【阪神西宮】日本酒屋 柿炭で「一期一会」を楽しむ大人の日本酒タイムを満喫♪

夫婦円満ユーチューバーKŌJIYAの じゃばみ(@jabamichan)です。

今日は、阪神西宮駅えびす口より南に徒歩5分ほどの場所にあります、日本酒屋 柿炭さんをご紹介したいと思います。

 


【日本酒屋 柿炭ってこんなお店です】

「日本酒バー」という感じでちょっとしたおつまみと日本酒を楽しめるお店です。

日本酒は、店主の秋岡さんが仕入れにこだわった名酒ばかり。

仕入れはその日によって違うので、行った時に出会う「一期一会」の日本酒を楽しんで。

なかなかその土地に行かなければ目にしないような銘柄のお酒との出会いは、自分の知見を広げてくれます。


【柿炭の魅力】

初めてでも、1人でも、退屈しない心配り

外からのぞくと、バーとは思えない明るい照明の光がこぼれる。

誰でも気軽に日本酒を楽しんでもらいたい、という気持ちが、窓ガラスを越えてあふれてくるようです。

 

清潔感のある店内で、女性1人だけで来るお客さんも多い。

初めてのお客さんには「このお店はどこで知られたんですか?」と、気さくに声をかけ、緊張をほぐしてくれます。

「今日入荷しているお店を並べますね。」

空気が和らいだところで、入荷しているお酒の瓶を何本も目の前に並べられると、お客さんの表情はいっぺんにほころぶ。

選ぶ楽しみや、知らないお酒を知る楽しみ、どんな味なんだろうっていうワクワク感。

 

会話の中から、好みの日本酒を聞き出し、おすすめもしてくれる。

だから初心者の人でも、楽しめる。

 

お店の入り口は狭くて、初めての方には少し入りづらいかもしれません。

でも、一歩足を踏み入れるとほっとできるような空間が広がっていますよ^^

 

柿炭 店長 秋岡さん

ピントが見事に前の瓶に合ってしまっていますが。。気さくな店長秋岡さんです。

そういう雰囲気のお店なので知らない人同士でも会話が思わず盛り上がったりすることも。

私自身、今まで1人で行ってつまんなかったってことはありません。

いつでも新しい発見がある

柿炭のお酒は常時置いてあるものを除いては限定入荷。

次の日にはもうなくなっているってこともあります。

なので、出会うお酒も出会う人も、「一期一会」を楽しもうっていうモチベーションで。

その日にお店にあるお酒をお好みで3種飲み比べもできますよ。

秋岡さんはいろんな事業展開をされていて、酒粕のさまざまな活用方法や旬の日本酒の情報などなど・・・日本酒だけじゃなくて会話の中にも新しい発見がたくさん。

その時に出会える会話も楽しみの1つ。

圧倒的なコスパの良さ

気になる予算ですが、私はいつも平均2000円。

気軽に行けて、気軽に楽しめる。

それが柿炭の一番の魅力だと思います。

 

そんな柿炭について、もっと雰囲気を知りたいという方は私たちKŌJIYAのYouTube「KŌJIYAの西宮おいしいトコどりっ!!【#1 日本酒バル柿炭】」をぜひご覧ください^^

よかったらチャンネル登録よろしくお願いします!!

MEMO

※柿炭は動画撮影当時は「日本酒バル 柿炭」だったんですが、2018年より「日本酒屋 柿炭」として、日本酒や古代塩など物品の販売も加わった新しい形態での事業展開を始められました。

どんどん進化していく柿炭ワールドから、これからも目が離せませんね^^


【日本酒屋 柿炭のお店情報まとめ】

さて、私のことではありますが、柿炭好きがこうじて阪神西宮駅の周辺マップの広告に写真を載せていただきました。

 

拡大してみるとこんな感じ。

一番左が私です。

この当時とは営業時間、定休日が変わっているのですが、こんな貴重な機会をくださった秋岡店長に感謝。

これからも日本酒の魅力を西宮から世界へ、ガンガン発信していってほしいなと思います。

 

この記事をご覧のみなさんも、ワクワクするようなお酒体験と「一期一会」をぜひお楽しみください^^

【お店情報まとめ】

 

日本酒屋 柿炭

住所:兵庫県西宮市本町7-14

営業時間:18:00〜22:00
定休日:水曜日

日本酒屋 柿炭の公式サイトはこちら

 

最後まで読んでくださってありがとうございました!

こちらの記事もよく読まれています。

【西宮・臨港線】「ユアサ酒店」ってどんなお店?立ち飲みしてきました!

たこ焼き マン福 外観【阪神西宮】居酒屋利用もテイクアウトもOK!コスパ最強の「たこ焼き マン福」をご紹介します

では、今日はこのへんで。