【妊活日記】ばあちゃんと私

LINEで送る
Pocket

シンガーソングライター兼ユーチューバーのじゃばみ(@jabamichan)です。

今日も妊活日記をば。

前回の記事【妊活日記】思わせぶりな夢に書きましたが、ばあちゃんとの気になる会話について。

 

その前にばあちゃんのことを書きたいと思いますが

 

ばあちゃんは共働きの両親にかわって、炊事、洗濯、掃除など家のことは全部やってくれていました。

実家はど田舎で、お風呂は五右衛門風呂なので風呂焚きも。(木をくべて炊きます)

大学受験を控えていた頃、普段は父さんが経営していた塾に寄って勉強してから帰宅し、家族で食事をしていたのですが、毎週水曜日だけは高校からまっすぐ帰って、ばあちゃんと二人で晩ごはんを食べていました。

母とは反抗期で非常に関係が悪かったので、勉強がつらいとき、弱音を聞いてくれたのはいつもばあちゃんでした。

 

そんなばあちゃん、今はもう自分で歩けなくなり、病院でほぼ寝て過ごすだけの日々を送っています。

ここ数年は年1、2ペースで時折体調が悪くなって、もう死ぬかもって時が何回もあったので、私の覚悟はある程度できている感じ。

頭がさえてる時は私のことが誰だかわかるけど、そうじゃない時は、おば(母の妹)だったり、近所の友達の同級生だったりになる。

 

 

このお盆に帰省して、ばあちゃんに会いに病院に行ったときのこと。

 

寝てたところを起こして

「誰かわかる?」って聞いたら

「◯◯さんの同級生じゃね」って。

 

寝ぼけていたのかもしれない。

よくあることだから、もうショックとかにもならない。

 

適当に会話に相づちをして、その時を過ごす。

普段話相手のいないばあちゃん、たとえしゃべってる内容がめちゃくちゃでも、「うんうん」って聞いてあげることが私にできることの全てだからね。

 

「明日また来るね」

 

そう言って次に会いに行けたのは、結局その翌々日。

もう西宮に帰る日の朝でした。

 

その日は起きていたので、

「誰かわかる?」

と聞くと

 

「けいちゃん(私の本名だよw)じゃろ」

とすぐにわかってくれた。

 

 

「あんたまだ子供はおらんのかね」

 

「頑張っちょるけど、まだできんそよ」

 

そしたら割と強い口調で相方(旦那さんね)に向かって

「あんたが悪いんじゃろ」

ってばあちゃんが言った。

 

「なんでそんなこと言うんかね」

となだめた。

(相方には気にしないでほしいと後で伝えました。うちのばあちゃんは昔から身内びいきなのです)

 

ちょっとそれにもびっくりしたけど、その後の会話が気になった話。

 

 

「ばあちゃんのおっぱいには神様がおるんよ。

おっぱいの神様は天井の神様と一緒じゃけえ、願い事したらええ。」

 

「そうなん?じゃあ、お願いしとこうかな」

 

ばあちゃん曰く、天井の神様は、天井裏で毎日修行してるらしい。

トイレの神様とか台所の神様は聞いたことあるけど、天井の神様は初めて聞いたな。

 

「見してあげようか」っておっぱいを出そうとするので、「大事やから直しちょき」って焦ってやめさせた。笑

 

そんな不思議な会話。

 

 

天井の神様って面白そうやし信じたくなっちゃった。

 

だからなんとなく「子供ができますように」ってお願いしておいた。

 

ばあちゃんの世代にしては珍しいと思うけど、ばあちゃんは「子供がおったら大変じゃけえ、おらん方がええよ」

とも言ってた。

 

 

5月に会った時には「子供がおらんからあんたはきれいでええね」って言ってたもんな。

その時には「あんたには子供はまだ早い」って言われたから、少しだけ前に進めたのかも。

 

 

 

まるでばあちゃん自身が神様みたいに、そんな風に思えた時間でした。

 

 

病院を出てから、なぜだかわからんけど、ばあちゃん、もうあんまり長くないのかもって思っちゃった。

それは相方も感じていて。

 

 

家を出る前のことだけど、ご先祖さんには、ばあちゃんが苦しい時間が少しでも短くありますようにってお願いしていたので、生きている時間はなるべく痛みや苦しみがなければいいなと思う。

 

何回か死にかけてるし、以前病院出てから号泣してしまうほどの日もあったから、また会えてよかったと思う。

願わくばまた次に帰省する時にも会えたらいいな。

 

 

・・・ばあちゃんの話だか妊活日記だかわからない内容になってしまいましたが。。。

 

 

死んでいく命を見つめ、生まれてくる命を思う。

生まれてくることも、生きていることも、死んでいくことも神秘的なことだよね。

だからそもそも妊活なんて、本当、神の領域だと思います・・・。

 

そういうわけで、とりあえず天井の神様(おっぱいの神様かもしれん)に願掛けてみようと思った次第であります。←結局神頼みかいw

 

私の妊活はまだまだ続く。

 

 

では、今日はこのへんで。