じゃばみの作った音楽を紹介してます!ここをタップしてね!

【黄色のスイカ】「金の卵」ってどんな味?食べてみました

金の卵 すいか

じゃばみ(@jabamichan)です。

私はスーパーにある、農家さんの直売コーナーが大好き。

旬の新鮮なお野菜が安くで買えるので、よく利用しています。

私がいつも行くスーパーの直売コーナーでは、徳島県産の野菜がおもに売られています。

一品モノにも会えたりするんですが、先日は見たことのなかったスイカが売られていました。

その名も「金の卵」。

お値段は、1200円〜1600円で売られていました。

試しに買ってみたので、この記事で詳しくご紹介します。


【「金の卵」スイカの特徴】

金の卵 すいか

イズ感がわかるように、私のiPhone11と比較してみました。

直径は約15cm、全長は約30cmと、細長いです。

重さは約3.25kg。

丸いスイカと比べると、冷蔵庫には入れやすいのかなと思います。

金の卵 すいか

切ってみたのが上の写真。

赤みが強くて、色鮮やかです。

輪切りにする方が切りやすいですが、写真のように縦に半分に切って、さらに縦に半分に切ると取り分けやすいサイズになります。

包丁を入れた瞬間に果汁がしたたるほどジューシーなスイカです。

金の卵 すいか

均等なサイズで切り分けやすいので、不公平感が少なくていいですね。笑


【「金の卵」スイカは飽きのこない甘さでおいしい】

さっそく食べてみました。

率直な感想は・・・

甘い!!

甘いだけじゃなくて、味わい深くて本当においしいです。

しかも、皮のキワまで甘い。

シャリシャリ、シャクシャクと、しっかりとした食感もいい。

二人暮らしでまるまる1個のスイカを買ってしまったんで、切ったら最後・・・食べ放題みたいなノリで食べたんですが、飽きない

4日かけて、最後までおいしく食べきりました。


白い部分は普通のスイカより少なくて固い

イカの白い部分で漬物を作るという人もいると思います。

「金の卵」スイカは、普通のスイカより白い部分が薄くて、固いので、漬物ができるほど余らないかも。

私が買ったのがたまたまそうだったのかもしれませんが・・・ご参考まで。


【「金の卵」スイカ見つけたらラッキー】

ーパーには週に3〜4回行くんですが、この夏「金の卵」を見かけたのはたったの2回

それだけ生産が少ないのかな、と思います。

まさに「金の卵」ですね^^

実際に食べてみると、甘くておいしいし、冷蔵庫にもおさまるし、切り分けやすい・・・といいことづくめのスイカってことがわかりました!

見つけたらラッキーですよ、ぜひ試してみてください^^

「金の卵」のほかにも、いつでも旬のものを食べたい人におすすめの「食べチョク」という「オンライン直売所」のような通販サービスはご存知ですか?

「珍しいものが買える」「新鮮でおいしい」というメリットのほか、災害などで被害を受けた生産者さんを支援できるプロジェクトがあるなど、食べる人も作る人も、どっちもが幸せになれる仕組みづくりに取り組まれています。

こちらもぜひチェックしてみてくださいね。

「食べチョク」公式サイトはこちら

この記事が参考になりましたら幸せます。