【レシピ】田舎のばあちゃんの味。山口県の郷土料理「けんちょう」作ってみた

けんちょう 郷土料理 山口

じゃばみ(@jabamichan)です。

今日は私のふるさと、山口県の郷土料理のご紹介です。

その名も「けんちょう」。

けんちょう 郷土料理 山口

簡単にご紹介しますと、いちょう切りした大根・にんじんと崩した木綿豆腐を甘辛く炊いたもの。

 

コスパよくおいしくて栄養価も高いので、みなさんに知ってほしいなと思って書いております^^

簡単に作れるので、ぜひ作ってみてください♪

 


 

【けんちょうの材料】

 

それでは、材料をご紹介します。

【材料】(4人分)

 

・大根 3分の1

・にんじん 2分の1

・豆腐 1丁

・ごま油 少々

・(あれば)こねぎ

 

☆調味料

・砂糖 大さじ1

・醤油 大さじ3

・みりん 大さじ1

・塩 ひとつまみ

 


 

【けんちょうの作り方】

 

それでは作り方をご紹介します。

 

①大根とにんじんを3〜4ミリのいちょう切りにする

こんな感じで、いちょう切りにしております。

 

②鍋にごま油を入れ、豆腐を手でくずしながら入れたら点火し、中火で加熱する

山口 郷土料理 けんちょう 作り方

こんな感じで、おおざっぱな感じでオッケー。

点火を後からした方が落ち着いて作業できるし、安全です。

中火で加熱していきます。

途中焦げ付かないように時々混ぜてあげてください。

 

③豆腐から水分が出てぐつぐつしてきたら大根とにんじんを入れ、混ぜ合わせてさらに加熱する

山口 郷土料理 けんちょう 作り方

豆腐の水分で炊いていく感じです。

火が強すぎるとすぐに蒸発してしまうので、弱〜中火くらいで加減してください。

 

④再びぐつぐつしてきたら☆の調味料を入れ混ぜ、ふたをして弱火で6〜8分加熱する

こんな感じで大根が透き通って、やわらかくなったら炊きあがりのサインです。

 

⑤火を止めて味をなじませたらできあがり

煮物は温度が下がる時に味がしみこむので、少し冷ましてからいただきましょう。

こねぎをトッピングするといろどりにも味にもアクセントが出てすごくおいしいです。

けんちょう 郷土料理 山口

 

できたてもおいしいんですが、一晩冷蔵庫で寝かせた方が全体がしっとりとしてより深い味わいになります。

あたため直してもおいしいですが、冷製もまた美味。

汁気を切ればお弁当のおかずとしても使えて便利ですし、夏でも冬でも楽しめる味です^^

 

それでは、いつものようにレシピカードにまとめておきます。

個人使用に限り印刷(B5サイズ推奨)して使ってもらってもかまいません。

 

けんちょう レシピ 作り方

 


 

お手軽な野菜で簡単に作れるので、しょっちゅうばあちゃんが作ってたんですが、小さい頃はこういう料理ってそんなに好きでもないんですよね・・・

今ばあちゃんが元気で目の前に現れたら、ばあちゃんと一緒に料理して一緒に食べたいな〜。

 

けんちょうを作るたびに、そんなことを思っています^^

 

山口県に所縁がない方でも、きっとおいしく食べていただけると思うので、ぜひ作ってみてくださいね!

では、今日はこのへんで。