じゃばみの作った音楽を紹介してます!ここをタップしてね!

【比較】コーセー 日焼け止め美容液「サンカット」ライトアップUVとトーンアップUVおすすめはどっち?

コーセー サンカット 日焼け止め トーンアップとライトアップ

じゃばみ(@jabamichan)です。

毎年どれを買おうか迷う、日焼け止め。

この春夏は、コーセーの日焼け止め美容液、「サンカット」トーンアップシリーズを試してみることに。

「ライトアップ(ノーカラー)」と「トーンアップ(ラベンダーカラー)」のエッセンス、2つで迷ったのですが、せっかくなので両方買って使い比べてみました。


【サンカット トーンアップシリーズの特徴】

ずはトーンアップシリーズの特徴をご紹介します。

詳しい成分は公式サイトで確認していただくとして、商品の使い勝手に注目してご紹介しますね。

・顔・からだに使える

 

・化粧下地として使える

 

・石けんで簡単にオフできる

 

・ウォータープルーフ

 

・スキンケア成分配合

 

・アレルガード機能(花粉・ちり・ほこりなどの環境ストレスから肌を守る)

 

立体パール(マイカ・酸化チタン)が入ってる

最大の特徴は、光を反射する「立体パール(マイカ・酸化チタン)」が入っていて、ツヤのある肌を演出してくれること。

それが、メーカー的に「インスタ映え」するだろうという売り文句になっているようです。

それはともかく、紫外線などの肌ストレスから守りつつ、スキンケアもできて、おまけに肌がきれいに見える、いいとこづくめの日焼け止め、という印象です。


【サンカット ライトアップとトーンアップのちがい】

商品のちがいは、「トーンアップ」には色がついていて、顔色に合わせて選べるようになっていること。

以下、トーンアップシリーズのサイトを参考にまとめました。

◯ラベンダー

エレガント系、イエベ肌向け、透明感アップ

 

◯ミントグリーン

クール系、ブルベ肌向け、赤みをおさえて白肌感アップ

 

◯ピンクフラミンゴ

キュート系、ブルベ・イエベ肌向け、血色感アップ

ただし、成分を見てみると「トーンアップ」には防腐剤のパラベンと着色料が含まれているので、気になる人もいるかもしれません。

いっぽうで、ノーカラーのライトアップは、肌色に関係なく、ツヤ・立体感アップの効果が期待できます。


【実際に使って比べてみました】

れでは、実際に両商品を使って比べてみましょう。

コーセー サンカット 日焼け止め 比較

左がトーンアップ(ラベンダーカラー)、右がライトアップ(ノーカラー)です。

香りは、どちらも石けんのような香りで似ていますが、ライトアップのほうがやや強いです。

コーセー サンカット 日焼け止め 塗り広げたところ

どちらもするすると伸びがよく、肌なじみがいいです。

軽いつけ心地で、べたつきもないので、使用感としてはかなりいいですね。

コーセー サンカット 日焼け止め 塗った後のお肌

全部伸ばしてみると……目視ではちがいが感じられません

トーンアップのほうが血色よく見えるのかな?と期待してましたが、、気持ちの問題かな。

ただ、どちらも伸ばした後はツヤっと光沢がある感じになるので、確かに、透明感のあるきれいな肌に見える気がします。

とは言え、インスタ映えするほどのものではないですね。(撮影の技術を磨きましょう。)


【私のおすすめはノーカラーのライトアップ】

上のように、どちらも大きなちがいは見られませんでした。

トーンアップのほうは、コントロールカラーほど肌色に対するカバー力はないし、パラベンと着色料が入ってる分マイナスかな、と。

なので、どちらを買うか迷ったら、私は「ライトアップ」をおすすめしたいと思います!

ご参考まで。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA