じゃばみの作った音楽を紹介してます!ここをタップしてね!

予算3000円でおせち作ってみたらどうなる?しょぼいとは言わせないぞ!

3000円おせち 材料

じゃばみ(@jabamichan)です。

いよいよ今年もあとわずか。

新年を明るく迎えるために、頭を悩ませるのはおせち。

新年くらいパ〜ッと・・・と思う人は少なくないと思いますが、お正月だからって高値で売られるおせち、本当にお値段相応の価値があるのかしら

・・・というわけで、予算3000円でおせちを作ったらどれほどのものが作れるのか、検証してみることにしました。(調味料の金額は含みません。)

作ったのは10月上旬なので、年末よりも物価が安いかもしれません。

ただ、重箱に入りきらなかったおかずもあるので、それで相殺と考えていただけたらと思います。


【予算3000円におさえるためのポイントは代用おせち】

算3000円におさえるために、おせちの定番だけど削ったものがいくつかあります。

それらは、おせちの中でも「原価の高いおかず」だと思うので、逆に言えば、それさえ入れなければ安くおさえられると言えます。

内容がしょぼくならないように、それぞれ代用品を作ったので、ご紹介します。

レシピは当ブログの姉妹サイト「余白の多いレシピ帖」のリンクを貼っておきますので、気になったら見てみてください。

栗きんとん → かぼちゃで代用

かぼちゃきんとん

はどうしたって高い。

それに市販の栗きんとんは、甘すぎて口に合わないなんてことも。

同じ黄金色なら、かぼちゃやさつまいもで代用できます。


数の子 → 焼きたらこで代用

焼きたらこ

販の数の子で国産ものなんて見たことないし、伝統だからって無理に入れなくてもいいのでは、といつも思う。

1パックあたりの量が多すぎて、買っても余ってしまうし。

(あったらそりゃ食べたいけど・・・)

なので、無理せず焼きたらこでいいんじゃないか、と。


丹波黒豆 → 北海道産黒豆で代用

黒豆

粒でふっくらとしてておいしい丹波黒豆ですが、一番安い黒豆と比べると3倍ほどのお値段です。

もちろん丹波黒豆もおいしいんですけど、北海道産黒豆でも十分おいしいです。


ブリ → 鮭で代用

鮭の西京焼き風

世魚で縁起がいいことから、おせちによく用いられるブリ。

脂がのっておいしいですが、やっぱり高い。

鮭はブリと比べると安く売られてることが多いですが、海に出て成長した後に再び川に戻ってくることから、縁起のいい魚と言われることもあるそうです。

おせちっぽく、西京焼き風にしてみました。


【意外と低コストな手作りおせち】

の他にも、伊達巻、食べる煮干しで作る田作りや、紅白なます、たたきごぼう、お煮しめなど作ってみました。

これらは、定番のおせち料理の中では、低コストで作れて量もとれます。

その他に、鶏胸肉で作った鶏ハムと、かまぼこを入れて・・・できあがり!

予算3000円おせち

盛り付けには、お弁当カップや100円ショップで買った飾りを使用。

派手さはないですが、しょぼくもないよね?!

ほっこりと家庭的なおせち料理ができました。


【ただし時間だけはかかる】

果、予算3000円で全11種、3〜4人前のおせちが作れました。

低コストでおさえられた反面、作るのにかかった時間は6時間

洗い物など雑務を含めると8時間くらいかかりました。

時給1000円とすると、8000円くらいのおせちだったら買ってもいいんじゃなかろうか、という気持ちになります。。

そのあたりの考え方は、人それぞれってことで・・・。

私は10月にこれを作ってヘトヘトになりつつも、早々におせちを楽しんだので、このお正月はテキトーにやり過ごそうと思います。笑

楽天市場、ヤフーで買える1万円以内のおせちをまとめてますので、よかったら下の記事もご覧ください。

【おせち2022】楽天市場・ヤフーで1万円以内で買える 3人前のおせち9選をまとめてご紹介します

この記事が参考になりましたら幸せます。