長時間の停電を経験した主婦が教える、これだけは備えておきたい最低限の対策グッズ

夫婦円満ユーチューバーKŌJIYA じゃばみ(@jabamichan)です。

以前にこのブログでも書いたのですが、台風での停電も、大阪北部地震も体験した私。

【体験談】台風でマンションが停電・断水して困ったこと 【体験談】2018.6.18 武庫川団地での大阪北部地震

アラフォーにもなると、いくつかの災害は経験するようになるんですね。。

 

でも、実際に経験してみないと防災意識ってなかなかわかないもの。

せめて、こうしてブログに書いて「こうしたらもっと楽になれるよ」とお伝えできたらなと思います。

 

この記事では、災害時でも、特に停電した時に役に立つグッズをご紹介します。

防災グッズもお金をかけようと思ったら果てしなくお金がかかってしまいます。

無理なく、でも最低限でもいいから備えておこうかな、という方におすすめです。


【これだけは備えておきたい停電対策グッズ】

※それぞれ写真は一例です。

防災クロック

防災ラジオをかね備えた、手回し充電できる置き時計。

私はキッチンのカウンターに置いて、普段からこの時計を見ることにしています。

電池が切れたらすぐに気づくし、どこに置いたか忘れないです。

停電時は、ラジオを聞いて情報を得たり、人の声に安心感をもらったりと重宝します。

 

手回し充電できるランタン

複数の充電が可能なランタンなら、非常用だけでなくキャンプやアウトドアにも使えて便利。

私はたまにメルカリなどのフリマ出品時に写真のライティングに使ったりします。笑

普段から使っておけば、いざという時もすぐに取り出せます。

 

オールインワンのグッズはダメなの?

1台で、ラジオもランタンも充電機能もついている商品も売ってありますよね。

でもその1台が壊れたら何にもできなくなります。

壊れるというリスク回避のためにも、非常用グッズは機能を分散させて持っておくのが安心です。

 

乾電池式スマホ充電器

乾電池式のスマホ充電器なら、使いたい時だけ使えてムダがありません。

急な停電時にスマホの充電がなくても、これがあれば慌てずにすみます。

電池の備蓄も忘れずに。

 

ソーラー式モバイルバッテリー

最近のスマホは消費電力が大きいので、乾電池式だけでは足りないことも。

ソーラーのモバイルバッテリーと併用すれば、急な停電が長引いても安心です。

レビューを見ていると、蛍光灯でも充電できる商品もあるようなので、普段使えば節電もできそう。

 

ネッククーラーNeo

停電でエアコンが使えない時、モバイルバッテリーさえあれば体を冷やすことができます。

これなら避難所でも他人を気にすることなく、快適に過ごせそう。

 

MEMO

その他に、

水、日持ちのするお菓子、ティッシュペーパー、ごみ袋、わりばしなど、いざという時に使えそうなものはローリングストックにして、日常使いしながらうまくまわしていくと無理なく備えられます。

 

停電の時は、気持ちがパニックになってしまいますし、いつ解消されるかわからないのはすごくストレスになります。

最低限の備えではありますが、備えておくだけでストレスを減らすことができるので、ぜひこの機会に備えてみてください。

この記事が参考になりましたら幸せます。

 

収納場所に困らない、防災バッグについての記事もよく読まれています。

【引っ越し祝いに】ちょっと変わったプレゼント 防災バッグ「OTE(On The Exit)」がおすすめ

 

では、今日はこのへんで。