じゃばみの作った音楽を紹介してます!ここをタップしてね!

【洗剤は使うべき?使わないほうがいい?】私が鉄フライパンを洗うのに洗剤が不要だと思う理由

じゃばみ(@jabamichan)です。

私がテフロン加工のフライパンから窒化鉄のフライパンに買いかえて2年が経ちました。

当ブログで窒化鉄フライパンの使い勝手を紹介する記事を書いているんですが、アクセスもそこそこいただいていて、ありがたい限りです。

窒化鉄フライパン【レビュー】テフロンから窒化鉄のフライパンにかえて3年の私がメリット・デメリットをご紹介します

さて、そんな鉄製のフライパンですが、いつもネット上で問題になっているのは

洗う時に洗剤を使うべきか、使わないほうがいいのか

ということ。

2年使ってきた私の所感ではありますが、この記事で書いてみたいと思います。


【私は洗剤を使わない・金タワシ派です】

自身の普段の洗い方は以下の通り。

使い終わったフライパンを水で流しながら、金タワシでこすり洗い。

野菜炒めなどの薄味のお料理の時は常温のまま洗います。

いっぽうで、ケチャップやカレー粉など、においや色がきつい調味料を使った時や、脂分の多い食材を焼いた時は、一度フライパンを熱してから洗うようにしてます。

タワシでひととおりこすったら、流水ですすぎ、最後にコンロで火にかけて水気を飛ばします。

タワシの素材に関しても議論があるようですが、それについては下の記事の中ほどに書いているので、この記事では割愛しますね。

窒化鉄フライパン こびりつき【鉄フライパン初心者向け】フライパンにこびりついた時の対処法


【洗剤使うべき派の主張】

記のように、私自身は「洗剤を使わない派」なんですが・・・

ネット上に見られる「洗剤使うべき派」の人の考えは「調理時の油汚れが残るのは不衛生」ということ。

だから、洗剤で汚れをリセットすべき、というのが「洗剤使うべき派」の主張です。

他の調理器具や食器など、油を使ったら必ず洗剤を使うというのは普通のことなので、洗剤を使わないことに抵抗があるという考えも、わからなくはありません。


【私が鉄フライパンを洗うのに洗剤が不要だと思う理由】

は、なぜ私が洗剤が不要だと思うのか、その理由をまとめてみたいと思います。

ホテルのコックさんがそうしていたから

を隠そう、前の夫が過去にホテルのコックをしていた人でした。

神戸で一番大きい宴会場のあるホテルの副前菜長をしていたこともあったそうです。

結婚当時は社員寮の食堂を経営していました。

私も手伝いとして一緒に働いていたんですが、その時のこと。

前夫は鉄のフライパンを使っていたんですが、洗剤を使わずに金タワシでこすって洗って終わりだったんですね。

その当時は、私はテフロン人間だったので、

「洗剤を使わないなんて信じられない!」

って思ってました・・・。

で、紆余曲折あって、自分で鉄のフライパンを買って、あの頃のことを思い出したんです。笑

一流ホテルのコックというキャリアを持つ人がそうしてたのを、誰が違うって言える?

(私は、それでいいんかって聞いたけど。笑)


2年使ってきて何の問題もないから

んなこんなで、私も前の夫の洗い方を思い出して、流水で流しながら金タワシでこすり洗いをするようになったんですが・・・

2年間ずっとそういう洗い方をしてきましたが、何の問題もなく普通に使えています。

むしろ最近はこげついたりすることが以前に比べて減ってきたように思います。

私自身が火加減に慣れてきたっていうのもあるし、フライパンが育ってきたってのもあるのかも。


めっちゃ楽だから

終的には、これに尽きます。

テフロンのフライパンを使っていた時は、油のヌルヌルがとれるまで何回も何回も洗剤を継ぎ足してはこすって、ゆすいで・・・てのをやってたので、水流しながらこすって終わりってのはこの上なく楽です。

ちゃちゃっと洗って、同じフライパンでもう一品・・・てこともやってますし。

これで今まで特に問題ないんだから、洗剤を使う理由が私にはないですね。


【自分が快適だと思うやり方を選べばいい】

ろいろ言いましたが、つまるところどっちが正しいってのはなくて、自分の「気持ち次第」です。

だって、洗剤使うって人も、不具合がないからすすめてくれるわけだし。

自分が「気持ちが悪い」と思えば洗剤を使えばいいし、「試しに洗剤を使わないでみよう!」と思うならそうすればいいと思います。

自分が快適だと思うやり方をいつも選択するということが、幸せな暮らしにつながっていくと思っています。

いろいろ試しながら、楽しみましょうね^^

この記事が参考になりましたら幸せます。