じゃばみの作った音楽を紹介してます!ここをタップしてね!

【レビュー】サーモス 1Lステンレスポットを冷水筒として使うメリットとデメリット

サーモス ステンレスポット

じゃばみ(@jabamichan)です。

麦茶のガラスポットを割ってしまったので、サーモスの1リットルのステンレスポットを買ってみました。

1ヶ月ほど使ってみたので、この記事でレビューをご紹介します。


【サーモスのステンレスポットを使ってみる】

茶パックを入れて、浄水を注ぎ、冷蔵庫に放置する、という使い方で使ってみました。

サーモス ステンレスポット パーツ

ふたの部分は、「ふた」「中せん」「お茶パック入れ」の3つのパーツでできています。

お茶パック入れはパッキンに引っかけて使用し、使用後は引っぱると抜ける仕組みです。


【メリット】

どこでも使える

サーモス ステンレスポット

手で持てるサイズ感。

ふたをしておけば保温もバッチリなので、お茶を作ったらずっと卓上に置いておけます。

わざわざ冷蔵庫に行く必要なし。

お出かけにも持って行けますね。


注ぎやすい

サーモス ステンレスポット ふた

ぎ口はアーモンド型。

ドバッと出ずに注ぎやすいです。


洗いやすい

サーモス ステンレスポット 広口

ーツがわかれている上、本体も広口で手がすっぽり入るので、洗いやすいです。


【デメリット】

中身が冷えにくい

蔵庫にはふたをしない状態で入れているのですが、常温の水でお茶を作ると中身がなかなか冷えません。。

保温性能が優れているがゆえのマイナスポイントですね。。。

私は飲む前にポットに氷を入れて対応しています。


お茶パック入れを取る時に注ぎ口を触ってしまう

サーモス ステンレスポット お茶パック入れ

茶パック入れは中せんについているので、取りはずす時に注ぎ口に触れてしまいます。。


残量がわかりにくい

から中身が見えないのと、本体に重みがあるので、お茶が少なくなっていてもわかりづらいです。


【冷水筒以外にも楽しみ方がたくさん】

上のように、サーモスのステンレスポットを冷水筒代わりに使うのは、メリットもデメリットもあります。

でも、丈夫だし、いろんな使い方ができるので、私自身はけっこう楽しんで使ってます。

冬にはあったかい飲み物にも使えるし、キャンプや旅行でも役立てられると思います。

気になってる人はぜひチェックしてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA