【レシピ】冷凍時短メシを自作しよう(キムチ味編)

冷凍時短メシ キムチ味

おいでませ!じゃばみ(@jabamichan)です。

昨日に引き続き、今日も冷凍時短メシのレシピをご紹介します!

 

詳細は昨日の記事を見てね!

冷凍時短メシ【レシピ】冷凍時短メシを自作しよう(中華味編)

 

今日は、好きな人も多い、キムチ味編です!

実際、マルハニチロさんのWILDishにも「豚キムチ炒飯」があります。

これ本当においちかった^^

もちろんお金に余裕がある人は全然WILDishでいいんですけど、、

ちょっとでも節約したいなという方、冷凍時短メシを自作してみませんか?

 

入れる具材によってカスタムが自在にできる、おいしい炊き込みごはんです^^

参考になれば幸せます〜!!

 

昨日も書きましたが、このレシピでは炊飯器を使用します。

炊飯器の種類によっては、思わぬ事故になる危険もあるので、必ずご家庭の炊飯器の説明書をご確認ください。

 


 

【冷凍時短メシ(キムチ味)の材料】

 

それでは材料をご紹介します。

中華味と同様、冷凍ストックしやすい5食分の分量です。

【材料】

 

・お米 3合

 

・だしの素 1袋

 

・キムチ 100g(多くしてもおいしいです)

 

・酒 大さじ1

 

・しょうゆ 大さじ1

 

・塩こしょう 小さじ2

 

・ごま油 小さじ2

 

・冷凍余り野菜 適当に ※1

 

・肉類 適当に ※2

 

以下は、炊飯後に混ぜるものです。

【炊飯後に混ぜるもの】※炊飯はしないでね

 

・卵 1個

 

※1

使用する野菜の例としては、

玉ねぎ・にんじん・キャベツ・きのこ類など。

 

ここで注意点ですが、彩(いろどり)として青ネギやほうれん草を入れたいという方もいると思います。

ほうれん草のような葉物野菜は、炊飯器に入れると内部で浮き上がり、調圧部や蒸気口などを塞いでしまうことで思わぬ事故につながる可能性があります。

そういったものを加えたい場合は、必要であれば下ゆでして炊飯後に混ぜてあげてください。

 

※2

使用する肉の例としては、

豚肉・鶏肉・牛肉・魚肉ソーセージなど、内臓系以外であればなんでもオッケーです。

豚肉ならチャーハンらしく、鶏肉なら炊き込みごはんらしく、牛肉ならビビンバ風になると思います^^

 

野菜とお肉の量の目安ですが、炊飯器に全ての材料を入れた時に5合炊きの線より下になるくらいと考えてくださいね。

 

今回、実際に私が用意した材料はこちらです。

冷凍時短メシ

キャベツ、にんじん、玉ねぎというベリーベストオブ常備野菜。

主婦のマブダチグループです。

そして、見れば見るほどキムチの残りもんと鶏もも肉。

最近筋トレにはまっているので、タンパク質を意識して鶏肉は多めにしてみました。

 


 

【冷凍時短メシ(キムチ味)の作り方】

 

それでは今日もはりきって作っていきましょう!

①お米をとぐ

前回と全く同じ流れですが、やっぱり後からお肉を切るので、お米は最初にといでおきましょう。

といだ後は上の写真のように水を切っておきます。

 

②野菜・肉などをみじん切りにする

今回は鶏肉をちょっと大きめに切ってみました。

やる気があれば、お肉を一度フライパンで焼き目をつけると、よりおいしく作れると思います。

材料にお酒を入れているのは、お肉のくさみを緩和するためですので、焼かなくても全然問題ないです。

 

お料理苦手な方へのアドバイスとしては、先に全ての野菜を切ってから最後に肉を切ること。

私は日々のお料理でも、あらかじめ献立を考えて最初にすべての野菜を切ってしまいます。

そうすると包丁やまな板を洗う手間が省けるので、楽ですよ^^

(アクの出る野菜は切った後水につけてあげてね。)

 

また、お肉にはサルモネラやカンピロバクターなど、食中毒の原因となる菌が付着している可能性があります。

他の食品にそのような菌を付着させるリスクを減らすためにも、お肉は最後に切るのが良いのです。

ご参考まで。

 

③炊飯ジャーに3合炊きの線まで水を入れ、材料を全て投入する

冷凍時短メシ

味のばらつきをなくすために、全ての材料を投入したら菜箸などでくるりと1周混ぜてあげてください。

 

④炊飯ボタンをポチッとな!

やばい、一言一句前回の記事とおんなじタイトルや・・・・。

炊き込みごはんモードを使うとおこげが楽しめるからね!

 

⑤炒り卵を作る

 

ごはんを炊いている間に炒り卵を作ります。

この項目なんか、炒り卵は前回の写真を使うやで。(撮ってないんかい。)

冷凍時短メシ 炒り卵

調味料は不要ですことよ。

 

⑥ごはんが炊けたら炒り卵を加えてよく混ぜる

冷凍時短メシ キムチ味

このキムチ味の一番の問題点はですね・・・

炊いている間、家中がキムチの香りに包まれることです。

あ、いや、いいにおいなんですけど、中にはくさいと感じる人もいるかもしれません。汗

 

この炊飯ジャーに先ほど作っておいた炒り卵を入れて、よく混ぜたら完成です!!

冷凍時短メシ キムチ味

かつお節と刻みのりをトッピングしましたが、味のりでもおいしくいただけます^^

 

これを例にならってタッパーに詰めていきます。

冷凍時短メシ キムチ味

あ、これは前回の写真と使いまわしてるわけじゃないですよ。(これは同じでもええやろ。)

お皿に盛っているのと合わせて5食分です^^

 

あとは冷凍庫で保存するだけ。

食べる時は600Wのレンジで約4分あたためてくださいね。

おいしく食べられる保存期間は冷凍庫で約1ヶ月です。

 


 

さて、今回はキムチ味を作ってみました。

炊飯調理って途中で味見ができないのでそこが難しいところではあります。

 

ちなみにうちは、味が薄いなって感じたら容赦なく合いそうな調味料を食卓に並べます。

なにもキッチンで味を決め打ちしなくてもいいんですよ。

味覚なんて人それぞれなんだし。

それに、最近はフードコートが定着したこともあってか一家で違う味のものを食べるのも抵抗がなくなってきている気がします。

 

なので、味が薄い場合は、追い調味料をおすすめします!

キムチ時短メシなら、味のり、塩こしょう、焼肉のたれ、マヨネーズ、かつお節なんかが合うんじゃないでしょうか^^

 

味が濃い場合は牛乳など味をマイルドにするような飲み物を食卓にプラスしてみてください。

(タンパク質の補給だと言えば割と納得してくれると思うw)

 

そんな感じで私は日々の食卓を楽しんでいます。

 

また違うバージョンも作ったらアップしていきますのでお楽しみに^^

 

では、今日はこのへんで。ばいびー!