じゃばみの作った音楽を紹介してます!ここをタップしてね!

【西宮神社】十日まいり「招福縁日十日市」に行ってきました

じゃばみ(@jabamichan)です。

先日、西宮神社で「招福縁日十日市」が開催されたので、行ってきました。

この記事で、詳しくご紹介します。


【招福縁日十日市とは】

西宮神社では、1月10日の十日えびすにちなんで、毎月10日を縁日とし、祭典と「とおかし(お菓子のふるまい)」を行っています。

招福縁日十日市は、10日の縁日にあわせて開催されるマーケットで、野菜や果物、手作り品などの露店が参道に立ち並ぶというもの。

2022年の9月10日が第1回目、10時〜15時の開催でした。


【境内の雰囲気】

十日市は参道で開催されている

西宮神社 招福縁日十日市

門から入って、中を進んでいくと、参道に露店が立ち並んでいました。

お菓子やコーヒー、お茶など軽食が楽しめたり、野菜や果物、ハーバリウムの販売のほか、足つぼマッサージも。

バリエーションがあって、見ているだけでも楽しめました。


本殿付近は十日まいりの人でたくさん

が訪れたのが10時40分頃。

本殿は祭典の真っただ中。

拝殿の中は混み合っていたので、普通にお参りだけしてその場を後にしました。


えびす舞の定期奉納

えびす舞

11時には、おかめ茶屋前で人形芝居戎座(えびすざ)さんによる、えびす舞の定期奉納がありました。

土曜日ということもあり、たくさんの人がおかめ茶屋の和菓子やお茶を楽しみながら、えびす舞を観覧されていました。

私も久々に見させていただき、福を感じて幸せな気持ちになれました。

人が多かったので、あいさつはできなかったけど…戎座さんにはいつも元気をもらっているし、舞台に立つ者として学ぶことが多くあります。

感謝。

ただ、蚊が多かったので、夏〜秋は虫除けスプレーなどしたほうがいいですね。(めっちゃ刺された。笑)


【毎月10日のお楽しみに】

拝する人、マーケットを楽しむ人、茶屋でまったりする人などなど……みんなが思い思いに楽しんでいて、境内はほのぼのとした空気に包まれていました。

コロナ禍でずっと引きこもっていた私は、久々に感じる人の多さに及び腰になってしまい、早々に退散しましたが、お祭り気分を味わえて、行ってよかったなと思いました。

実は「十日まいり」自体が初めてでしたが、マーケットがあることでより身近に感じられました。

十日市は今回が1回目、ということなので、今後も楽しみに参拝したいなと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA