音楽配信始めました!各配信ストアで「じゃばみ」もしくは「jabami」をチェック♪

忙しくてごはんの準備が大変なお母さんへ。夕食につかう時間を大切なものにつかいませんか?

夫婦円満ユーチューバーKŌJIYA じゃばみ(@jabamichan)です。

先日SNSでこんな投稿を目にしました。

仕事で帰りが遅くなって、大急ぎで夕飯作って娘に食べさせていたら、コップに入れた牛乳をひっくり返され、近所に響くような声で娘を叱ってしまった。

 

あとで娘に謝られて自己嫌悪になった。

 

こんなことなら「ほか弁」でも買えばよかった。

 

でもなるべく自分で作った食事を食べさせてあげたいとも思っている。

子育てをしながら、正社員として働いている友人の投稿です。

 

私は子供がいないので、正直、親の気持ちはひとつもわかりません。

私自身の話をすると、大人になって、もしかしたら自分の母は毒親かも・・・と思うことがあり、自分も生きづらさからアダルトチルドレンだろうと思うことが多々ありました。(今はなんとか克服。)

母とのやり取りの中で、傷ついてきたことが多かったんです。

そんな私だからこそ、この投稿を見て思うことがありました。

 

もし、平日の夜にもう少しゆっくり過ごせたらいいと思いませんか?

お風呂に入ったり、絵本を読んだり・・・子供との時間を、心に余裕を持って過ごせたら幸せですよね。

この記事では、友人と同じように、仕事と子育てを両立したいお母さんのために、どうしたらそんな暮らしが実現できるか、考えていきたいと思います。


【子供がお母さんに望むこと】

なたが働く理由は何ですか?

人材会社エン・ジャパンの調査によると、結婚・出産後も働きたいと答えた女性の主な理由は以下の内容になっています。

参考 約9割の女性が「結婚・出産後も働きたい」 その理由は……?ITmedia ビジネスオンライン

・家計的にも、働ける間は働いておきたい

 

・社会とのつながりを持ちたい

 

・経済的に自立したい

 

・“家庭人”以外の自分を持ちたい

 

・キャリアアップしたい

もちろん、この中には

・子供に満足な教育を受けさせたい

・生活を豊かにしたい

そんな希望も含まれているでしょう。

 

でも、よく見てみると、これらの希望はすべてお母さん自身の自己満足のためであって、子供の意志や希望はどこにも含まれていません。

だから、お母さんが仕事でいっぱいいっぱいになってイライラすることは、子供にとってはすごく理不尽に感じてしまうのです。

 

じゃあ、子供は一体何を望んでいると思いますか?

 

・おなかがすいたらごはんが食べられること

・眠たくなったら安心して眠ることができること

 

そういった命に関わることに加えて、

 

・家族がニコニコしていること

・さみしくないこと

 

ではないでしょうか。

 

だから、基本的にはお母さんが仕事に行くことをとめたりはしない。

それがお母さんのやりたいことで、お母さんの幸せにつながるなら、応援だってしてくれると思います。

実際に私も、自分の母に対してはそう思っていました。

 

でも、同時に「さみしい」とも思っています。

そのことは忘れないでください。

たとえ、晩ごはんが「ほか弁」だったとしても、お母さんがニコニコしていることの方が子供にとっては嬉しいと思います。


【使える時間と体力は限られている】

頭の投稿を書いた友人は、自分で料理を作ることにポリシーを持っているようでした。

過去にも「共働きだった母はちゃんと夕食を作ってくれ、自分もそんな母親でありたい」と書いていたから。

 

もちろん、食事の準備を自分ですることにはメリットがあります。

自分で食事を準備するメリット

・自分で選んだ食材で作るから安心

・「母の味」を伝えられる

 

でも、同時に下のようなデメリットもあります。

自分で食事を準備するデメリット

・買い物が大変

・メニューを考えるのが大変

・作るのが大変

・後片付けが大変

その結果、夕食の後片付けが終わる頃にはクタクタに疲れてしまっているのではないでしょうか。

 

私の母は今になって

「もっとあんたとゆっくり過ごしたかった。でも忙しかったからそんな余裕はなかった」

とこぼしています。

 

でも私からすると、

「忙しくしていたのはあなたの勝手でしょ!」

と思うのが正直なところです。

毎日忙しくイライラしていた母は、何度も理不尽な怒りを私にぶつけてきました。

もし時間に余裕があったなら、そういうことは避けられたかもしれません。

子供の立場として、どっちがよかったかと言えば、言うまでもありません。

 

その後、私と母の関係は悪化し、一時は音信不通になるところまでいきました。

1つ1つは小さなできごとでも蓄積すると、そんな不幸な未来を招いてしまうことも実際にはあるのです。

 

でも、お母さんが、自分の自己実現を目指すことをあきらめる必要はありません。

ただ、1日には24時間しかない。

何かに時間を使えば、別の何かに使える時間は当然けずられます。

自分の体力や気力にも限りがある。

 

仕事、自分のこと、子供との時間。

どれもけずりたくない、大切なものだと思います。

だから、別の部分をけずることで、大切なものを守るという生き方もありだと思うのです。


【夕食のためにつかう時間を大切なものにつかう】

が思う、けずれる部分というのが「夕食のためにつかう時間」です。

一口に夕食と言っても、

①買い物

 

②献立を考える

 

③夕食を作る

 

④後片付けをする

という4つの仕事が発生します。

(これを名前のない家事と最近は言ったりしますね。)

なので、夕食につかう時間が省ければ、かなり大きな時間を手に入れることができます。

 

現在は、共働き人口の増加にともなって、管理栄養士監修、無添加にこだわった「宅食サービス」が増えてきています。

つまり、そういうサービスを利用する人が増えてるということ。

悔しいけど、自分で作るよりもはるかに栄養バランスの整った食事をすることができます。

仕事が大変な日だけでも、「宅食」をうまく取り入れることで、心の余裕が生まれるのではないでしょうか。

お母さんが、毎日いきいきと充実して、ニコニコ笑っていることが子供にとっても、幸せなことだと思います。

 

参考までに、「宅食」サービスをご紹介しておきます。

ママの休食

式会社Seven Rich Accountingが展開する宅食サービス。

管理栄養士監修 、国産食材使用、無添加調理など、栄養や安全性への配慮がなされています。

妊娠中、子育て中、ご家族で・・・とライフステージに合わせてプランを選べます。



↑バナーをクリックすると公式サイトにジャンプします。

 

メディミール

イサービスや訪問看護の分野で事業展開をしているベストリハ株式会社の宅食サービス。

管理栄養士と医療専門チームが作る制限食は、カロリーや塩分が気になる人でも安心して利用できます。

1食あたりのお値段が安くおさえられているのもありがたいポイント。



↑バナーをクリックすると公式サイトにジャンプします。

 

わんまいる

酒・お米の宅配専門店からスタートし、人のお役に立ることを経営理念にかかげる、株式会社ファミリーネットワークシステムズが手がける宅食サービス。

上の2つとは異なり、お弁当タイプではなく個包装のお惣菜が届くので、シーンによって使い分けが可能です。

国産100%、合成着色料・保存料不使用で安心して利用できます。



↑バナーをクリックすると公式サイトにジャンプします。

わんまいるのおかずは楽天市場でも購入することができます。

お試し価格 国産素材の手作りおかず15品 健幸ディナー国産原材料 国内調理 合成着色料 合成保存料 不使用 個包装冷凍食品 冷凍惣菜 和食 洋食 中華 焼き魚 煮魚 煮物 煮付け 牛肉 豚肉 鶏肉 野菜 献立 わんまいる

価格:3,480円
(2020/10/4 18:30時点)
感想(65件)

 

nosh(ナッシュ)

「食事」を通した、生活習慣病の解決を目指すナッシュ株式会社が手がける宅食サービス。

低糖質・高たんぱく質を実現し、健康的な生活を支えてくれます。

パッケージも環境に優しい「パルプモールド」容器を採用。

好きなメニューを選べるのが嬉しいポイントです。



↑バナーをクリックすると公式サイトにジャンプします。

 

仕事と子育ての両立・・・私には絶対できないので、尊敬しますし、応援しています。

こんな感じで、毎日をちょっとずつ楽しく過ごすための記事を書いています。

よかったらまた読みに来てくださいね^^