【体験談】楽天モバイルのiPhone下取りサービスを利用!書類不備で返却→再チャレンジ

楽天モバイル 下取り 返却された

iPhoneを買い替えたので、これまで使っていたiPhone11を楽天モバイルで下取りに出してみました。

下取り査定にかかる日数はおよそ7日。

きれいな状態だったので、期待して待っていたんですが、まさかの返却。

本人確認書類の不備が原因ということで、つまづいたポイントをこの記事に書いておきます。

以下のような人におすすめの内容です。

  • 楽天モバイルでのiPhoneの下取りを検討している
  • 楽天ユーザー

※当サイトではアフィリエイト広告を利用して商品を紹介しています。

【入力で注意する点】

楽天モバイル 下取りサービス

面の案内に沿って入力するだけで申し込みができ、自宅で引き取りまで完了する楽天モバイルの下取りサービスですが…

入力は、本人確認書類とまったく同じ記載にする必要があります。

私の不備で思い当たったのが、住所の入力

住所を「XX町7丁目8-9」と仮定すると、いつもの癖で「XX町7-8-9」と入力してしまったんだと思います。

ところが、本人確認書類に使用した免許証の住所は「XX町7丁目8-9」となっている。

そこで、住所がちがうとはじかれてしまったのでは、と思いました。

今後このような申し込みをする時には、本人確認書類を確認しながら入力しようと思いました。


【15日後から再申し込みできる】

度不備で返却されたスマホでも、申し込み日の15日後には申し込みが可能になります。

今度は免許証を見ながら慎重に入力しました。


【査定結果に満足】

果は、無事査定が通って、満額の下取り価格となりました。嬉しい!

楽天モバイル 下取り 査定結果

この記事を書いている時点で4年前(2019年)に発売されたiPhone11(128GB)が17,100円だったので、査定価格としては満足です。

2017年発売のiPhoneX(256GB)を試しに入力してみると、満額で8,100円。

そのことから考えると、4〜5年くらいのスパンで下取りするのが、スマホの劣化具合と下取り価格のバランス的にいいのかな、と思います。

付与される楽天キャッシュは、楽天市場でのお買い物の他、楽天ペイで使えば街でも使えますし、楽天証券であれば取引にも利用できます。

楽天ユーザーであれば、スマホの下取りは楽天モバイルがおすすめだと思います。


【下取りに出す前の準備】

上のように、楽天モバイルの下取りサービスは、入力さえ気をつければ、ほんの数分で申し込みができ、自宅で手続きが完了するという便利なサービスです。

むしろ下取りに出す前のスマホの準備のほうが大変……ということで、さらっとおさらい。

  • データの移行(必要であれば)&削除をして、初期化しておく
  • SIMカードは取り出しておく(下取りには出さない)
  • ケースや保護フィルムは取り外しておく

楽天モバイルでは、付属品は必要ありません。(外箱もアダプタも不要)

私自身は、2回ともスマホをそのまま宅急便のスタッフの方にお渡しする形で、引き取りが完了しました。

念のため、クレジットカード情報や、位置検索情報などの登録が残らないように、チェックしておきましょう。


私自身は、楽天モバイルの「買い替え超トクプログラム」を利用して、iPhoneを買い替えました。

初期費用をおさえてiPhoneを購入したいという方におすすめです。

下取りサービスとあわせて、ぜひチェックしてみてくださいね。

楽天モバイル買い替え超トクプログラム(iPhone)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA