じゃばみの作った音楽を紹介してます!ここをタップしてね!

大葉(青じそ)はコップ2つとビニール袋で2週間以上保存できる!ドアポケットにも収納できる保存方法

大葉

じゃばみ(@jabamichan)です。

薬味として重宝する、大葉(青じそ)ですが、気づいたら冷蔵庫でしおれていた・・・なんてこと、よくありますよね。

私自身は、この記事でご紹介する保存方法をやり始めてから、そんな失敗がなくなりました。

それどころか、2週間以上もフレッシュな状態で保存できたので、ちょっとずつ楽しめてよかったです。

参考になればと思い、記事にまとめておきますね。


【コップ2つとビニール袋を使った大葉(青じそ)の保存方法】

コップ

準備するのは、コップ2つ。

重ねて使うので、背の低い丈夫なコップがいいです。

ビニール袋は、私は買ってきた大葉の袋を使いますが、普通のビニール袋があればオッケーです。

コップの1つには水道水を入れておきます。

水の量は、大葉の茎が浸かるくらい。

水を入れたコップのほうに、さっと水洗いした大葉を入れます。

葉っぱが水に浸かってしまうと、変色したり傷んだりしやすいので、1枚ずつ茎を水に挿してあげるといいと思います。

ここに、ビニール袋を上からかぶせます。

ビニール袋が内側に入りこむように、もう1つのコップに重ねると・・・

こうなります!

これを冷蔵庫で保存します。

水は毎日1回変えてあげるのがベストですが、そんなに神経質にならなくても大丈夫。

コップ1つ分の面積があればいいので、冷蔵庫の中でも邪魔になりにくいです。

ドアポケットにも収納しておけます。

大葉 保存方法

転倒さえ気をつければ、すごく扱いやすいと思います!

ちなみに、冷蔵庫ですっかり忘れていて、気づいたら15日は経っていた大葉が下の写真です。汗

大葉

水さえ変えてなかったのに・・・おいしくいただけてよかった!

・・・てな感じで、買ったその日にもこうして保存しておくと、大葉が長く楽しめますよ。

ぜひお試しくださいね。

それでも使い切れない時は、大葉のジェノベーゼソースを作るのがおすすめ。

イタリアンな楽しみ方で、マンネリも解消できますよ。

よかったら下の記事もご覧ください。

【レシピ】バジルがなくても代用できる!大葉のジェノベーゼソース