じゃばみの作った音楽を紹介してます!ここをタップしてね!

十三駅で売ってる「喜八洲総本舗」のみたらし団子っておいしいの?食べてみました

喜八洲総本舗 みたらしだんご

じゃばみ(@jabamichan)です。

阪急十三駅構内にある、喜八洲総本舗のみたらし団子。

前から売ってあるのは知ってたんですが、夫が仕事帰りに買ってきてくれました!

食べてみたのでレビューしたいと思います。


【喜八洲総本舗とは】

喜八洲総本舗 みたらしだんご 外装

三駅西口から50mほどの場所に本店をかまえる、昭和23年創業の和菓子屋さん。

公式サイトを見てみると、「酒饅頭家元」の文字があるので、そちらが主力商品なのかな。

喜八洲という屋号は、「菓子業により八洲(日本中)の皆様に、大いに喜んで頂こう」という意味合いで名付けられたようです。(公式サイトによる)

喜八洲総本舗 公式サイトはこちら


【喜八洲総本舗のみたらし団子の特徴】

喜八洲総本舗 みたらしだんご 箱を開けたところ

タレがたっぷり

の写真は、5本入りのうち2本を取り出したところなんですが、見ての通りタレがたっぷり。

持つところが多少ベタベタしちゃうのが難点ですが、食欲をそそりますね。


円筒状のおだんご

のおだんご、丸ではなく円筒型。

炙った時に焦げ目がつきやすく、タレの絡みをよくするためだそうです。


焼き加減を選べる

のみたらし団子は、注文時に焼き加減を選べるのがユニーク。

上の写真は「普通」の焼き加減ですが、

・コゲコゲ
・コゲ多め
・コゲ普通
・コゲ少なめ

の4段階で好みに合わせて焼いてくれます。


消費期限は当日

喜八洲総本舗 みたらしだんご 品質表示

質表示がこちら。

消費期限は当日となっています。


レンジでの加熱時間

めた場合は、レンジで加熱すると、やわらかな食感が楽しめます。

加熱時間は以下の通り。

1本:500W 30秒・600W 25秒・1000W 20秒

5本:500W 60秒・600W 50秒・1000W 40秒


【喜八洲 みたらし団子 食べてみた】

喜八洲総本舗 みたらしだんご かじったところ

れでは、いただきま〜す!!

もぐもぐ……う、うまい!!!

思ったより甘さ控えめなので、たっぷりタレがかかってるのにしつこくない。

お団子だから重たいかな〜と思ったけど、お団子自体の甘さもほんのりとしたもので軽い食感。

タレと団子がおいしく絡み合って、パクパクと食が進みますね。

焦げ目の味はそんなに分からなかったので、焦げ目の醍醐味を味わうならコゲ多めから試してみてもいいかも。

このタレ、北海道厚岸産の上質昆布でダシをとり、香川県産たまり醤油と白ざら糖を使って仕上げたものだそう。

ほどよいとろみがあって、甘辛くてクセになる味わいです。

余るほど入っているので、私はスプーンですくってタレをちびちびと楽しみましたが、バニラアイスにつけたり、ローストしたくるみを絡めてもおいしいと思います。


【クセになるおいしいみたらし団子】

上のように、甘さ控えめで何個でも食べられ、クセになる味わいのおいしいみたらし団子でした!

阪急十三駅構内の他、伊丹空港、JR新大阪駅、阪急池田駅などなど……あちこちに店舗があります。(2022年6月現在)

ぜひ焼きたてを食べてみたいな〜と思うのですが、駅だと勇気いりますね。笑

おいしかったです〜!ごちそうさまでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA