音楽配信始めました!各配信ストアで「じゃばみ」もしくは「jabami」をチェック♪

一人暮らし・二人暮らしのためのイチゴの保存方法!冷凍・レンチンでパックを買っても最後まで楽しめるぞ

おつとめ品 イチゴ

じゃばみ(@jabamichan)です。

私はイチゴが大好きなんですが、二人暮らしの我が家には1パックのイチゴってちょっと不便だと思ってたんですよね。

小分けパックだと割高だから、いつも普通のパックを買うんですが、保存がきかないから急いで多めに食べるか、まだ固めのイチゴを買うか・・・って感じで。

そんな中、おつとめ品のイチゴに遭遇。

なんと1パック280円!!

しかもこの日は、全品10%オフ・・・ってことは、252円!!!

これは買うっきゃない!ってことで、2パックも買ってしまった。

これはもう、ちょっとずつ楽しむ方法を考えるしかないぞってことで、二人暮らし(一人暮らしにもおすすめ!)にぴったりのイチゴの保存方法を考えてみました。


【切り刻んで冷凍保存が便利すぎる】

がイチゴを食べたい時は朝食。

最近はもっぱらグラノーラにヨーグルトかけたやつに、イチゴをプラスした朝ごはんが大のお気に入りで。

なので、切り刻んで冷凍しといたら、食べやすいんじゃね?と思いました。

やってみたら、これがめちゃくちゃ便利!

作り方をまとめておきますぞ。

1. いちごをランダムな大きさに切り刻む

おつとめ品 刻んだイチゴ

真のように、あえてバラバラの大きさに切ることで、冷凍してもイチゴの食感を楽しめるようにしました。

傷みの多いイチゴはよけておきましょう。


2. 刻んだイチゴをジップロックに入れ、砂糖(1パックあたり大さじ2)を混ぜて平らにして冷凍する

おつとめ品 イチゴ 冷凍保存

糖を入れておけば、冷凍した後に甘みが抜けるのをカバーしてくれるし、イチゴ同士がくっつくのを防いでくれます。


3. 必要な分量だけ手でほぐして使う

おつとめ品 イチゴ 冷凍保存

らにしておくスペースが空いてなかったので、ちょっとかたよってますが・・・汗

さっくりと手でほぐすことができます。

冷凍イチゴ グラノーラ

こんな感じで、グラノーラにのせると・・・あらステキ!!

ヨーグルトと混ぜていると、いい感じに溶けてきて、めっちゃおいしい!

半溶けイチゴのサクサク食感もいいし、フレッシュな味も楽しめます^^

多分、私は朝食で食べ切っちゃうと思いますが、スムージーやちょっとしたイチゴソースを作りたい時にも絶対使える。

こりゃ〜便利なものを生み出してしまった・・・。

おいしく食べられる保存期間の目安は、2週間くらいだと思います。


【傷みの多いイチゴはレンジでジャムにしたら正解だった】

て、上の冷凍イチゴを作る時によけておいた傷みの多いイチゴ。

カビが生えてるわけじゃないので、捨てるにはちょっともったいない・・・と思ったので、加熱すれば問題ないんじゃね?と思い、ジャムにすることに。

とは言うものの、たった数個のイチゴでジャムを作るのはめんどうすぎる。

ここはレンジで簡単に作っちゃえということで、作ってみました。

1. イチゴに砂糖をまぶして20〜30分放置

おつとめ品 イチゴ レンジでジャム作り

ともと傷んでるイチゴなので、早く食べることを前提に、お砂糖はイチゴ6粒で大さじ1ほどにしました。

お好みでイチゴを刻んでもオッケーです。


2. レンジで1分加熱し、全体を混ぜて再び30秒加熱する

※ちなみに、うちのレンジは600Wです。

ンジにかけてると、砂糖が泡立ってグツグツとしてきます。

あふれないような少し深めの容器で加熱することをおすすめします。


3. レモン汁を小さじ1ほど加えて混ぜ、粗熱をとったらできあがり

おつとめ品 イチゴ レンジで作ったジャム

のままのものと、半分に切ったものとが入ってますが、どちらもいい感じにとろんとろんに。

傷んでいたはずですが、加熱するとどこが傷んでたかわからなくなりました。

こっちは砂糖が少なめなので、1週間くらいを目安に食べ切るのがいいと思います。


こんな感じで、おつとめ品イチゴが保存のできるすばらしく使い勝手のいいイチゴに大変身しました!!

いや〜我ながらあっぱれだ!!!!

これはぜひ、全国のイチゴ大好きやけどパック買うのに躊躇してた人たちに試してほしいけど・・・おつとめ品のイチゴ争奪戦になったらイヤだなぁ。笑

この記事が参考になりましたら幸せます。