【レビュー】王子公園の隠れた名店!クレープの店ぷらっとむ

夫婦円満ユーチューバーKŌJIYAの嫁 じゃばみ(@jabamichan)です。

前回に引き続き、今回も王子公園のお店をご紹介します。

前回の記事はこちら 【レビュー】王子公園の絶品カレー屋さんマンドリルカレーデポ♪

 

この記事でご紹介するのは、王子公園の隠れた名店、クレープの店ぷらっとむです。

 

大学時代の思い出話とともに。

長い前置きになりますがお付き合いください。笑

 


 

【クレープの店ぷらっとむを知ったきっかけ】

 

今から十数年前、大学生だった私は阪神新在家駅近くの高架下にある焼き鳥屋「りんぐ」さんでアルバイトをしていたのですが、当時副店長だった方とそりが合わず(と言うか私がかなり歯向かっていた感じで^^;)

とうとう大げんかになり、見かねた店長が「お前王子公園の店舗の方に行け」とついに左遷されてしまいました。笑

それが王子公園にある「とりひげ」というお店だったんですが、仕事内容は同じとは言え今までと違う環境にとまどいもあり。

メニュー内容も若干違ってたし。

 

そんな中優しく声をかけてくれたのが、当時とりひげでアルバイトをしていた年上のお姉さん。

明るくてかわいくて、優しくて・・・楽しそうに働くお姉さんがとても素敵に見えました。

今までギスギスしていたあの職場は一体なんだったのかと思うくらい。

おかげで私は新しい環境にもすぐに慣れ、楽しんで仕事をすることができました。

 

 

王子公園育ちのそのお姉さんが

「頑固なおじちゃんが作ってるクレープめっちゃ美味しいねん」

と教えてくれたのが、今回紹介する「クレープの店 ぷらっとむ」さんです。

 


 

 

【クレープの店 ぷらっとむってこんなお店】

 

IMG_0465 のコピー 2

前を通り過ぎた時間にはまだシャッターが開いてなかったので気づかなかったんですが、前回紹介した「マンドリルカレーデポ」さんのお隣にあります。(阪急王子公園駅東出口出てすぐ

 

シャッターが開いた姿は13年前と変わりなく。
クレープの店ぷらっとむ 外観

そう、13年前は確かに頑固そうなおじちゃんがクレープ焼いていたんですよ。

私も人見知りなので事情はよう聞きませんでしたが(汗)お店を受け継いだであろう、がたいの良い、にこやかなお兄さんがクレープを焼いていました。

店内には親子がパイプいすに座ってクレープを待っているところでした。

中で食べることもできるようです。(4人座ったらぎゅうぎゅうになります)

 

メニューはこんな感じ。たくさん選べます。

クレープの店ぷらっとむ メニュー

 

私は前に食べたのと同じ、カスタードのクレープを注文しました。

クレープと言えば、大手チェーンのケーキやら生クリームやらフルーツが入ったみっちりしたやつが大好きだったのに、当時なぜカスタードというシンプルなクレープをチョイスしたのかよく覚えていません。(多分お金がなかったからだと。)

 

でも、美味しさに感動したから覚えているんだろうな。

わくわくしながら待っていると、お兄さんが「お待たせしましたー!」と元気よく声をかけてくれました。

その間に、お昼をテイクアウトした、お隣の「マンドリルカレーデポ」の店長さんがお出かけに行くのに遭遇。笑

「カレー美味しかったです!!」と思わず声をかけてしまいましたが、少し照れながらお礼を言ってくださいました。

 

 

さぁ、クレープの出来上がりはこんな感じです。シンプル。
クレープの店プラットム クレープ

生地はもちもちなのに軽い食べ心地で、あたたかく仕上げてあるのでカスタードのふんわり感が損なわれず、カスタードの甘みを引き立たせていました。

 

前に食べたカスタードクレープも同じようにあったかかったんです。

嬉しかったです。

 

相方は生クリームとカスタードのWクリームといちごのクレープを注文していましたが「俺これ3個食える」と感動しておりました。笑

甘すぎないクリームといちごの酸味で飽きのこない絶妙な味に仕上がっています。

 

 

懐かしい味が時を超えてまた食べられるって、ほんっと幸せなことです。

お兄さん、また行くのでこれからも末長く頑張ってくださいね。

 

クレープのお店ぷらっとむさん、是非このブログをご覧のみなさんも行ってみてくださいね。

 

【お店情報まとめ】

 

クレープの店ぷらっとむ

 

住所:神戸市灘区王子町1-3-15
電話番号:078-861-0111

では、今日はこのへんで。