音楽配信始めました!各配信ストアで「じゃばみ」もしくは「jabami」をチェック♪

【実録】大学時代に居酒屋4店でホールスタッフのバイトをした私の体験談

じゃばみ(@jabamichan)です。

全く自慢にならないですが、私は大学時代から通算20以上もバイト先を転々としています!汗

どこで働いても必ず人間関係の壁にぶち当たってしまい、結果的にこうなっているわけですが・・・

そんな経験を唯一活かせる場所がブログかな〜と思いまして^^;

 

ということで、この記事では居酒屋でのバイト体験談について書いてまいります。

 


 

【私が働いた居酒屋4店】

 

実際に私が働いたのは下の4店です。

①個人経営の焼き鳥屋(新在家駅近く、2年勤務)

②個人経営の割烹居酒屋(三宮駅近く、半年勤務)

③個人経営の高級焼肉店(三宮駅近く、3ヶ月勤務)

④フランチャイズの居酒屋(王子公園駅近く、半年勤務)

 

訳あって転々とするハメになってしまいました。。苦笑

でも、おかげでいろんなお店のことを知ることができたので経験としてはおもしろかったと思います。

 

時給

時給はどこもほぼ同じで、最低賃金レベルでした。

当時は850円くらいだったと思います。

③の高級焼肉店だけは他よりも100円くらい高かったです。

 

①の焼き鳥屋のみ、大入りの時にポチ袋で500円のボーナスがありました。

 

働いた時間帯

どこも17:30か18:00スタートだったと思います。

着替える時間などもあったので、15分前には入店していました。

お店はその後も営業していましたが、22〜23時であがっていました。

 

服装

自前のTシャツとジーパンの上に、貸与のエプロンやはっぴをつけていました。

靴も自分のスニーカーでした。(1店のみ靴を脱ぐスタイルのお店だったので靴下でした。)

 

男女比率

ホールスタッフの男女比率は半々くらいですが、厨房の担当は4店舗とも男性でした。

 


 

【居酒屋で働いてよかったこと】

 

チームで働く楽しさを感じられた

居酒屋はホールを複数人で回すことが多いと思います。

ピーク時はお互いが必死にならないと、とても回らないんですが、終わった時の達成感をチームで一緒に感じられるのはやりがいの一つだと思います。

③の割烹居酒屋は、経営不振でつぶれてしまったんですが、スタッフ同士の仲がすごくよくて楽しかったのを覚えています。

厨房の人にも仕事終わりにバーに連れて行ってもらったりしたなぁ・・・。

 

料理のことやお酒の知識が得られた

ホールスタッフは料理を運ぶだけでなく、ドリンクを入れる仕事もありました。

サーバーの使い方をはじめ、お店によってはカクテルやチューハイなどの作り方も教えていただきました。

ひまな時には料理のことを教えてくれたりも。

 

今では昔働いていたお店のメニューを再現して、夕食に出したりしています。

飲食に関わる仕事は実生活でも役立つのがいいところですね。

 

まかないが食べられた

どのお店も、仕事の合間か終わった後に食事のまかないがあり、お金を出すことなく食事がとれました。

ごはんと焼き鳥、ごはんと煮物、ごはんとメニューの中から1品など、お店によって個性がありましたね。

一番嬉しかったまかないは、高級焼肉店で食べたハンバーグです。

あ、でも焼き鳥屋で食べたヒップの塩焼きも忘れられない。笑

お金がなかった大学生の私にはありがたいごちそうでした。

 

シフトの融通をきいてもらえた

大学生を雇うことが前提のお店ばかりだったので、テスト期間中はシフトを減らしてもらったり、夏休みやお正月など帰省の時には休みをもらえたりしていました。

今から思えば割と融通をきいてもらってたんだな、としみじみ。

 


 

【居酒屋で働いてつらかったこと】

 

立ち仕事がつらかった

実は私中学時代に一度ぎっくり腰をしたことがありまして。汗

以来、疲労がたまるとすぐに腰痛がきてしまうんです。

居酒屋の仕事は、なみなみとビールが注がれたジョッキを両手に10本運んだりとか、生ビールの樽を運んだりとか、重たいものを運ぶこともしょっちゅうありました。

もともと全くの運動嫌いだったので、仕事が終わる頃には足も痛くなってそれがつらかったです。

現在は筋トレ大好き人間になったので、あの時の自分に会えるなら「今鍛えておけばあとが楽だよ!」と言ってあげたいです。笑

 

人間関係がつらかった

バイト先での人間関係っていつも温和とは限りません。

普段は温厚でもピーク時に人が変わる人も結構います。

焼き鳥屋ではモタモタしてしまった私は結構どやされました。

今思えばそんなに理不尽ではなかったんですが、言われ慣れてない箱入り娘の私にはつらかったですね。汗

 

あとは、高級焼肉店では配膳の間マネージャーがずっと後ろで監視していて、

「置き方が悪い」とか「並べ方が違う」とかチクチクと言われるのもつらかった。

後から文句言うなら最初からちゃんと教えろよ、とは思いましたけど。

人によっては理不尽な人もいるので、軽く受け流せるように自分が変わるしかない部分はあります。

社会に出るとそんなことばっかりだと思うので、練習の場としてあえて頑張ってみるというのもいいと思います。

私はそれができないまま今日に至っておりますが・・・。汗

 

においがつらかった

現在は条例などができて、居酒屋も禁煙になりましたが、当時はそうではありませんでした。

自分もスモーカーだったので、タバコのにおいは仕方ないとは思っていましたが、数時間のバイトでタバコのにおいだけでなく、食べ物のにおいもしっかりついてしまうのです。

焼き鳥屋では炭火焼きだったので特に。

髪の毛についたにおいはシャンプーをしてもなかなかとれなかったのがつらかったです。

 

害虫との遭遇がつらかった

居酒屋で働いていたら仕方ないのかもしれませんが、Gとの遭遇率は高い職場だと思います。

お客さんの手前騒ぐわけにもいかないし。。

幸い、でかいやつではなく、小さいサイズのやつばかりだったのですが。

一番被害が少ないのは紙ナプキンとかティッシュとかをかぶせて靴で踏む方法。

おかげで、自分の中でG耐性ができたのはよかったことと言えるかもしれません。強くなった、うん。

 


 

【居酒屋の仕事はこんな人におすすめ】

 

以上のことを踏まえて、居酒屋の仕事は、

 

コミュニケーション力を身につけたい人

体力を身につけたい人

食べることが好きな人

 

におすすめだと思います^^

 

特に居酒屋はチームワークが大切なので、自分だけでなく一緒に働く人のことを考えながら働かなければけません。

たとえ今それができなくても、頑張って働き続ければ体も心も少しずつ鍛えられます。

学生で将来人と関わる仕事に就きたいという方は、バイトしながらスキルアップをできる職場だと思います。

お酒が入ると人は本性が出ると言いますが、そういった人間観察のチャンスととらえることもできます。

 

気になった方はぜひ、居酒屋バイトにチャレンジしてみてください♪

 

さて、バイト探しにはいろんな求人情報サービスがありますが、対象求人に採用が決まればお祝い金がもらえる「ギガバイト」という求人サイトはご存知ですか?


大手求人サイトと連携しているので、たくさんの豊富な求人情報から自分のライフスタイルに合ったお仕事を見つけることができると思います^^

上のバナーをタップするとギガバイトの求人サイトにジャンプします。

バイト探しってそれだけでも気が滅入る作業ですが、お祝い金がもらえる求人ならワクワクしながら探せますよね^^

お仕事との素敵な出会いがありますよう願っています。

 

少しでもこの体験談がお役に立てると幸せます^^

では、今日はこのへんで。