じゃばみの作った音楽を紹介してます!ここをタップしてね!

黄色くなったネギでもムダなく使う!活用方法をご紹介します

黄色くなったネギ

じゃばみ(@jabamichan)です。

いろどりとして、薬味として、重宝するネギ。

食べきれないネギは小口切りにして冷凍するんですが、なるべくならギリギリまで生ネギを楽しみたいものですよね。

で、気づいたらいつも黄色くなっている・・・。

今までは、黄色くなった部分は捨ててたんですけど、なんかもったいないなぁと思い、活用方法を考えてみましたのでこの記事でご紹介します。


【黄色くなったネギの活用方法】

の記事では2種類の活用方法をご紹介しますね。

黄色くなったネギ

黄色い部分が少ない場合は細かく刻んで、多い場合は長めに切って使うとムダなく使えるかなと思います。

細かく刻んで料理の隠し味にする

「見た目が悪い野菜は、細かく刻んで混ぜこんで煮込む」ってのが、私の経験上で無難な使い方です。

色が悪いなら色の濃い料理に使ってしまいましょう!

上の写真では、合挽き肉をトマト煮込みにして、パスタにかけたもの。

玉ねぎのみじん切りの他に、黄色くなったネギも入れていますが、全然わからないですよね。


煮込み料理のにおい消し・ブーケガルニ代わりにする

黄色くなったネギ

めに切ったほうは、煮込み料理のにおい消しに最適なんです。

豚の角煮や鶏ハムを作るとき、ネギを一緒に煮るというのはよくある作り方だと思います。

でも、いつも「あのネギもったいないな〜」と思ってたんですよ。笑

黄色くなったネギなら、さほど罪悪感を感じることなく使えると思います。

黄色くなったネギ

てなわけで、私は黄色くなったネギは使いやすい量をラップに包んで冷凍しています。


もちろん、青いまま使い切れるのがいいんですけどね!

ぜひお試しください^^

産地直送の、旬のお野菜が買える全農の通販サイト「JAタウン」はご存知ですか?

お買い得なワケあり商品や期間限定のセール商品など、スーパーで買うのとはちがった楽しみがありますよ。

こちらもぜひチェックしてみてくださいね。

”とれたてのおいしさ”を産地直送!JAグループ、食のショッピングサイト

この記事が参考になりましたら幸せます。