じゃばみの作った音楽を紹介してます!ここをタップしてね!

【アラフォー主婦の口コミ】ORISHIKI(オリシキ)アイリキッドスキンフィルム使ってみた

折式 オリシキ ふたえ

じゃばみ(@jabamichan)です。

以前、間の抜けた顔をなんとかしようとまゆ毛を全剃りしたっていう記事を書いたんですが・・・

【まゆげ全剃りしてみた】脱・自信のない自分!まゆげを変えたら自分が変わる

まゆ毛を作るようになったら、今度は「ひとえまぶたの貧相な目」が気になるようになったのです。。

最近は年とったおかげで、シワが入ってふたえみたいには見えるけどね・・・。

一箇所でも整形したらどんどんいじりたくなるのってこういうことか〜って思いました。笑

しかしながら、アラフォーにもなって「ふたえのり」なんて、イタいだけかしら。

・・・なんて思いながらドラッグストアに行ったら、ビックリ大仰天!(死語)

ふたえのりだけで1コーナー占めるくらい、たくさんあるんですね!!!!!

私の時代(平成中期)なんて「アイプチ」が主流だったし、「あの人アイプチしてるよね〜」なんて裏でコソコソ言われる感じの、どっちかと言うと恥ずかしいアイテムだったのに。

今や堂々と使っていいし、むしろメイクを楽しんでいこう!ってノリなのね。

そこで、ほくほくと私が選んだのが「D-UP オリシキ アイリキッドスキンフィルム」というもの。

この記事でレビューをご紹介します!


【D-UP オリシキ アイリキッドスキンフィルム の内容】

折式 オリシキ ふたえ

中身は写真の通り。

本体、写真つきのわかりやすい説明書、専用スティックが入っています。

説明書には、「ひとえの方」「奥二重の方」「たるみをリフトアップ」の3パターンの塗り方がわかりやすく載っているので、初めての人でも使いやすいと思いました。

さっそくフタを開けてみると・・・

折式 オリシキ ふたえ

フタの先端に細い筆がついています。

筆の太さは、私が持ってるキャンメイクのラスティングリキッドアイライナーと同じくらい。

こりゃ塗りやすそうだ・・・!


【D-UP オリシキ アイリキッドスキンフィルム使ってみた】

れでは、使ってみたいと思います。

私は「ひとえの方」の塗り方を見ながらやっています。

何度か使ってみて思ったことも一緒に書いていきますね。

まずは、専用スティックで位置を確認して、理想のふたえラインまでリキッドを塗ります。

この商品は、メイクをした後に使うというもの。

後からアイシャドウを塗ると、塗った部分が白く浮いてしまって、めっちゃ汚くなります。

なので何回か使ってみて、ふたえのラインをイメージしてメイクの練習をしておくといいと思います。

薄く塗るだけでキープ力があるので、厚塗りにならないように気をつけるのがポイント。

塗り終わったら、目を閉じて乾くのを待ちます。

30秒ほどで乾くので、めっちゃ早いです。

乾いた後に綿棒でやさしくなぞると、テカリを抑えてくれるらしい。

力を入れるとはがれちゃうし、いまいち効果を感じないので別にやらなくてもいいかなって感じ。汗 

ふたえラインを専用スティックで整えて・・・

できあがり!

めっちゃ自然な仕上がりです!

これなら仕事でもプライベートでも使えそう。

アップにすると下の写真のような感じ。

塗った部分が膜みたいになっています。

写真は若干ヨレてしまってますが、塗った後乾くまでにまばたきとかしちゃうとこうなるので注意。

それさえ気をつければ、大丈夫。

つっぱる感じとかもなく、塗ってるのを忘れるほどの使い心地です。

アイシャドウにラメを使うと、もっと自然な仕上がりになります^^


【耐久性もあります】

しにふたえを作って12時間、過ごしてみました。

季節は7月中旬、湿気が多くて暑い日でした。

この日は朝から出かけてて、スーパーに行ったり、外でお散歩したり、かなりアクティブに活動したので汗びっしょりだったんですが・・・

まゆげもアイライナーもすっかり落ちてしまってますが、ふたえはバッチリキープしてました!

真夏のアウトドアはちょっと厳しいと思いますが、日常生活を送る分には問題ない耐久性だと思います。


【D-UP オリシキ アイリキッドスキンフィルムの微妙なところ】

だ、いいことばっかりじゃなくて、使ってみて微妙なところもいくつかあったのでご紹介しておきます。

衛生面がちょっと心配

真は、塗った後の筆をティッシュでこすってみたものです。

この商品は、メイクをした後に塗るものなので、どうしても筆先にアイシャドウがついてしまうんです。

その筆をそのままボトルに戻すと、使ってるうちに液が汚れちゃうんじゃないかなと思います。

そうなったら買い替え時期なのかなぁ・・・。


オフがしづらい

明書には、「通常の洗顔で簡単にオフできる」と書いてあるんですが・・・

最初に使った時はお風呂で洗顔していて、微妙に落ちた部分がまつげにはりついて目に入ってしまい、めっちゃ痛かったです。。。

オフしたものがお風呂の床にへばりついて取りにくい、なんてこともありました。

なので、お風呂でオフするんじゃなくて、洗面所でコットンなどでふやかして時間をかけてオフしてあげるのがいいです。


【使い続けるとふたえが定着してきた】

ういう感じで、微妙なところは確かにあるんですが、手早く使えるし、仕上がりもきれいなので、おおむね満足できる使い心地だと思いました。

また、使い続けるとふたえがだんだんと定着してきて、塗ってなくてもふたえになるようになってきたのは嬉しいです。

アラフォーでも、まだまだキレイを目指せるんだ〜!と意気込んでおります^^

顔の印象を変えたい人、ふたえをくっきりさせたい人におすすめです!

ぜひお試しください♪

この記事が参考になりましたら幸せます。