【和歌山・南紀白浜】観光スポット三段壁・三段壁洞窟の楽しみ方♪

三段壁洞窟

夫婦円満ユーチューバーKŌJIYA じゃばみ(@jabamichan)です。

この記事では、和歌山県の白浜にあります三段壁・三段壁洞窟をご紹介したいと思います。


【三段壁はこんなところです】

三段壁とは、和歌山県西牟婁郡白浜町2927-52にある、景勝地。

目の前に果てしなく広がる水平線に吸い込まれそうになる景色です。

恋人の聖地にもなっているので、カップルもよく訪れる観光スポット。

表向きはそんなところですが、自殺の名所としても知られています。

サスペンスドラマが似合いそうな断崖絶壁ですし、まあ納得はできるかな・・・。

でも、私は何度も来てますけど一度もいやな空気感は感じたことありません!(そういう霊感もないけど)

 

「なんだ〜この岩は」と思ってスルーしたやつが、自殺した人の書き置きがされた石碑だったとか、この記事を書きながら知って、今さらビビってます。苦笑

 

だから、岩場の周りはよくよく見たりしないで、さらっと海の景色を見るくらいでいいと思います。

あれこれ見てたら、見たくないものも目に入っちゃうかも^^;


【三段壁洞窟とは?】

んな三段壁には洞窟があるので、岩場周辺よりも見るならこっちがおすすめ

三段壁の中には、源平合戦の時代に「熊野水軍」が舟の隠し場として利用していたという洞窟があります。

実際に行ってきたので、写真でご紹介します。

 

撮影スポット

物内でチケットを購入し、エレベーターで地底36mの洞窟へ移動。

熊野水軍になった気持ちで、記念撮影をパチリ。(この時点ではまだ熊野水軍も何かわかってない。汗)

三段壁 洞窟 記念撮影

でも、この洞窟を楽しむには、「熊野水軍」になった気持ちになることが大事!笑

洞窟内部

三段壁洞窟

レまくってますが、内部はこんな感じ。

ところどころに説明文があるので、じっくり読み込んで世界に浸れば、楽しさも倍増。

熊野水軍の待機場があったりして、臨場感たっぷり。

スイスイ歩いて行ったらもったいないです。

 

牟婁大辯才天(むろだいべんざいてん)

牟婁大辯才天 三段壁洞窟

窟内には、牟婁大辯才天(むろだいべんざいてん)という神様がまつられています。

水の神様でもあり、神社仏閣の守護神でもあります。

御朱印やお守りシールもあるので、コレクションにするのもよし。

 

他にも、自然のダイナミックさを肌で感じられる場所がいくつかありました。三段壁洞窟

こういう岩場から、舟を出して戦いに向かったんでしょうか。

だとしたら、ものすごい操縦技術ですね!スゴイ。

 

ちなみに、見ての通り、暗いので一眼レフカメラはすごくブレます!苦笑

洞窟内は1周200m、所要時間は約30分です。

観光と観光の間にはさむのにちょうどいいボリュームです。


【三段壁へのアクセス】

段壁へのアクセスは以下の通り。

南紀白浜空港よりバスで約6分。

 

紀勢自動車道南紀白浜ICより車で約15分。

 

紀勢本線、白浜駅よりバスで約25分、タクシーで約15分。

徒歩2分の場所に、無料の町営駐車場があるので、気軽に立ち寄れる感じになっています^^

駐車場は、交差点「三段壁」のすぐそば、ピンクポストの隣です。

 

路線バスもありますが、車で行きたいところですね^^;

 

岩に打ち寄せる波の迫力、潮の香り、洞窟の雰囲気は言葉や写真では伝わりません。

ぜひ、行ってみてくださいね^^



この記事もよく読まれています。

【和歌山・南紀白浜】「京都大学 白浜水族館」はコスパ最強のデートスポットだった

 では、今日はこのへんで。