濯に対する負担が軽いな〜と感じています。)

 

そんな時にバスタオルがたくさんあると洗濯が大変ですよね。

実家ではバスタオルを使っていたのですが、実家を出てからいつしかフェイスタオルで体をふくようになりました。

ですが、お風呂あがりは水分が蒸発しやすいので、足りない感を感じたことはありません。

フェイスタオルって人からもらうこともあるので、ストックしやすい点もいいなと思っています。

 

さて、そうして数年使うと、最初はふわふわだったタオルもいつしかゴワゴワになったり、薄っぺらくなったりします。

きっと各ご家庭でもいろんな活用をされていると思うのですが、私自身もなるべく最後まで有効に使いたいなと思っています。

 

・・・ということで、長い前置きになりましたが、今日はそんなフェイスタオルを最後までとことん使い切る、私なりの活用方法(というほどでもないけど)をご紹介したいと思います!

 


 

【使い古したタオルはバスマットにすべし】

 

あ、ちなみにみなさんはバスマットは何を使っていますか?

バスマットも、素敵なものを使うと贅沢な気分になりますが、こちらも洗濯しづらいものの1つですよね。

それなのに、濡れた足で踏むものだし、髪の毛が絡みついたりするし、衛生面が気になる。

 

ということで、うちはバスマットを撤廃。

 

最近流行りの珪藻土マットなんかも考えたことがありますが、お手入れがめんどくさそう、割れたりしないか心配ということで却下。

 

なので、うちは使い古したフェイスタオルをバスマットにリメイクして使っています!

(ちなみに見た目はめちゃくちゃ貧乏臭いです・・・)

フェイスタオル バスマット

はい!こんな感じ。笑

タオルを半分に切って、切った方の端がほつれないように三つ折りにしてミシンで縫っただけです。

いや、本当は切った方の端にバイアステープでもつけたかったんですが、買ってきたバイアステープの幅が小さすぎてうまくつけられなかったんですよぉぉ。。汗

 

こういうのちゃんとかわいくできる人ってすごいな〜といつも思います。

 

 

さて、この貧乏バスマット、見た目に反してかなり使いやすいんですよ。笑

 

まず、乾きやすいです。

タオル1枚分の厚さなんだから当然です。

 

そして、量産が可能

タオルを半分に切って端を縫うという手軽さ。

使い古したタオルを使うので、はさみを入れる罪悪感は一切ありません。

 

で、その量産が可能という特性は、1人1バスマットという使用を可能にします。

たとえば家族に水虫の人がいたりすると、同じバスマットを使うのに少しためらいますよね。

しかしながら、タオル量産型バスマットなら、1人1バスマットを使っても洗濯機を圧迫することがありません!

 

また、親戚とか友達が泊まりに来た時にも、清潔な量産型バスマットでおもてなしができます。(見た目はこの場合考慮に入れない。)

雨の日に足がべちょべちょに濡れて帰って来た子供に、玄関でさっとさしだしてあげることもできます。

 

かさばらないので収納しやすいところもいいです。

 

ね、見た目の割には結構いいとこあるでしょ。

 

注意点ですが、滑り止めがないので床によっては滑りやすいかもしれません。

うちは滑ったことないのですが、心配な場合は100円ショップなどでメッシュ状の滑り止めを下に敷いて使うのがいいと思います。

 


 

【最終形態は使い捨てダスターに】

 

さて、お風呂タオルからのバスマット活用、これで心置きなくタオルを捨てられる・・・って、マダマダアァァァ!!!!

フェイスタオルは三段活用してこそ、骨の髄までタオルを使い尽くせたって言えるもんです。

 

さて、バスマットとしてもガサガサして使いにくい状態、もしくは次のバスマット予備軍が大量に待機している状態になったら、最終的にはぞうきんにしちゃいましょう!

そのままのサイズでも十分使えますし、手のひらサイズに切っておけば日々のちょっとした掃除に使えて便利です。

私は手のひらサイズに切ったものをキッチンに置いてます。

ガスレンジの油汚れをふいたり、脂っこい料理をした後のフライパンやお皿の汚れをふき取ったりして、最後はゴミ箱にポイッ。

使い捨てのダスターみたいな商品も売ってありますが、そういうのにお金つかうのってすごくもったいない気がするんですよね〜。

最終形態ダスターなら、「どうせ捨てるもんだし」と、使う時のハードルが一気に下がる。

 

つまり、もったいなさから見ないふりをしてきた汚れを、思った瞬間に消し去ることができるってわけです。

おかげでうちのキッチンは常時87%くらいのキレイさを保っています。

 

あなたがキッチンを好きになれないのは、「キッチンがいつも少し汚い」という理由なのかもしれない。

キレイなキッチンは、炊事に対するモチベーションを最高潮に高めてくれます!

そうして作った料理は、家族の絆を深め、より一層健やかで幸せな毎日の実現を可能にしてくれるにちがいない・・・!

Try it!!!!!!

 


 

【私のおすすめは泉州タオル】

 

そんな感じで1枚のタオルに焦点を当ててみましたが、タオル全体としても1年に1回、余裕があれば半年に1回ほど入れ替えを行うといつでも気持ちいいタオルでお風呂上がりを満喫できます。

買うタオルもいつも決まったものにしておけば、悩まなくて済みますし、インテリアにも統一感が出てきます。

 

私は泉州タオルが気に入っていて、いつもセットで購入しています。

泉州タオルを使い始めて4年くらいになりますが、割と丈夫で長持ちするんですよ。

タオルブランドで有名なものに今治タオルもあると思うのですが、今治タオルは、使い始めはふわふわで絶品なんですが、最初の質感があまり長持ちしない印象があります。

その分高級感は今治の方があるんですけどね〜・・・。

そこは好みとお財布の都合で選ぶといいと思います!

 

そして、タオル選びで大切なのが、厚さ。

私は今200匁(もんめ)のタオルを使用しています。

(銭湯のタオルよりちょい厚めくらいです。)

 

最初は物足りない厚さだな〜と思ってたんですが、2〜3回使うと少しふわっとしていい感じになりました。

この厚さだと、部屋干しでも短時間で乾くので、生乾きのにおいを防ぐことができます。

10枚で2000円程度という価格も嬉しい。

 

私は年1回タオルの入れ替えをしていますが、使い心地の良いタオルは生活の質を高めてくれる気がします。

みなさんもお気に入りのタオルをみつけてみてくださいね^^

※↓写真は一例です。

 

 


 

さて、このように1枚のフェイスタオルを最後までムダなく使うことで、お風呂だけでなく、洗濯やキッチンにいたるまで、あらゆるシーンでのちょっとしたストレスを軽減させることができます。

 

家事って毎日のことだから、1つ1つのストレスはちょっとずつでも積み重なると大きな負担になります。

しかも、家事をしない家族には理解されにくいんだから、マジやってらんね〜って気分になる時もありますよね。

ちょっとした工夫で家事が少しでも楽になったら、毎日がもう少し楽しくなるかもしれません。

 

ぜひ試してみてください^^

 

こんな感じで不定期ではありますが、主婦的な観点で日々の暮らしで気づいたことをブログに書いています。

(なるべく毎日更新できたらいいんですが・・・なにぶん多趣味なもんで^^;)

世間は今、新型コロナウイルスの影響で自粛のGWとなっていますが、おうち時間が少しでも楽しくなるようにいろんな情報をアップしてまいりたいと思います^^

 

更新しましたら、Twitter、facebook(じゃばみ ページをご覧ください)にてお知らせしますので、お気軽にフォローください♪

人見知りではありますが、コメントくださればお返事させていただきます^^(返事に困る内容のコメントだったら考えますが・・・笑)

 

では、今日はこのへんで。