音楽配信始めました!各配信ストアで「じゃばみ」もしくは「jabami」をチェック♪

【レシピ】生のじゃがいもを使った「じゃがっぺ」(洋麺亭さんれものサラダ)をご紹介します

じゃがっぺ 生のじゃがいも サラダ

じゃばみ(@jabamichan)です。

新じゃがのおいしい季節になりました!

じゃがいもを使ったお料理はたくさんありますが、せっかくの新じゃが、生で楽しんでみませんか。

この記事では、私が以前にバイトしていた夙川にあります「洋麺亭さんれも」というスパゲティ屋さんの人気サラダ「じゃがっぺ」の作り方を大公開しちゃいます!(店長からも許可いただきました!)

ただし、教わったわけじゃなくて、バイト中に見て覚えたことなので、まったく一緒ではないとは思いますが、ご了承ください。汗

シャキシャキ食感がたまらなくおいしいサラダです。

ちなみに、「洋麺亭さんれも」については下の記事で詳しくご紹介しています。

お近くにお出かけの際は、ぜひ行ってみてください^^

夙川 さんれも【阪急夙川おすすめグルメ】元店員が教える「洋麺亭さんれも」の激ウマメニュー攻略方法!


【生のじゃがいもは食べられる?】

・・・その前に、「生のじゃがいもは食べられるの?」と心配される方もいると思います。

じゃがいもは、芽と緑色になった部分に「ソラニン」や「チャコニン」という天然毒素を含んでいます。

私自身、加熱をすると大丈夫だと思ってたんですが、農林水産省のサイトによると、加熱しても減ることは期待できないそうです。

なので、生食でも加熱調理でも、じゃがいもを使う時は、芽と緑色になった部分は確実に取り除くようにしましょう。

買う時にも、新鮮なじゃがいもを選ぶことが大切です。

また、生のじゃがいもに含まれるデンプンは消化されにくいみたいなので、食べすぎにはご注意を。


【じゃがっぺの材料】

料は以下の通りです。

・レタス

・じゃがいも

・ベーコン

・和風ドレッシング※

・黒ごま

・刻みパセリ

(それぞれ適量)

※和風ドレッシングには、ぜひ「さんれもオリジナルドレッシング」を使ってください!笑

(お店でのみ購入できます。)

佐賀県の宮島醤油を使用したオリジナルドレッシングは、醤油の風味がきいた、やや酸味のあるドレッシングです。

オイルが多めなのでうまみとコクもあり、かつ酸味があるのでさっぱりといただける。

野菜がモリモリと進むドレッシングなのです!

魚介との相性もいいので、魚介系のオイルパスタを作る時に使えますぞ。

「じゃがっぺ」にもこれを使えば、お店の味を完コピです!


【じゃがっぺの作り方】

1.じゃがいもの皮をむき、薄くスライスしたら千切りにして水にさらす

 生のじゃがいも サラダ

イントは、なるべく薄くスライスすること。

水にさらすのでデンプンが多少は抜けますが、同時にビタミンも抜けちゃうので、作り始めにさらしておいて、3の行程であげるくらいがちょうどいいと思います。


2.ベーコンを細切りにして焼き目がつくように炒める

ーコンはフライパンで軽く焼き目をつけます。

焼き目のついたベーコンと、じゃがいものコンビネーションはバツグンです。

めんどくさがらずにやりましょう。


3. 水にさらしたじゃがいもの水気を切り、ちぎりレタスの上にのせ、ベーコン、黒ごま、刻みパセリを散らしたらできあがり

じゃがっぺ 生のじゃがいも サラダ

私はサニーレタスが好きなので、サニーレタスを使ってますけど、お店は普通のレタスです。

「さんれもオリジナルドレッシング」をかけていただきます。


【じゃがいも好きもうなるサラダ】

しいサラダだな〜という感じで、おそるおそる食べ始めた相方。

じゃがいもが大好きな相方の反応は・・・

「うまい!!!」

食後に感想を聞いてみたところ、

「食感もシャキシャキしてるし、ベーコンとドレッシングのオイリーさがじゃがいもとレタスのみずみずしさとマッチングして、モリモリ食べられた」

とのこと。

「また作ってね!」

という言葉までいただいちゃいました。

大皿で出したら4分の3は相方が食べちゃったと思う。笑

それくらい、じゃがいも好きも認めるサラダです^^

ぜひ、作ってみてくださいね〜!

この記事が参考になりましたら幸せます。