音楽配信始めました!各配信ストアで「じゃばみ」もしくは「jabami」をチェック♪

【朝起きるのが苦手な人におすすめ】前日に作る、私の楽ちんお弁当テクニック

お弁当

夫婦円満ユーチューバーKŌJIYA じゃばみ(@jabamichan)です。

私は相方が仕事の日はいつもお弁当を作っています。

ただ、私は朝起きるのが大の苦手。

なので、お弁当は前日の晩ごはん時にまとめて準備して、朝はほんのひと手間だけ。

この記事では、そんな私の楽ちんお弁当テクニック(と言うほどでもないけど)をご紹介します。

お弁当は早起きして作るものだって思い込んで無理してる人や、挫折しちゃった人にぜひ試してほしいです。


【楽ちん弁当テク:パターン化する】

がお弁当に抱いてるポリシーは以下の通りです。

毎回同じにはしたくない。

 

いろどりのいい、おいしそうな見た目にはしたい。

 

栄養バランスのいいお弁当にしたい。

 

でも、考える手間はなるべく減らしたい。

そんなわがままのすべてをちょうどいいところで叶えるべく考えたのが、「パターン化すること」です。

図解すると以下のような感じです。

お弁当 時短テク

たまごやき・根菜のおかず・緑のおかず・メインのおかずの4種類にパターンを決めています。

メインのおかずは、ウィンナー・前日のおかずの残り・冷凍食品のどれか

何を入れようか迷うことがなくなるので時短になるし、使う数量が決まってるので、冷凍ストックの管理が楽です。

相方は電子レンジが使える職場なので、ごはんは冷凍のままふりかけをかけてフタをして、保冷剤代わりにしてます。

下の写真は、全てこのパターンで作ったもの。

配置はマチマチですが、入ってるパターンは同じです。

これなら飽きないし、栄養バランスもちゃんとしてるかな、と思います。

タッパーはデコボコの少ないものを使ってて、相方も職場で洗いやすいみたいで、きれいな状態で返してくれるので、めっちゃ楽です。

かわいさとか見栄えといった不要な自己満足は一切排除した、ザ・効率主義弁当なのです。笑


【楽ちん弁当テク:冷凍ストックを作る】

日に作るのはたまごやきと、ウィンナーくらい。

それくらいなら10分もあればできちゃうので、晩ごはんの準備を圧迫しません。

その他は余裕のある時や野菜が多く手に入った時におかずを作って、一部は晩ごはんで食べて、残りをカップに詰めることにすれば、晩ごはんもお弁当のおかずも同時に作れて一石二鳥。

お弁当カップは、おかずと反対の色のカップに入れることで、いろどりが多少はよくなります。

 

それでは、おかず別に例を紹介してみます。

緑のおかず例

お弁当 冷凍

がよく作るのは以下のものです。

解凍後の味落ちや、食感の悪さが目立ちにくいおかずだと思います。

・ほうれん草のバターソテー

・ほうれん草のごま和え

・小松菜とカニカマの中華炒め

・小松菜とツナのマヨポン酢炒め

・ピーマンの塩こんぶ炒め

・ピーマンのオイスターソース炒め

小松菜よりもほうれん草のほうが、解凍後の味落ちや食感の悪さがマシなので、よく使ってます。

解凍後の味が残念になるので、ブロッコリーは最近冷凍するのやめましたね。(上の写真のものは前日に焼いたもの。)

それと、緑の野菜でおしょうゆ味を使ってしまうと、根菜のおかずと味かぶりすることが多いので、おしょうゆ味は避けてます。笑


根菜のおかず例

がよく作るのは以下のおかずです。

・大学いも

・きんぴらごぼう(れんこん)

・大根の皮のきんぴら

・かぼちゃの煮物

・ひじきの煮物

・卯の花

ね、見事にしょうゆ味ばっかり。笑

じゃがいもや里芋は、解凍した後に水っぽい食感になるのでめったに使いません。(かぼちゃも多少水っぽくなるので、固めに仕上げてます。)

以前に書いた、カップスープを混ぜたポテトサラダは味落ちがなくてよかったです。(最後に関連記事としてご紹介します。)

意外とおいしかったのが、お正月に余った黒豆。

お正月でなくても、時々炊いて楽しみたい感じです。

黒豆 冷凍
汁気を吸うようにきなこをふりかけています。

冷凍おかずを作る時に少量の粉ゼラチンを加えると、解凍後に水っぽくなるのを防いでくれるのでおすすめです。

冷凍する時は、写真のようにタッパーに詰めて、日付を書いて管理し、2週間以内に食べ切るようにしています。

冷凍に向かないおかずもあるので、そこは失敗しながら勉強してます。(食べられなくはないからね・・・)

晩ごはんで残ったおかずでも、冷凍してお弁当にすればおいしく食べられるので、無理やり食事として食べ切ったり、翌日に同じものを食べたりするよりも、ずっと幸せな方法だと思います。


【安心して食べるためのルール】

自身は、当日に作ろうが前日に作ろうが、衛生面に気をつけないなら食中毒のリスクはそんなに変わらないと思います。

前日に作ったお弁当でも安心して食べるための、マイルールは以下の通り。

マイルール

・生のものは入れない

・いたみやすいポテトサラダ、ゆで卵は夏場は避ける

・あったかいものは必ず冷ましてから詰める

なにぶん蒸気や結露などでついた水分には雑菌が繁殖しやすいので、食品の温度差には気をつけて、水分がついていたら清潔なペーパーなどでふき取ります。

食べる直前にレンチンできない人は、冷凍ものは前日夜から冷蔵庫で解凍しておくか、朝レンチンして解凍し、冷ましてからお弁当に詰めるのが安心だと思います。

 

以上が私の楽ちんお弁当テクニックです。

参考になりましたら幸せます^^

お弁当におすすめのおかずの記事もよかったらご覧ください。

【フードロス知らず】賞味期限の迫ったカップスープの消費には◯◯を作るのがおすすめ!

かぼちゃの煮物【レシピ】かぼちゃたいたん(うすくち)の作り方