レモンのコンフィと紅茶のパウンドケーキを作りました

レモンのコンフィと紅茶のパウンドケーキ

レモンシロップを作った時に、副産物としてできたレモンのコンフィ。

冷凍庫に少しだけ残っていたので、紅茶と一緒にパウンドケーキにしました。

レモンティー風味でおいしかったので、レシピにまとめておきます。


※当サイトではアフィリエイト広告を利用して商品を紹介しています。

【材料】

  • 薄力粉 140g
  • きび糖 100g
  • 卵 2個
  • バター 100g
  • サラダ油 20g
  • ベーキングパウダー 小さじ1
  • 紅茶のティーバッグ 2袋
  • レモンのコンフィ 適量

茶は、スッキリした味にしたかったのでダージリンにしました。


【下準備】

  • バター、卵は常温に戻しておく(気温が低い時は湯煎の準備を)
  • 薄力粉とベーキングパウダーは合わせてふるいにかける
  • 紅茶の葉はすり鉢を使うか、スプーンの背を使って、細かくしておく
  • レモンのコンフィはみじん切りにしておく
  • パウンド型にオーブンシートを敷いておく
  • 上記の準備ができたらオーブンを180度に予熱する

【作り方】

1. ボウルにバターを入れ、クリーム状になるまで混ぜたら、砂糖とサラダ油を入れて泡立て器でよく混ぜる

番めんどくさい作業ですが、パウンドケーキがうまくいくかはバターにかかっているような気がします。

丁寧に混ぜていきます。

2. 溶き卵を3回ほどに分けて混ぜ入れる

の温度が低いと、バターが分離してモロモロした感じになってしまいます。

そうなったらあわてずに、40度の湯せんにかけてひたすら混ぜると、リカバリーできます。

3. ゴムベラに持ち替え、ふるっておいた粉類を入れ混ぜる

ぜ込みが不十分だと、気泡の原因に。

逆に、練ってしまうと固い仕上がりになってしまうので、切るように、手早く、よく混ぜるのがポイント。(これがむずい。)

4. 型に流し入れ、軽くトントンして空気を抜いたらオーブンへ。180℃で10分焼く

5. 10分後、生地の真ん中に濡らしたナイフで切れ目を入れ、再度オーブンで30〜40分焼く

6. 竹串などを刺してみて、何もついてこなければできあがり

熱を取った後、ラップなどに包んで一晩置いた頃が食べ頃です。

トースターやレンジで軽く温めて食べるのがおすすめ。


ちょっと余ったコンフィと紅茶で、こんなにおいしいパウンドケーキができるとは。

フードロス問題が叫ばれていますが、残さず使いきるための心の余裕がないのが原因なのかな、と思ったり。

お菓子を焼けるくらいの心の余裕、持っていたいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA