音楽配信始めました!各配信ストアで「じゃばみ」もしくは「jabami」をチェック♪

【妊活】妊娠したいから仕事辞めてきた。30代主婦が語る、よかったことと後悔したこと

夫婦円満ユーチューバーKŌJIYA じゃばみ(@jabamichan)です。

私はこの記事を書いている現在、結婚3年目。

相方は37歳、私は34歳です。

 

私自身は、5年ほど事務職で働いてきました。

私より後に結婚した友達はどんどんママになっていくのに、なんで妊娠できないんだろう。

そんなモヤモヤを抱えた毎日。

 

そんな中、職場の人間関係がこじれてしまい、仕事に行くのがストレスになってしまいました。

 

なかなか妊娠しないのは、ストレスのせいなんじゃないかな。

 

周りもそう言うし。

自分もそうなんじゃないかと思う。

 

そうして悩んだ末、私は専業主婦になる道を選びました。


【仕事を辞めたら妊娠できるか】

論から申し上げますが・・・

私は仕事を辞めてもうすぐ1年になりますが、ご覧の通り、妊娠できておりません。

 

妊活は結果論でしかありません。

 

もし仕事を辞めて妊娠できたら「あのとき仕事辞めてよかった」ってきっと思う。

実際に、そういう人の話も聞いたことがあります。

でも、仕事を辞めても妊娠できなかった人もいるのが現実で。

 

それとも、

仕事がイヤな理由を不妊にすりかえてはいませんか?

 

というのも、実際私がそうだったからです。


【仕事を辞めて後悔したこと】

お金に困る

事を辞めて一番後悔したのは、やっぱり「お金」。

化粧品や生理用品など、、いくら節約しても削れない出費もある。

診察料や治療代もバカにならない。

もしこの先ステップアップしたら、貯金を切り崩すことになる。

 

それで妊活ができなくなったら、なんのために仕事を辞めたかわからない。

妊娠できたとしても、その先の生活はどうしたらいいんだろう・・・。

 

予想はしてたことだけど、やっぱり後悔する自分がいる。

 

みじめな気持ちになった

親には「せっかく大学まで行かせたのに」と言われるし、子供産んでもちゃんとキャリアを積んでいく同級生の話を聞くとなんだか自分がみじめになる。

30代半ばで仕事を辞めたら、次に雇ってくれるとこはあるんだろうか。

 

もう少し頑張ればよかったんだろうか、自分が未熟だっただけなんじゃないだろうか・・・

そうやって自分を責めることも。


【仕事を辞めてよかったこと】

妊活のスケジュールを組みやすくなる

卵は思い通りには来ない。

卵胞の成長が遅くて、同じ周期に何度も病院に行くことになった時もある。

それでも、時間はあるから確実な日に病院に行ける

 

夫に当たることがなくなった

事に行ってた時は、家に帰ってもイヤな上司のことを考えて、毎日相方にグチを言ってました。

相方はだまって聞いてくれていましたが、きっとつまんなかったと思う。

「最近毎日ニコニコしているね」

私の顔を見て、相方も笑ってて。

お金も大切だけど、それ以上に大切なことはきっとある

 

自分を見つめ直す時間が持てた

月生理が来るたび「妊娠しないのは、仕事のせいだ」と思っていました。

誰かのせいにすることで、自分を守りたい気持ちがどこかにあったんだと思います。

そのせいで、職場に対してギスギスした感情がどこか出てしまっていたのかも。

 

今は生理が来ても誰のせいにもできない。

その分、食事や睡眠など自分をいたわるようになった。

それでも妊娠はしないけど「そういう自分も自分」と思えるようになったのは、仕事を離れて心に余裕ができたからだと思います。

私にとっては、自分を見つめ直すいい機会だったんです。

 

そうして自分を客観視できるようになったら、上に書いたような、後悔の気持ちは持たなくなりました。

そういうわけで、自分自身は仕事をやめてよかったと今は思っています。


【もしお金の心配がなかったら、今の仕事続けますか?】

の質問にすぐに答えられない人は、今の仕事に自分の「好き」な要素があると思うんです。

だから、やめるのはもったいない。

もし、人間関係で悩んでいるのであれば、下の2冊を読んでから考えても遅くないです。

自己啓発で有名なアドラーの教えを物語形式で読み進めることができる。

これを読めば、いかに他人を気にしすぎているかがわかると思います。

 

世界的大ベストセラーです。

「相手の同意を得る方法」「相手の考えを変える方法」など人間関係の原則といったカーネギーの教えを学ぶことができます。

人を動かす前に、自分のあり方はどうだろう?と考えさせられる本です。

 

 

次に、上の質問に即答で「お金の心配がなかったら仕事をやめる!」と答えた人には、こちらの記事をおすすめします。

【妊活日記】妊活中のバイト・仕事探しは意外と苦労するかも。

 

この記事を読んでくださってありがとうございました!

では、今日はこのへんで。