音楽配信始めました!各配信ストアで「じゃばみ」もしくは「jabami」をチェック♪

【2020秋最新】ウイルス対策におすすめ「加湿空気清浄機」大手メーカー5選を比べてみました

夫婦円満ユーチューバーKŌJIYA じゃばみ(@jabamichan)です。

空気が乾燥する季節になりました。

乾燥対策はもちろんのこと、おうちでのウイルス対策もしておきたいところですよね。

ということで、ウイルス対策におすすめ、最新の「加湿空気清浄機」の情報をメーカー別に比較してみました。

リビングで使用することを想定したサイズのものを5つ選びました。

おうち時間の長い主婦の方、テレワークなど在宅勤務の方、受験生におすすめの内容です。


【ウイルス対策におすすめの加湿空気清浄機5選】

と目で比較できるよう、比較表を作りましたので、こちらもご覧ください。(クリックすると別ウィンドウでご覧いただけます。)

2020秋 加湿空気清浄機の比較表

それでは、1つ1つ特徴を確認していきたいと思います。

アイリスオーヤマ 加湿空気清浄機 RHF-253

イルス対策に有効な機能として「HEPAフィルター」に注目しました。

HEPAフィルターとは、病院や研究所内で使用される感染症対策機器にも使われている、高性能のエアフィルター。

空気中の花粉、アレル物質、ウイルス、カビ菌、PM2.5などを除去してくれます。

ウイルス自体の動きを抑制することはないとしても、部屋中にそういった有害物質を拡散することがないのは安心なポイントだと思いました。

ただ、加熱式なので、電気代は他と比べると高い印象です。

運転音も他社に比べるとちょっと気になるかなと思います。

それでもお手入れはしやすそうだし、お値段が比較した5つの中では一番安いので、とりあえず備えたいという方におすすめです。

 

三菱重工 roomist SHE60TD

ちらの大きな特徴は、 空気を吸い込む時と吹き出す時の両方でウイルスを抑制するシステムを搭載していること。

1つは「バイオフィルター」。

吸い込んだ空気中の細菌・カビ・ウイルスの細胞壁(タンパク質)に作用し動きを抑制します。

もう1つは「プラズマイオン発生器」。

加湿空気とともにプラズマイオンを発生させ、空気中に浮遊するウイルスや菌を抑制します。

アロマトレイもついているので、アロマを楽しむこともできます。

本体の色はブラック・ホワイトの2種類。

コスパの良い商品だと思います。

 

シャープ 除加湿空気清浄機 KI-LD50

ャープといえばやっぱり「プラズマクラスター」ですが、この機種は加湿も除湿もできるということで1年中使えるところが最大の特徴です。

価格はお高めですが、除湿機を別に買うことを考えたら1台で済みますし、メンテナンスにかかる負担や収納のことを考えると、精神的負担はかなり軽くなる気がします。

1年を通して、快適な空間作りをサポートしてくれる心強い商品です。

 

パナソニック 加湿空気清浄機 F-VXT70

ャープの「プラズマクラスター」に対して、パナソニックが打ち出しているのが「ナノイー」。

ナノサイズの微細なイオンは、花粉やアレル物質に効果を発揮したり、お肌に水分を届けてくれたり、と嬉しいことだらけ。

特にこの機種は「ナノイーX」搭載で、下位機種よりもさらに高い効果を発揮してくれます。

インテリアにも調和するおしゃれなデザインとパワフルな空気清浄機能でワンランク上の快適空間が実現できますね。

 

ダイキン 除加湿ストリーマ空気清浄機 MCZ70W

こちらも、上で紹介したシャープ同様、除湿も加湿も1台でできる空気清浄機。

もっとも特徴的なのが「ストリーマ」技術。

ストリーマ放電により有害物質を酸化分解する独自の空気清浄化技術のことです。

公式サイトによると、ストリーマ放電とは、一般的なプラズマ放電と比べて酸化分解力は1,000倍以上にものぼるそう。

そのストリーマ技術を搭載した空気清浄機は、空気中の有害物質だけでなく、内部のフィルターや水にいたるまで、容赦なく除菌するような設計になっています。

自分がウイルスの立場やったら、絶対近づきたくない空気清浄機ですね。

かと言って、加湿機能がおろそかになってなくて、パワフルな加湿力を実現しているのがダイキンのすごいところ。

本気のウイルス対策をしたい方にはこれ以上の商品はないと思います。

ただちょっと値段もパワフルですね〜。。。汗


以上、ウイルス対策におすすめの加湿空気清浄機5選をご紹介しました。

個人的な意見としては、除湿も加湿もできて空気清浄機能もついてるシャープはかなり高コスパな印象を受けました。

とは言うものの、各社が切磋琢磨してる様子がうかがえましたね。

目に見えないウイルスに、どこまで備えるべきか判断に迷うところですが、自分が「安心」と思える対策をして、日常を穏やかに過ごしたいものですね。

この記事が参考になりましたら幸せます。