【レシピ】水不使用・甘さ控えめ「赤しそビネガー」の作り方♪

しそジュース

じゃばみ(@jabamichan)です。

このブログをご覧の方はご存知と思いますが、私は今年初めての梅干し作りに挑戦しております。

梅干しと言えば、赤紫蘇(しそ)。

スーパーで根付きの、花束みたいな立派な赤しそをゲットしたのですが 、梅干しに使うには多すぎる。

ということで赤しそを使ったものをいくつか作った中の1つが赤しそビネガーです。

 

普通のしそジュースと決定的に違うのは水を使わないこと。

普通のしそジュースは、水を入れるレシピが多いんですよ。

でも、それだと大きいペットボトル1本分できちゃって結構かさばってしまうんですよね、、

かと言って常温保存はなんとなく不安だし。

 

ってことで、実験的にではありますが、水を使わなかったらどんな感じになるんだろうと思って作ってみたんですよ。

赤紫蘇シロップ 紫蘇ジュース 米酢

使った米酢のビンにそのまま入るコンパクトさ。

これなら冷蔵庫を圧迫しないで済む。(多分常温でもいけるとは思いますが)

 

肝心のお味は・・・

酸味が少し強めだけど、炭酸で割ったらドライな感じでうまい!!!

そこに焼酎を入れたら・・・やべぇバカうまい!!!!!!

 

って感じの赤しそビネガーができました^^

甘さ控えめなので、食事と一緒にいただいても邪魔になりません。

むしろ絶妙な酸味としその香りが食欲を刺激すること間違いなし。(それはそれで困る。)

 

また、甘さ控えめなので、後からの調味が可能。

酢と同じように酢の物やマリネに使えば、赤しその香りを料理でも楽しめますよ。

 

・・・ということで、1人暮らし・2人暮らしの方、冷蔵庫小さめの方、チューハイ大好きな方におすすめしたいと思います!

よかったら作ってみてください^^

 


 

【甘さ控えめ・赤しそビネガーの材料】

 

それでは今回作った赤しそビネガーの材料をご紹介します。

【材料】

 

赤しそ 80g

 

米酢 500ml

 

砂糖 220g(甘めが好きな方は250gまで増やしてもOK)

※あると便利なもの

網じゃくし、じょうご、コーヒーフィルター

 

材料はたったのこれだけ。

今回は、梅干しに使って、柴漬けに使って、残った赤紫しそを使用したのでたったの80g。

200gくらいまで増やすとより濃厚な赤しその香りが楽しめるんじゃないかなと思います。

 

砂糖はお好みできび糖や三温糖を使ってもオッケーです^^

 


 

【甘さ控えめ・赤しそビネガーの作り方】

 

それでは作り方です。

所要時間は約30分。

 

① 赤しその葉をきれいに洗って水気を切る

赤しそ 洗う

梅干しの時の写真をまた使いますが・・・^^;

赤紫蘇の葉には、細かい泥や汚れ、虫が付いている場合があるので、大きめのボウルでざぶざぶと洗って、流水で流しながらざるに取ります。

全てざるにあげたら、キッチンペーパーで水気をざっと拭き取ってあげてください。

 

② ①と酢を鍋に入れ火にかけ、グラっときたら弱火で10分加熱

しそシロップ作り

鍋は必ず酸に強いホーローかステンレスを使ってくださいね。

こんな感じでザバッと入れちゃって大丈夫。

火加減は最初は中火で、少しグラグラするな〜と思ったら、ごく弱火にして10分加熱。

沸騰させると酢に含まれる水分が蒸発して酸味が増してしまうので、沸騰しないくらいにするのがポイントです。

 

その間に、別の鍋に水をはり、酢のビンを立てて湯煎にかけておきます。(後に熱いシロップを入れる時破損を防ぐためです。)

 

③網じゃくし等で赤しそを取り出し、砂糖を加えて溶かす

しそジュース作り

10分ほどたつと、上の写真のように酢に赤い色素が溶け出します。

酢の蒸気でむせそうになるので、換気しながら上手に作ってくださいね^^;

もしアクが出てくるようでしたら、とってあげた方が雑味が少なくなっていいと思います。

 

赤紫蘇 残り

網じゃくしですくった赤しそです。

これは後でふりかけにすると、おいしいのでとっておきましょう。

(すぐに使わない場合は冷蔵保存してくださいね。)

 

細かい葉っぱは後でこすので、神経質にならなくて大丈夫です。

 

赤しそをすくったら、砂糖を加えて溶けるまで加熱を続けます。

砂糖が溶けたら火を止めましょう。

 

④湯煎しておいた元のビンにうつす

ここで活躍するのが、じょうごとコーヒーフィルター。

これなら不器用な私でも上手にビンにうつせます。笑

写真は熱くない時に撮ってますが、湯煎にかけたビンは熱いのでやけどに気をつけてくださいね。

しそジュース作り

こんな感じでおたまで少しずつすくってうつしました。

粗熱がとれたらできあがりです。

 

今回のレシピカードをのせておきますね^^

個人使用に限り、印刷して利用してもらってもかまいません。

赤紫蘇ビネガー レシピ

 


 

【おすすめの飲み方は焼酎ハイボール】

しそジュース

試しに炭酸で割って飲んでみました。

すっぱうまい。

ほんまドライです。

酸味が強いのでほんの少しでオッケー。

これなら長いこと楽しめそうですね。うひひ。

 

ここに焼酎を好きなだけ混ぜて、何杯飲んでも飽きのこない赤紫蘇焼酎ハイボールのできあがり!優勝!!!!!

 


 

そんな感じで、今年は初夏の行事をかなり楽しんでおります^^

次の記事では、赤しそビネガー作りで使った赤しそのふりかけをご紹介したいと思います。

よかったらまた読みに来てくださいね〜!

 

では、今日はこのへんで。