音楽配信始めました!各配信ストアで「じゃばみ」もしくは「jabami」をチェック♪

【時短】スープの具を冷凍ストックしたら食事の準備がぐっと楽になったぞ

じゃばみ(@jabamichan)です。

私は専業主婦なので、基本的には時短なぞしなくても余裕で生きていける族をやらさせてもらってます。

仕事も家事もしなくちゃいけない人がライフハックなんて考える余裕もないと思うんで、私が代わりに考えておりますのよ、オホホ。

冗談はさておき、忙しい人こそおいしい食事をゆったり食べて、毎日の活力につなげるべきだと思うんですが、なかなかそれができないから「時短」とかいう言葉がもてはやされるんだと思います。

食卓の見栄えとか、おなかの満たされ方を追求すれば、せめて一汁二菜のメニューはそろえたいところ。

「一汁」の部分でも楽になればな〜と思って、私が考えた結果、「スープの具ストック」を作るのがいいんじゃないかと・・・!

この記事で詳しくご紹介します。


【スープの具ストックの作り方】

・・・と言いつつ、仕込みは必要ですので、お休みの日とか余裕のある日にまとめて準備しちゃいましょう!

用意する材料は以下の通り。

・大根

・にんじん

・玉ねぎ

・油揚げ

・きのこ類

何回か試作した結果、冷凍しても味や食感が落ちにくく、和洋中なんでも使えるものとして、上の材料に落ち着きました。

きのこ類は、しめじやえのきがお安くて使いやすいと思います。

大根、にんじんは5ミリ厚ほどのイチョウ切りに、玉ねぎは角切りに、きのこ類・油揚げは一口で食べられるサイズにカットします。

カットした材料を混ぜて、1回分ずつラップに包んでいきます。

これをジップロックなどの保存袋に入れて冷凍したらできあがりです。

おいしく食べられる保存期間の目安は、冷凍保存で2週間ほど。


【スープの具ストックの使い方】

ープの具ストックは、上の写真のように、冷凍の状態でそのまま鍋に入れて加熱して使います。

鍋に水とだしの素を入れてスープの具を入れ、火にかけておくだけで、簡単に「一汁」が準備できます。

お肉をプラスすれば、それだけでメインにもなれちゃいます。


【スープの具ストック使用例】

れでは、使用例をいくつかご紹介しておきましょう。

みそ汁

しの素でベースを作って、小ねぎとみそを加えた、普通のみそ汁です。

この日のおかずには、もやしと冷凍しておいたニラ、豚こま肉でニラもやし炒めを作りました。

調理時間はたったの10分。

簡単すぎて逆に謝っちゃうかもしれません。


中華スープ

ちらは、前に煮豚を作った時のゆで汁を冷凍しといたものをベースに、しょう油、鶏ガラスープ、小ねぎを加えて中華スープにしました。

この日のおかずは、鶏もも肉のパン粉焼き。

スープが手早く作れるので、おかずに時間がかけられるってのもいいでしょ。


パスタ

ちらは、お湯にコンソメを入れてパスタをゆでながら、そこにスープの具も一緒に入れて、牛乳、おから、ベーコン、塩、黒こしょうを加えてパスタにしました。

10分ほどで作ったスピードパスタですが、そうとは思えない仕上がりに。

洋風なんですが、油揚げが入ってるおかげで、コクとまろやかさがあって、飽きのこない味になります。


最終日のカレーを具だくさんのカレーだしに

真は、私のお気に入り、白滝製麺の半田そうめんで作ったカレーそうめん。

最終日のカレーって、ソースは余ってても具がないってことないですか?

そこにおだしとスープの具を投入すれば、簡単に具だくさんなカレーだしが作れます。

鍋にこびりついたカレーも、おだしで伸ばせば鍋ごときれいに食べ尽くせます。

これまたお気に入りの、岩下の新生姜も添えれば、もう言うことなし。


んな感じで、和洋中、サブでもメインでも何にでも使えちゃいます。

具だくさんのスープがあるだけで、食事の充実感が全然ちがいます。 

ぜひお試しください^^

この記事が参考になりましたら幸せます。

それでも食事の準備が大変だよ〜と言うかたは、思い切って宅食を利用してみるのもおすすめです。

下の記事もぜひご覧ください。

ニトリ 唐茶削ぎ皿【共働きのイライラで家族にあたってしまう人へ】宅食サービスって知ってる?うまく使ったら解決するかもな話