音楽配信始めました!各配信ストアで「じゃばみ」もしくは「jabami」をチェック♪

【冷蔵庫の余りもの活用】塩味のパウンドケーキ「ケーク・サレ」で家庭のフードロス対策!

ケークサレ

夫婦円満ユーチューバーKŌJIYA じゃばみ(@jabamichan)です。

冷蔵庫の余りものを活用して、「ケーク・サレ」を作ってみました。

ケークサレとは、フランス料理で塩味のケーキのこと。

そうやって聞くと、なんだか難しそう・・・と感じるかもしれません。

 

でも、塩味の「パウンドケーキ」と聞いたら、もう少し親近感がわきませんか?

パウンドケーキは、小麦粉、バター、砂糖、卵を1ポンド(パウンド)ずつ加えて作るから「パウンド」ケーキと呼ぶんですが、基本の材料さえおさえておけばいくらでもアレンジができます。

つまり、冷蔵庫の余りものを消費するのにはもってこいなのです!

特に、塩味のケーキは朝食や、ワインのおともにぴったりで、余りものがおしゃれなごちそうになるのでおすすめです^^

 


【ケーク・サレの材料】

まずは基本の材料をご紹介します。

【基本の材料】(20cmパウンド型1台分)

 

・薄力粉 100g

・ベーキングパウダー 小さじ1(4g)

・オリーブオイル 大さじ1

・牛乳 100ml

・卵 2個

・塩 ひとつまみ

・黒こしょう おこのみで

バターの代わりに牛乳とオリーブオイルを使います。

その方が重たくなりすぎないし、他の具と味がケンカしないからです。

バターをやわらかくする手間も省けて作業が手早くできます。

 

ここに、私が追加したのは下の材料です。

余りもの・・・と言いつつ、ブログ用にかっこつけちゃう。笑

卯の花の炒り煮を作った時に余ったおから100gと、ピザ用チーズ、青じそ、セミドライトマトのオイル漬けです。

追加する具は200gまでを目安にしてください。

 

私の使ったものは加熱不要でしたが、他のお野菜でもレンチンしてやわらかくしておけば何でも具にできます。

じゃがいも、かぼちゃ、さつまいも、ほうれん草、ブロッコリーなどなど。

(トマトは生のままでオッケーです。)

ベーコンやウインナー、うずらのゆで卵、サーモンやエビもおすすめです。

ね、余りものでごちそうが作れるなんてステキでしょ^^


【ケーク・サレの作り方】

下準備 卵は室温に戻しておく。オーブンは180度に余熱。パウンド型にクッキングシートをしいておく

が冷たいままだと、油となじみにくいので失敗する原因になります。

作業に入る15〜30分前には冷蔵庫から出しておきましょう。

①具を細かく刻む

んな感じで粗みじん切りにしました。

セミドライトマトは、中に入れるために細かく切ったものと、上に飾り付けるためのものを2種類用意しました。

うずらやウインナーを入れる場合はそのままで大丈夫です。

②ボウルに卵、牛乳を入れ、泡立て器でよくかき混ぜたら、オリーブオイルを少しずつ加えながらよく混ぜる

ウンドケーキを失敗する1番の原因は、卵と油が分離してしまうこと。

薄力粉を入れるまでは、1つ1つの材料をよく混ぜておくことがうまく作るポイントです。

③薄力粉・ベーキングパウダーをふるいにかけ、3回にわけて加え、その都度ゴムベラでさっくり混ぜる

力粉を加えてからかき混ぜすぎると、「グルテン」が発生して仕上がりが固くなってしまいます。

「さっくり」混ぜる、というと難しいと思いますが、ゴムベラで「の」の字を書くようにして、時間をかけずに混ぜるというのがポイントです。

でも、ベーキングパウダーも加えるので、そこまで神経質にならなくても大丈夫。

④具・塩・黒こしょうを全て入れて混ぜ合わせる

んな感じでばあ〜と混ぜ込みます。

うずらやウインナーなどの大きい具は型に生地を流し込んでから入れるので、ここでは入れないでください。(下に沈んじゃうからね。)

⑤パウンド型に生地を流し入れ、空気を抜き、真ん中にゴムベラで線を入れる

んでしまうような大きい具は、型に生地を半分入れた状態で上にのせ、残りの生地を上から流し込みます。

生地を全部流し入れたら、表面をゴムベラで少しならします。

型の下にふきんなどを置いて、型を少し持ち上げて数回落とすことで、中の空気を抜きます。

ケークサレ 手作り

中央にゴムベラを刺して、まんなかを一文字に切ることで、火の通りがよくなり、形も山型になって仕上がりがきれいになります。

うまくできない場合は、「M」の谷を作るように真ん中をくぼませてあげるといいです。

トッピングはここでのせてあげましょう。

⑥180度のオーブンで45分焼く

き上がりは、生地の真ん中に竹串をさして何もついてこなければオッケーです。

足りない場合は5分ずつ追加して様子を見てください。

⑦焼けたらすぐに型からはずし、ケーキクーラーなどにのせて粗熱をとったらできあがり

ケークサレ 手作り

ぐでも食べられますが、冷蔵庫で一晩寝かせてからの方がしっとり感が増しておいしいと思います。

その場合は、トースターで軽く焼いてあげると、ふんわりとした食感を楽しむことができます。

 

以上の内容をまとめたレシピカードです。

ケークサレ レシピ

個人使用に限り、印刷して使っていただいてかまいません。(B5サイズ推奨)

自由に書き込んでカスタムして使ってくださいね。


【ケークサレの保存】

パウンドケーキ自体は、ラップに包んでおけば常温で1週間持つと言われていますが、全てのご家庭が同じ条件ではないですよね。

おうちの湿気具合も違うし、作りたい季節も違う。

追加の具も違うとなると、保存期間はもっと違ってくるでしょう。

なので、どなたでもいつでも安心して食べていただきたいので、常温ではなく冷蔵保存で3〜4日を目安に食べ切ることをおすすめします。

ラップに包んで、乾燥しないようにするのがポイントです。

 

また、すぐに食べないとわかったら早めに冷凍保存しましょう。

切り分けて、1つずつラップに包んで冷凍します。

食べる時はレンジで40秒〜1分ほどあたためて、さらにトースターで軽く焼くと、サクフワな食感が楽しめます。

おいしく食べられる冷凍保存期間は1ヶ月です。


 

私は常日頃、余りものをアレンジしまくっているので、フードロスはほとんどありません。

アレンジ料理ってめんどうかもしれないですが、やってみると楽しいもんです。

食費も浮くので、その分でおいしいお酒やお肉を買えば、さらに楽しくなりますよ^^

 

余りもので「ケーク・サレ」、ぜひ作ってみてくださいね。

この記事が参考になりましたら幸せます。

 

こんな感じで、毎日をちょっとずつ楽しく過ごすための記事を書いています。

よかったらまた読みに来てください^^