【レシピ】冷凍チャーハンみたいな時短メシを自作しよう(ピラフ編)

じゃばみ(@jabamichan)です。

冷凍時短メシシリーズ、4回目の今日はピラフ編をお届けします^^

 

この冷凍時短メシシリーズは、

 

冷凍チャーハンは意外と高いと思っている人

時々ごはんをレンチンで済ませたい日もある人

1人暮らし・2人暮らしの人

 

におすすめのごはんです^^

1回の炊飯で5食分作れるので、冷凍ストックを作っておけば楽できますよ。

 

それでは今日も張り切って作っていきましょ〜!

 

毎回書いてますが、このレシピでは炊飯器を使用します。

炊飯器の種類によっては、思わぬ事故になる危険があるので、必ずご家庭の炊飯器の説明書をご確認ください。

 


 

【冷凍時短メシ(ピラフ)の材料】

 

それでは材料をご紹介します。

冷凍ストックしやすい5食分の分量です。

 

【材料】

 

・お米 3合

 

・コンソメ 固形なら1個、顆粒なら小さじ2

 

・塩こしょう 小さじ2

 

・バターかマーガリン 大さじ半分

 

・野菜 適当に ※1

 

・ベーコン 適当に ※2

 

 

※1

使用する野菜の例としては、

玉ねぎ、にんじん、とうもろこし、ピーマン、いんげん、じゃがいもなど。

 

※2

ベーコン以外に、えびや鶏肉、ウィンナーでもおいしいと思います。

冷凍のシーフードミックスを使う場合は、あらかじめ解凍しておいてくださいね。

 

野菜とお肉の分量の目安ですが、炊飯器に全ての材料を入れた時に5合炊きの線より下になるくらい

 

今回実際に私が用意した材料はこちら。

冷凍時短メシ 材料

写真上部の真ん中のは、なすのお漬物です。

塩漬けにしていたんですが、辛くなりすぎて漬物としては食べられなかったのです。。泣

できるだけ塩抜きして、調味料的な感じで使ってます。

 

とうもろこしを入れないとピラフ感が薄れる気がするので、マストアイテムですね。

あとは、玉ねぎ、ピーマン、ベーコンという基本的な食材たちです。

それと、バターが品薄&高かったのでマーガリンを使いました。

 


 

【冷凍時短メシ(ピラフ)の作り方】

 

それでは、いつもと変わりばえしませんが作り方をご紹介します!

 

①お米をとぐ

おいしいお米のとぎ方は前回のケチャップライス編を見てね♪

冷凍時短メシ ケチャップライス【レシピ】冷凍チャーハンみたいな時短メシを自作しよう(ケチャップライス編)

 

②野菜・ベーコンをみじん切りにする

野菜はみじん切りにすることで、炊きムラが防げます。

ベーコンはちょっと大きめにすると食べる時嬉しくなります^^

 

③炊飯ジャーに3合炊きの線まで水を入れ、材料を全て投入する

冷凍時短メシ 炊飯前

ピーマンやいんげんなどの緑の野菜は、一緒に炊くときれいなグリーンにならないので、炊飯器には入れないのがポイント。

コンソメは固形の場合は手で崩しながら入れてあげてください。

 

材料を入れたら、菜箸などでくるりと1周混ぜてあげると、味のばらつきがなくなると思います。(炊いた後混ぜるからそんなに関係ないかもしれません・・・)

 

④炊飯ボタンをポチッとな!

お好みで、炊き込みごはんモードを使ってもいいです^^

 

⑤ごはんが炊けたら全体をよく混ぜてできあがり

冷凍時短メシ 炊飯後

グリーンの野菜はレンジでチンしてここで混ぜます。

ごはんと混ぜると余熱で加熱が進むので、固めにレンチンするのがポイントです。

 

仕上がりはこんな感じです。

あいにくパセリを切らしていたので、色気のない写真ですが素朴でいいかな・・・

ちなみに、このお皿はニトリの唐茶削ぎです。

落ち着きのある風合いで飽きが来ないし、和洋中どんな料理にもしっくりくる。

食洗機で洗えるので、毎日ガンガン使ってます^^

 

これをタッパーに詰めると、約280gの冷凍時短メシ5食分になります。

時間のある時に作って冷凍保存しておけば、

「今日死ぬほどだりぃよおぉぉぉ、ごはん作りたくないけどお金もないおぉぉぉぉ」

ってな時の強い味方になってくれます。

 

600Wのレンジで約4分。

厚みのあるタッパーだと真ん中があったまりにくいので、途中スプーンで混ぜてあげるとムラなくあったまります。

おいしく食べられる保存期間は、冷凍庫で約1ヶ月です。

 


 

この記事を書いている今は6月なんですが、これから夏になるとキッチンって暑くてたまらない場所になりますよね。

冷凍時短メシなら、調理は炊飯器任せなので暑さを気にせず作れます。

モリモリ食べて、夏バテ予防に今のうちから体力つけておきましょ〜^^

 

では、今日はこのへんで。