じゃばみの作った音楽を紹介してます!ここをタップしてね!

【30代主婦のガチな口コミ】ライスフォース・ライースリペア・米肌、全部使ってライスパワーのスキンケア比べてみた結果

ライスフォース ライースリペア 米肌 比較

じゃばみ(@jabamichan)です。

私はお米が大好き。

少しでも米農家さんの支えになれたら・・・という思いで、お米由来のスキンケアに興味を持ち、これまでKOSEの「米肌(まいはだ)」を使ってきました。

米肌には有効成分「ライスパワー」が含まれるのですが、「ライスパワー」を売りにしたスキンケアでは他に「ライスフォース」と「ライースリペア」というものがあります。

どれもよく似てるので、実際に使ってみて使用感を比べてみることにしました。

あくまでも個人的な主観にもとづく内容にはなりますが、主婦の正直な意見として書きたいと思います。


【化粧水の比較】

ライスフォース ライースリペア 米肌 比較

ずは、化粧水から。

見た目的には、どれも似たような無色透明の液体で、ややとろみのあるテクスチャーになってます。

微妙な違いをさわった感覚で比べてみました。

とろみ:ライースリペア > ライスフォース > 米肌

粧水を指の腹にのせ、こすり合わせてみた感触を比べてみました。

大きな違いではないんですが、ライースリペアが一番ぬるっとしていて、密着するような感触がありました。

米肌は、若干のとろみがあるものの、この中では一番さらりとしているように感じました。


香り:ライスフォース > ライースリペア > 米肌

り、と言っても全然イヤなにおいではないんですが、ライスフォースが一番香りが強いような気がします。

どれも無香料なので、成分的な香りなんでしょうか。

米肌は一番香りがなくて、シンプルなつけ心地だと思います。


浸透のよさ:ライスフォース=ライースリペア > 米肌

の甲にのせてなじませた時の感覚として思った感想です。

ライースリペアとライスフォースに関しては、ほぼ同じような早さで肌になじみます。

浸透の早さで言うと、米肌が一番ゆっくりかな、と思いました。(それでも早いとは思います。)

ただ、浸透の早さというのも良し悪しあると思っています。

ライースリペアもライスフォースも速乾すぎて、焦って肌を摩擦してしまったり、物足りなくてつけ過ぎてしまうということがあったので。

その辺りは個人の好みが分かれるところかなと思います。

 

価格:ライスフォース=ライースリペア > 米肌

2021年6月現在、価格は下のようになっています。

・ライスフォース(120ml)税込8,800円

 

・ライースリペア(120ml) 税込8,800円

 

・米肌(120ml) 税込5,500円

ライスフォースもライースリペアも医薬部外品だからか、米肌と比べると高いですね。


【美容液の比較】

ライスフォース ライースリペア 米肌 比較

※ライスフォースは、「ディープモイスチュアエッセンス」、ライースリペアは「インナーモイスチュアエッセンス」、米肌は「肌潤改善エッセンス」という商品名のものを比較しています。

いて、美容液。

こちらもそれぞれの違いを見つけるのが難しいくらい、よく似てる。

3つとも、やや乳白色、伸ばすと透明になるジェルタイプの美容液です。

とろみ:ライスフォース=ライースリペア > 米肌

容液も、化粧水と同じようにして比べてみましたが、ほんとに違いがよくわからない。汗

特に、ライスフォースとライースリペアは容器が違うだけじゃないかと思うくらい。

米肌も比較するとさらりとしてるかなってレベルでほとんど変わりません。


香り:ライスフォース=ライースリペア > 米肌

けた瞬間は、ライスフォースもライースリペアも米肌より香りを感じますが、肌になじむとほぼ無臭に。

ほとんど大差はありません。


浸透のよさ:違いがわからない

れもするりと溶けて肌になじむので、正直違いがわかりません。

肌になじんだ後のお肌の感じもほとんど同じで、お肌が1枚ヴェールをまとったようなうるおいが感じられます。


価格:ライスフォース=ライースリペア > 米肌

2021年4月現在、価格は下のようになっています。

・ライスフォース(30ml)税込11,000円

 

・ライースリペア(30ml) 税込11,000円

 

・米肌(30ml) 税込7,700円

美容液に関しては、すべて医薬部外品。

価格的に優しいのは断然、米肌ですね。


【クリームの比較】

ライスフォース ライースリペア 米肌 比較

後に、クリーム。

ライースリペアと米肌は、なめらかなクリーム。

一方で、ライスフォースはホイップしたようなふわっとしたクリームです。

なめらかさ:米肌 > ライースリペア > ライスフォース

リームのなめらかさは、米肌が一番するり〜んとしてます。

粘度が少ないとも言えるかな。


伸びのよさ:ライスフォース > 米肌 >ライースリペア

ちっと弾力があるように感じるライスフォースが、意外にも一番伸びがよかった。

いっぽうで、ライースリペアはなめらかな割には伸びないので、思ったより多くつけなくちゃいけないな〜と感じました。


浸透のよさ:ライスフォース > 米肌 >ライースリペア

になじませると、すっと消えていくライスフォースに比べて、ライースリペアはつけた後しばらくお肌がテカテカとしてました。

ですが、いずれも肌になじんだ後はベタつくことはなく、使い心地はよかったです。


こっくり感:ライースリペア > ライスフォース > 米肌

っくり感と言うとわかりにくいかもしれませんが、濃厚なつけ心地に感じた順です。

脂分量が多いのか、ライースリペアはつけた感がめっちゃある。

人によっては、重めに感じてしまうかも。

一方で、米肌は適度な保湿感はありますが、この3つの中では一番あっさりとしたつけ心地に感じました。


香り:ライースリペア > ライスフォース > 米肌

香りは、こっくり感と同じ順位になりました。


価格:ライスフォース > ライースリペア > 米肌

2021年6月現在、価格は下のようになっています。

・ライスフォース(30g)税込8,800円

 

・ライースリペア(40g) 税込8,800円

 

・米肌(40g) 税込5,500円

ライスフォースもライースリペアも同じ金額ですが、ライスフォースのほうが10g少ないので、より高い金額設定になってます。


【肌測定の結果を比較】

10日間、朝晩にお手入れをして、肌チェッカーで水分量と脂分量を測定してみました。

使用しているのは、美ルルの肌チェッカーという測定器。

下の記事で紹介しています。

belulu 美ルル スキンチェッカー【レビュー】belulu(美ルル)スキンチェッカーの信憑性はいかに?実際に使ってみました

この肌チェッカーのメーカーサイトでは、水分量35〜50%、脂分量20〜30%が理想的な状態であるとしています。

ライスフォースの結果がこちら。


続いて、ライースリペアの結果が下の写真です。


最後に、米肌の結果が下の写真です。

こうして見比べてみると、米肌の数値がずば抜けていいことがわかります。

保湿はしっかりされていて、脂分量はちゃんとおさえられています。


【価格も使用感も私のおすすめは米肌】

上の結果から、私がもっともおすすめしたいのは「米肌」

ライスフォースもライースリペアも医薬部外品ですが、だからってすごくいいわけじゃないんだな〜と思いました。

お値段の割に満足感が得られないというのは、スキンケア商品としてまだ努力できる部分はあるんじゃないかなと思うし。

一方で、米肌は価格と使用感のバランスが神がかってる。

私自身は米肌を使い始めて2年以上になりますが、続けやすいお値段で満足度も高いので、本当におすすめです。

このブログをきっかけに、やっぱり私には米肌が一番合ってるのがわかったので、これからも安心して使っていこうって思いました。

米肌の詳しい使い心地は下の記事で紹介しています。

米肌【30代の私の口コミ】コーセー米肌 定期便を2年半愛用してる私がレビューをご紹介します

下のリンクから、公式サイトにジャンプできます。

米肌トライアルセットはこちら!

ちょっと辛辣なことも書いてしまったかもしれませんが、私自身は、企業が競争をしてこそいい商品が生まれて、いい社会につながっていくと思っていますので、それぞれの企業さんを応援しています。

スキンケアには合う・合わないがありますので、読者のかたにはネット上の情報だけを鵜呑みにせず、自分できちんと試して検証するということをおすすめします。(私はやりすぎだが。)

この記事が参考になりましたら幸せます。