【覚え書き】瓶詰めうにのパスタ

LINEで送る
Pocket

IMG_1968

冷蔵庫で3年くらい熟成された瓶詰めうにがあったので、冷蔵庫のお片づけも兼ねて消費しようと作りました。
実家の母が作った萩の玉ねぎとのコラボです。

材料(2人分)
・玉ねぎ 適量
・大葉 適量
・のり 適量
・スパゲティ 2束
・めんつゆ(濃縮タイプ)
・瓶詰めうに 適量

下ごしらえ
・玉ねぎは薄くスライス(辛味が気になる場合は水にさらしておく)
・大葉を刻む
・のりを刻む

作り方
1.スパゲティを茹でる
2.小鍋に牛乳100ccくらいと瓶詰めうに(大さじ1)、めんつゆ(濃縮4倍のもので小さじ2くらい)を入れて沸騰しない程度に温める。(牛乳でなく生クリームを使うとよりクリーミーになると思う)
味見をしながら濃ければ牛乳を、薄ければめんつゆを加える。
3.標準ゆで時間の1分前になったら麺を上げて2の小鍋に入れる。麺が好みの固さになったら火を止めてお皿に盛り付ける。
4.下ごしらえしておいた玉ねぎスライス、大葉、のりをのせたらできあがり。

玉ねぎも美味しいけど、小ねぎをたっぷりのせても美味しいだろうな〜。
実家周辺では、季節になると漁師さんが玄関先でうにの殻を割って身を出す作業をするのですが、瓶詰めうにを見るとその作業を眺めていたのを思い出します。

うちは実家が小売店を営んでいたのですが、軒先に座って瓶詰めうにをほじくって食べる5才児を見て、卸のおじさんが「この子は将来酒飲みになるでぇ」と言ったそうです。
結果、おじさんの予想は見事に的中しましたw

そんな瓶詰めのうに。
アルコール漬けのものは日持ちするので、高級品ではありますが、またお目にかかりたいと思います^^

では、今日はこのへんで。