【YouTube紙芝居】もちろん!!もちのすけ制作秘話 技術編

夫婦円満ユーチューバーKŌJIYA 嫁の じゃばみ(@jabamichan)です。

今日は、私たち夫婦ユーチューバーKŌJIYAが制作しているデジタル紙芝居「もちろん!!もちのすけ」をご紹介します。

関連リンク もちろん!!もちのすけ公式ホームページ

カレンダー


 

【もちろん!!もちのすけが生まれたきっかけ】

 

そもそもの始まりは、相方とのLINEのやりとり。

 

みなさん、ガッテン承知の助くんのことはよくご存知ですよね。

そのノリで、会話の中に「もちろん‼︎もちのすけ」を用いたのがきっかけです。

相方もなんとなくハマってくれて、事あるごとにもちのすけが会話に出てくるように。

 

すると、不思議なもんで頭の中で勝手にもちのすけ像がふくらんで、イラストにしてみると愛着までわいちゃう。

ここまできたら、作品にするしかない、というゆる~い感じでスタートしました。

とっても単純でしょ。笑

 

流れ的にはそんな感じなんですが、

声優が大好きな相方はよくアニメの台詞を真似したりして、それが(私的には)とても似ていたので、音楽を作ったり歌ったりすることと絵を描くことが好きな私と声優大好きな相方がタッグを組んで作品を作ったらすごく楽しいんじゃないかな、と。

 

さすがにアニメーションは素人では作れないので、紙芝居に行き着いたということです。

相方の、あの国民的アニメのあのキャラ風な声づかいも楽しんでいただきたい要素です。笑

 

 


 

【イラストを描くための道具の準備】

 

で、ここからは技術面の話になりますが、

まずもって一体何を使って絵を描こう?という問題。

 

紙ベースだと制作にすごく時間とコストがかかるし、何よりできた絵の管理が大変。

そういうわけでペンタブレット(Wacom intuos art 現在は旧モデルになっています)という新たな武器を購入。

ソフトはペンタブレットを買ったときに無料でついてくるシリアルナンバーでダウンロード。(Painter Essentialsというソフトを使用しています。)

 

 

最近やっと慣れてきたんですが、私は筆圧がとても高いのと、ペン先が滑ったりするので余計に力が入ってしまうためペン先の消耗がすごく激しい。。

 

力が入りすぎてるのか、まっすぐに線を引くのがとっても難しく感じます。。

 

そんな私にはありがたく、替え芯が本体部品パネルの内側に内蔵されています。

 

力を抜くこと意識すると、割とスムーズに思ったところに線が描けるんですが、これがなかなか難しいんです。

 

本当は設定で筆圧設定とか、ペンに付いているサイドボタンの設定なんかもできるので、人によってカスタムできるんですが、、私の設定がうまくいってないのか、筆圧が強すぎるのか・・・

カスタムより先に納期が迫ってくるのが今の私の課題みたい。苦笑

 

描画ソフトPainter Essentialsでは、筆や鉛筆、コンテといった画材の選択ができます。

慣れればいろんなことができるソフトだと思うのですが、まだ使いこなせておりません。。

アナログ人間は色の管理をノートに記入して対応する始末。汗

535559034.683049.jpg

まあ、アナログとデジタルを組み合わせて自分のやり方でやっていくしかないですね。。

 

さて、このPainter Essentialsというペイントソフトですが、レイヤーを重ねていけるので、キャラの動作や空の色だけ変えたりできるのが制作にとっても役立っています。

img_2011.jpg

筆圧で絵の具のつき方が変わるのも手書きならではのニュアンスが出て気に入っています。

↑「もちろん!!もちのすけ」第五話に登場する桜もちです。

 

米粒と陰影のレイヤーを分けているので、粒感を残しつつ陰を入れることができます。

こんな感じで食べ物の描写にはかなりこだわっています^^

 

参考までに「もちろん!!もちのすけ」第五話を貼り付けておきますね。

 

・・・と、ペンタブレットをこれまでは使用しておりましたが、新たに液晶タブレット(通称:液タブ)を新たに導入します!!

これに関しては、また慣れた頃に記事を書きたいと思います^^

 


 

【YouTube紙芝居の制作工程】

 

 

さて、YouTube紙芝居「もちろん!!もちのすけ」のイラストを描くってとこまで説明したんですが、改めて制作工程を書いてみますと

脚本(じゃばみ)→イラスト(じゃばみ)→声録音(2人)→編集(相方)→校正(2人)という感じ。

 

中でも編集というのはすごく時間のかかる作業。

編集には、ユーチューバー御用達のPowerDirectorというソフトを使用しています。

毎回4〜5枚ほどのイラストを準備するのですが、カメラワークや間の取り方、効果音等工夫をこらして最後まで飽きずに見てもらえるような努力をしています。

「この回むっちゃイラスト少ないな」と感じさせないのが相方のすごいとこです。

(暇があったらイラスト数を数えてみても面白いかもね。笑)

 

制作秘話と言いつつ技術的な話ばっかりになってしまいましたが、内容については下の関連記事をご覧ください♪

【YouTube紙芝居】もちろんもちのすけ制作秘話 ストーリー編

 

では、今日はこのへんで。